過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

二月のクイズ

T130331-30-blog.jpg

ある祝祭日の午後


これは昨年のある祝祭日に、一族が集まった午後のパーティでの風景なんだけど
さて、これは何の祝祭日だろう?



正解の中から抽選で1名を選んで、僕のブログ上のどれでもお好きな写真を差しあげます。 
締め切りは今日から1週間。
答えは非公開コメントにして下さい




ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/22 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/22 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/22 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/22 []  # 

*

今月はクイズが無いのかと心配していました。体調悪いのかなあ、なんて。
2014/02/23 [yspringmind] URL #- 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* Re: No title

yspringmind さん、

心配をかけましたがこんな私でも実はけっこうバタバタと忙しかったのです。
体調はいたって好調ですよ。
コメントへの私の返事がない時は何かあったのだ、
と思ってもらってもいいかな。
2014/02/23 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 春を告げるもの

わぁ~キレイな写真!
鮮やかなカーマイン色からパーッと香り立つような明るい春の気分が届きました。

このテーブルコーディネートをされた方、素敵なセンスをしてらっしゃいますね。
うさぎさんの花瓶といいチューリップを活けた食器といい、とてもあたたかくって、
御一族の季節のパーティーを大事にされているお気持ちが、よく伝わってきます。

というわけで、今回はずいぶんやさしいクイズにされたんですネ。
もしかして September さんの季節は一足さきに代わっていて、わたしたちにもGIFT、
くださった?(笑)

2014/02/23 [belrosa] URL #eJbgdmWg [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/23 []  # 

* Re: 春を告げるもの

belrosa さん、

これはGreen Eyesの妹のKittyの家なんです。
そして彼女の職業は、ご推測通りインテリア デザイナー。
古い教会がコンドミニアムに改造されたもので、小さいけどなかなか洒落た家です。

こちらは今朝からみぞれのような雪が降って、暗い日曜日となりました。
この写真のような光と色をたまらなく恋しく感じるこの頃です。
2014/02/23 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/24 []  # 

* 暗い日曜日

Septemberさん、

西のDaytonにならい、東のColumbusもちょっと降ってきました。「暗い日曜日」というと、高校生のころ、NHK FMでダミアのフランス語版を初めて聞いてちょっと怖かったことを思い出します。

ついでに、NHK FMというと、一昨年秋、日本にいて、なぎら健壱の「悲惨な戦い」って70年代のコミック曲がフルで流れたのをきいてびっくりしたことがあります。相撲協会との関係があるので、NHKは絶対に流さないと聞いていましたから。戦略上わざとまわしを緩く締める力士もいて、チン事はたまに起こるそうで、もうみんな慣れちゃったのかな。
2014/02/24 [November 17] URL #WV4V227M [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/24 []  # 

* Re: 暗い日曜日

November さん、

珍しく短いコメントをもらったのですが
最初から最後まで、名前も番組も事件も
私には何のことがまったくわからなくて、唖然としました。
「ああ、俺はもう日本人じゃないんだなあ」
とますます暗い日曜日になってしまいました。

ありがとう。
2014/02/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/25 []  # 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/25 []  # 

* Re Re: 暗い日曜日

Septemberさん、

僕のコメントが長くなるのは、欲求不満のせいだと逆コメいただいたことがあります。そしたら、先日の短いコメントは久しぶりに欲求が満たされた翌朝にでも書いたのかしらん。

仕事が落ち着いたら電話やメールから解放される日本の温泉に行きたいとかカミさんにぼやいていて、ふと、どなただったか(男性)、長野か岐阜の温泉に行って、眼鏡をはずしていたせいか湯煙のせいかで女湯の戸をタダーっ開けて湯船に飛び込んでしまった話しを思い出し、その珍事が大相撲の珍事の歌を思い出させたのでしょう。

コメントで触れたダミアの歌う「暗い日曜日」となぎら健壱の「悲惨な戦い」をYouTubeで見つけてリンク先を貼り付けるってのが、親切な読者のサービス精神と思いますが、やり方忘れちゃって失礼しますた。
2014/02/25 [November 17] URL #WV4V227M [編集] 

* Re: Re Re: 暗い日曜日

November さん、

岐阜の温泉で眼鏡無しで間違えて女湯の戸をを開けて入った、というのは他でもない私の話ですが、
ただ湯船に飛び込んだというのはどこかで話が誇張されてしまったようです。
真相は
誰もいない女湯の脱衣所で服を脱いで、ダビデのような美しい裸体をさらしていたら
二人の女性が外から入って来て、「あんた、ここ女湯ですよ] と呆れ顔で言った。
と、ただそれだけの話しでした。
2014/02/26 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: Re: Re Re: 暗い日曜日

あっ、あれは、やはりSeptemberさんでしたか。人からのまた聞きで、10年以上も昔のことだと、詳細が間違ってしまいますね、失礼をば。

じゃあ、フランスで女子トイレに入ってしまったってのは、どなたでしたっけ?「Mesdames」は、ローマ字風に読むと「メス、だめっす」みたいだからてっきり男子トイレと勘違いしたとかで。ホントかなあ。

日本の温泉宿とかで、女湯と男湯が一日おきに入れ替わるところがありますよね。うちのカミさんも、前夜と同じと思いこんで、朝風呂にでかけ男湯に入ってしまったそうです。
2014/02/26 [November 17] URL #WV4V227M [編集] 

* Re: Re: Re: Re Re: 暗い日曜日

November さん、

フランスのトイレの話は初めて聞きました。
パリなどでは古いカフェやレストランへ行くと結構大きな店なのに
トイレは男女兼用というところが少なくありません。
しかも一様にもの凄く狭い。

トイレで忘れられないのは
まだ私が東京で学生をやっていた頃
仕事で東京に出てきた父が泊まったのが目黒の雅叙園で
昭和の初めに建てられたそのままの建築だったのですが、(現在は改造されたみたい)
父の部屋に付いていたトイレにびっくり。
私が住んでいた3畳間のアパートの倍くらいの広さがあり
壁も床も大理石で、そのど真ん中に便器がポツンと置いてありました。
もちろんバスや風呂などはありません。
雅叙園といえば昭和の初めから文人や軍の高官、政治家、などが常用したそうですが
さすがだなあ、こんなトイレでで用を足しながら日本の行く末を案じたり、傑作を生み出す構想を練ったのだ
と感心しました。
2014/02/26 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

すみません。SeptemberさんとNovemberさんのやりとりについ声を出して笑ってしまいました。それにしてもSeptemberさんはつくずくいろいろな体験をされているのだなぁと、羨ましく思います。
2014/02/27 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: No title

川越さん、

いろいろな体験をしたということは、単純にそれだけ長く生きてきた、
というだけで別に自慢になることじゃありません。
私は私で川越さんを羨ましいと思っているのですが.....
2014/03/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/705-20c278ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)