過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ああついにボケてきたか?

T13florida44-blognew.jpg

Better with Age
Apopka, Florida USA



最近自分の中でボケがどんどん進んで行っているような気がしている。

ブログを持っていることさえすっかり忘れてしまっていた。
というのは冗談で、これは忙しすぎて時間がないという立派な理由がある。 書く時間が無いというより、ブログのことを考える余裕が無いと言うべきかもしれない。 若い頃なら一つのことからパッとスイッチを他のことに切り替えることができて、同時に幾つもの仕事ができたような気がする。それができなくなったというのはやはり年齢のせいなのだろうが、これは必ずしも悪いことではないんじゃないか、と思っている。 少なくとも僕にとっては。
もともと僕は一つのことに腰を落ち着けてじっくりと取り組むというタイプではなくて、何でもパッパッと手際よく片付けてしまう方だったから、それに掛ける時間は誰よりも速い代わりにどこか仕事が雑で、あちこち細部が抜け落ちた部分があったようだ。 だから、現在のように一つのことに掛かりきりになれるのはむしろ良いことだ、と自分で自分を慰めているようなところもある。

それにしても、ボケが進んでいるという紛れも無い事実は、物忘れが多くなったという形で現れてきた。
マーケットへ買い物へ行っても、買う品目を前もってメモにしておかないと必ず幾つかを買い忘れるとか、昨日見たばかりの映画のタイトルが思い出せないとか、去年買った同じ本をまたアマゾンに注文してしまったとか、クリスマスに人から頂いた素敵なセーターのことを完全に忘れてしまって、気がついたら冬はもう終わっているとか、さっき辞書で調べたばかりの英語のスペルが10分後にはもうわからないとか、酷い時には何かを取りに階下に降りた途端に何を取りに来たのかを忘れてしまっていることもある。 もっともこの最後の場合はただ忘れたというより、何か他のことが頭にぎゅうぎゅう詰まっている時に自分の行動を意識していないところから起るようだった。


Better with age......

モルトウィスキーやワインや、この写真のようなアンティークの家具なら年月を経れば経るほど円熟して値打ちが出てくるのだろうけど、人の場合は、歳を取っている方が若い時より良いなんてことがあるのだろうかと思う。 最近は昔より落ち着いてきたとか、他人の哀しみがわかるようになったとか、角(カド)がとれてきたとか、若い時より金があるから生活に余裕が出てきたとか、まあ無理に探せば無くはないとは思うけど、もし神様がある日、それと引き換えに若さをやろうか、と言ってくれたら、僕は喜んで全部ひっくるめて二束三文で若さと交換してしまいたい。 車もカメラも家も全部おまけとして付けます。 よければ女房も犬もいっしょに引き取ってください。 と言えば神様はあのキラキラと輝かしい若さを僕にくれるだろうか?

そう言えば、三年ほど前にこんなことをブログに書いていた。
もし同じテーマで今書いたとしたら、この3倍の長さのリストになっているのは間違いないなあ。

歳をとったのかなあ




ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

あまりに更新が無いので、ちょっと心配しておりました。
大笑い!
特に女房と犬も、、、!

私は少し若いですけど、上に挙げた事、皆思い当たります!
元々ボーッと生きてるからかもしれませんが。
でも、年齢と共に少し増えてる気はします。
頭の回転の良いSeptemberさんなので特に感じるのでしょう。
私はどうかなあ!
もう一度やり直すのもちょっとめんどくさい!
結局ここにたどり着きそうな気もするし。
2014/04/11 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

私なんて、忘れたいのに思い出せないんですよ。

嗚呼、気持ちが悪い。
2014/04/11 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

たまさん、

もう一度やり直すのはちょっとめんどくさい、のはたしかにそうですね。
でも
結局ここにたどり着きそう、というのは絶対無いです。
近道をしても回り道をしても辿り着くのが同じだなんてありえません。
人生は双六じゃないんですよ。
2014/04/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micio さん、

「忘れたいのに思い出せない」

私が生まれてから読んだ日本語の中で
もっとも短くてもっとも含蓄がありもっとも哲学的でもっとも難解な文章でした。
1時間も見つめていたでしょうか。
わかりませんでした。(笑)
2014/04/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

人生が双六じゃないのはわかります。
ゴールが約束されてはいないのも。

二度人生を生きられないのだから、って言ったら元も子もない?
今ここにいる事に感謝したいと思います。
2014/04/12 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: No title

たまさん、

実は私はようやく最近になって、読者のコメントの行間から、というより字間から滲み出る
匂いのようなものを嗅ぎとる術を会得してしまいました。
書かれている内容とは別に、たとえ短いコメントでも
その後ろに動いている心のようなものがなんとなくわかるのですね。

怖いでしょう? (笑)

それでいくと
たまさんはとても幸せな生活を暮らしている人だなあ、と思いました。
もちろん生きていれば嫌なことや気分が沈むことはあるでしょうけど
それは樹でいえば枝葉末節なことで、かんじんの幹の部分では
たまさんは幸せな生き方をしている人だ、と思いました。

2014/04/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

"忘れたいのに、思い出せない”
久々に大喜び、理系(文系のセンスに欠ける)の私にも日本語の
素晴らしさを再認識させてくれました。
何が何でもお会いしたくなりました考えておいて下さい。
2014/04/12 [H.NISHIDA] URL #iOX.yJ.Q [編集] 

*

忘れたいのに思い出せない
わたしの解釈は
恥ずかしい思い、嫌な思い、そういうことをSeptember 30さんよりは少し短い、
まあまあ長い人生を過ごしていっぱい抱えている
で、忘れたつもりがある日、何かの拍子に、そういえばと思い出すわけです
ずっと忘れたつもりだったのに・・・
何を忘れたかったのか思い出せない
でも忘れないでどこかにひっかかっているのです
多分、一生忘れないで時々こうして思い出すのでしょうね

最近びっくりしたのは、もうウン十年も前のことで私は全く記憶がないのに
友人が私の発言を覚えていて、私はそんな酷い事を言ったのかと唖然とし
しばらく非常な自己嫌悪を覚えてのです

ところが何を言ったのか直後にもう忘れて、今は思い出せない
これは、思い出せないのに忘れたらいけないことです
2014/04/12 [のほほん] URL #- 

*

怖いです。笑!

ありがとう!

Septemberさんの幸せを願っております。
2014/04/13 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

こんにちは。
桜が咲いたのでお知らせします。
震災の前から私の詩は十分暗かった・・・・・ようで。
http://paper.li/HaikuCurrent2/1321411472 
近くの土手の桜です。
勝手にMyさくらと呼んでいます。
車で通りすぎる人が大半で、歩いている人は少なく
さらに立ち止って桜を眺めているのは私ぐらいしかいません(苦笑)

そちらには土筆とか芽を出すのでしょうか?
桜から少し離れた土手の一部100メートルほどを
町内会が花壇にして、長いこと様々な草花を育てていましたが。
311以後土手は自然に戻すことになり
今では年に数回役所が草刈をするだけに。

そうすると俄然、土筆や仏の座や踊子草が目立ち始めて
寂しいけれど、まあいいかと。
枝垂桜はもう少し後から咲きます、八重桜はさらに後です。
あまり興味が無いかも知れない花の便り
また差し上げますね、では。
2014/04/13 [いらくさURL #- 

* Re: No title

H.NISHIDA さん、

"忘れたいのに、思い出せない”

何と深い言葉でしょう!

こんな短い言葉なのに、考えれば考えるほどわからなくなって
最後には、もう死んでしまいたいとまで思いました。

2014/04/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

のほほんさん、

我々凡人なら大抵の場合、下のどれかになっていまうのではないでしょうか。

① 忘れていたのに思い出した。
② 忘れたいのに忘れられない。
③ 忘れてはいけないのに忘れてしまった。
④ 思い出したら忘れてしまった。
⑤ 思い出したいのに忘れてしまった。
⑥ 忘れたいのに思い出してしまった。

忘れたいのに思い出したら思い出せない時の事を思い出して忘れたら忘れたでいいやと思ったらまた思い出したので忘れることにしたらそれでも忘れられなくてまた思い出して忘れたら忘れたで思い出したら思い出したでそれで構わないと思っているうちにもう忘れてしまって、そのうち私は歳をとって死んでしまった。

今月のクイズ
上の文章を英訳しください。
2014/04/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

たまさん、

どうです、当たりでしょう?
あなたがこのブログに来はじめの頃は不幸の匂いがぷんぷんしていたのに
数年経ってすっかり落ち着きましたね。
大昔にこんな言葉が日本で流行りませんでした?
『何が彼女をそうさせたか?』
2014/04/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

いらくささん、こんにちは。

日本のサイトで桜情報の分布図を見ていたら
北と南であんなに違うんですね。
桜と一緒に南からゆっくりと旅をして北上したら
満開の桜とずいぶん長い期間いっしょにいれるなあ、なんて
他愛のないことを考えていました。

土筆はもう何十年も見ていません。
東京で見た記憶もありません。
覚えているのは
子供の頃に母に連れられて野原へ土筆を取りに行ったことです。

あ、頂いたリンクはなぜかつながりませんでした。
2014/04/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/712-cb7442f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)