過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

深夜に銃声が聞こえる

T140207-05-blog.jpg

冬の鹿
Oakwood, Ohio, USA


そうだ、鹿の写真を撮ったことを忘れていた。
あれは3週間前の夜中の2時頃だったろうか。机に向かって仕事をする僕の足元に寝そべっていたパイ公がやおら頭を持ち上げて、両耳をピンと立てた。家の外に何かの気配を感じたのだ。これはつい3週間前のことなのに、僕の仕事部屋の裏窓から見下ろす風景はまだ冬だった。表面が薄く凍った雪に街灯の光が反射して、散りばめられた宝石のようにキラキラと光る中を、母子連れの2頭の鹿がゆっくりと歩いている。餌を探しているのだ。仔鹿は母親が食べ物を見つけるうしろでじっと辛抱強く待っている。

窓際に立てた三脚にすでにカメラがセットされているので、すぐに写真を撮った。
ずっと前、あれは1月頃のこと。何気なくこの窓際に立った時に3頭の幼い仔鹿と両親の5頭の家族がそこにいるのを見て、あわててカメラを取りに行って帰ってきたら、鹿たちはもういなかった。それに凝りて以来、三脚に取り付けたカメラを冬の間中窓際に設置していたのに、これまで1度もチャンスに恵まれなかった。

昼間なら玄関前の雪の上に餌を撒いてあったのに、この時間ではその餌はすでに小鳥やリスに食べられてしまっているに違いなかった。一瞬、もう一度外に出て餌をやろうという衝動に駆られたけど、それまでには彼等はもうそこにはいない、ということを僕は經驗から知っていた。
急に降りだした雪のあと、今夜は近くの森から多数の鹿たちが餌を求めて人里に出て来ているに違いない。と思っていると、遠くで銃声が1発鳴るのが聞こえた。誰かが鹿を撃ったのではないことを祈りながら、僕は机へ戻った。



ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* そうか

鹿も銃で撃たれるかもしれない運命もあるんですね。親子づれだとか、一瞬にして切れてしまう命だとか。
なんだか考えるだけで切ないです。

自分で命を落とす人間っていう生き物も世の中にはいるのに。
2014/04/27 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

*

写真で一瞬「花札の鹿!」と思いました。
花札なんか別に縁がないんですけどね。
この鹿は横を向いていないから「シカト」してはいないですね。
ちゃんとご飯をもらいに来ますように。

2014/04/27 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: そうか

inei-reisan さん、

一般市民の銃砲器の所有可否は
常に共和党と民主党が大論争する主題の一つですが
「個人の権利」を尊重しすぎるアメリカでは、まあ解決することは無いでしょう。

それに鹿を殺すことは私の住む地域でも違法ではないのです。
2014/04/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

あはは、昔の私の記事「鹿と紅葉」を覚えていましたね。
そういえばムーさんには
博打場で立膝をして花札を打つ姐御の雰囲気が大いにありです。
「猪鹿蝶(イノシカチョウ)の姐御」とでも呼びましょうか?
2014/04/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

我が家のお隣さんなんですが、アップ・ステイツにある彼らのカントリーハウスで、
ペットの犬を、鹿と間違えたハンターに撃たれて殺されてしまったのです。
一匹殺された後、もう一匹飼ったのですが、その犬もハンターに射殺されてしまい。。。
というエピソードを思いだしていました。
鹿は可愛いけれど、ライム病をもっているダニがついていることが多いので、
NY近辺やコネチカットでは、みんな近寄るのをこわがります。
でも、本当に美しい動物だと思います。
特にこういう親子は、バンビを連想してしまうので、殺されるのがかわいそう。

2014/04/28 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、

可哀想な事故が1度ならず2度も起るなんて
飼い主の方の気持ちを思って唖然としました。
うちの近所ではそういう話は聞いたことがありませんが
ニューヨーク州では犠牲者のほうで何か法的な措置を取ることが可能なのだろうか
なんて考えてしまいました。
2014/04/28 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

どうなのでしょうね。
狩猟中に友人を誤射したチェイニー元副大統領よりは、罪が軽くなるような気がしますが。
(チェイニーは、友人から訴訟を起こされたわけではないようですね。)

大の犬好きの私としては、そんな法律があったらいいな、と強く思います。

犬が鹿と間違えられて殺される話は、けっこうよく耳にするのですよ。
もっとも、みなさん別荘をお持ちで、我が家とはぜんぜん違う生活スタイル(笑)
お友達の別荘に呼ばれていくと、その家のおとうさんは大抵銃を持っていて、うちの子供も
撃たせてもらったそうです。
銃規制賛成の私としては、複雑な気持ちです。
2014/04/30 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: No title

けろっぴさん、

ここ中西部でも一世代前の人達は銃を所有する家庭が多いようですよ。
亡くなった義父もライフルと拳銃を持っていたのを思い出しました。
なにしろつい最近までは西部劇の国でしたからね。(笑)

そういえば私も
以前親しくしていた日系企業の社長さんが急に日本に転勤になった時に
家具や家庭用品などをまとめて買ってあげたことがありました。
その中に拳銃とライフルが一丁ずつあってびっくりしました。
私が銃に触れたのはそれが初めてです。
子供達がまだ小さい頃だったのでクロセットの棚の奥深く隠していましたが、
どうも爆弾を抱えているようで気が落ち着かず
知り合いを通して処分したことがありました。
2014/04/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/717-a6f6342e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)