過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

思い出はダブルデッカーに乗って (2/3)

boston41-blog.jpg

陽だまり (1972年頃)
Christian Science Mother Church, Boston


クララと僕との交際は、最初からお目付け役のマリアの公認という形で始まった。
僕らはあっというまに仲良しになった。 道を挟んで向かい合ったアパートに住んでいるから、お互いにしょちゅう行き来するようになった。 夜のレストランで働いていた僕は昼間は何もすることがなく朝も遅かったが、そんな僕の部屋へ毎朝クララはそっと入ってくると、まだベッドの中でぐずぐずしている僕の眼の前で無言でクルクルと着ているものを脱ぎ捨てて全裸になって、その薄い褐色の身体を僕の横へ滑りこませてきた。

クララと一緒にいるととにかく楽しくて、鬱々とした毎日を送っていた僕の日常が見違えるように明るくなった。 見ているだけでたまらなく可愛いと思い、この子が喜ぶことならなんでもしてやろうという気にさせられた。
しかし彼女に対する僕の愛情は恋と呼ぶようなものではなかったようだ。 歳を経てからの恋は年齢の差がまったく左右しない、ということはずっと後になって学んだことで、30代の僕にとって12歳の年齢の開きは大きかったに違いない。 ところがクララの方ではそうではなかったようで、姉のマリアが 「あの子はあなたに夢中よ」 と云っていた。

マリアのボーイフレンドというのは不動産屋を経営する初老の男で、マリアにとっては恋人というより小金を持つ 「シュガーダディー」 だったのは明らかだった。 シュガーダディーは巨大なキャデラックのコンバーチブルを運転していて、それに乗せられて僕ら4人は隣州のニューハンプシャーの紅葉を見に行ったり、有名なピア・フォーの豪勢なディナーに連れて行かれたりした。 車の中でクララと僕は、幌を開けたキャデラックの一畳もあるような後部座席に陣取っていたが、どんな時でもクララはいつも僕の手を握ったり身体に触れたがり、姉の眼を盗んでは僕の唇にキスをした。



そんなクララと僕との付き合いが長続きしなかったのは、幾つかの理由が重なったようだ。
クララと知り合った頃、僕はまだ妻が出て行ったあとのアパートに住んでいたが、僕一人には大き過ぎて贅沢だったので、リースの契約が切れる時にずっと離れた場所の小さなロフトへ越してしまったこと。 それとクララが英語の学校へ通い始めると、彼女の周りには同年代の友達が次々にできて、僕と会う機会がしだいに少なくなっていったこと。 
しかし一番大きな理由は、僕らの変則的なセックスだったのではないかと思う。

(続)




ブログランキング
 にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

せつないなぁ。
若い頃に年齢差があると、お互いに流れる時間の速さが違いますね。
止める事もできずに、微妙にずれて行ってしまうのでしょうか。
それとも最後の一行にある行為が大きな問題だったのでしょうか。

「続きを楽しみにしています」なんて書いてしまって良かったのかと、自問してます。
2014/02/04 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

クララと言えば「アルプスの少女ハイジ」だったのですが・・・・・今日からこちらのクララに変わりました!

立春なのに、雪が降っています。
昨夜はピーナツで豆撒きしました。
2014/02/04 [いらくさURL #- 

*

思い出はドゥカティに乗って

そんな青春送ってみたかったなあ。
くそう。
2014/02/04 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

川越さん、

忘却の彼方へ流れ去っていた記憶が一枚の写真で蘇るということは
誰しも経験があると思います。
それなのにかんじんのクララの写真が一枚も見つからないのはなぜなのか?
かなりの数を撮ったはずなのに。
どこかに紛れ込んでいてそのうち出てくるかもしれません。
2014/02/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

いらくささん、

あっ、そうでした!
昨日の3日は節分でした。まったく忘れていました。

福は内福島の福照れ笑い (いらくさ)
鬼は内外には出れぬ寒さかな (September)

もちろん自分のことです。(笑)

2014/02/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micio さん、

micioさんのプリンスは白馬じゃなくてドゥカティにまたがって現れるのですね。
私はモーガン(オートバイじゃないけど)に乗って迎えに行くつもりでした。(笑)
2014/02/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

September氏だったら大八車でもいいです。
2014/02/05 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

micio さん、

ああ、今の私の筋肉なら大八車はちょっと無理だなあ。
せめてリヤカーなら....
2014/02/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/697-c2f05362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)