過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

植物園にて

T14pitts-117-blog2.jpg

フィップス植物園
Phipps Conservatory and Botanical Gardens, Pittsburgh, Pennsylvania, USA

久しぶりにピッツバーグへやって来た。
車で5時間の距離である。 娘のマヤが住むこの町へはもう10回以上訪れていて、以前はアウディのS4で4時間で来たものが、今回はホンダのSRVでオタオタと走っていたら5時間かかってしまった。 途中で通過するオハイオ州もウェストバージニア州もペンシルバニア州でも、いつの間にかハイウェイの制限速度が65マイルから70マイルのに変わっていた。 アウディなら3時間で走破したに違いなかった。

ところで、ピッツバーグに来るたびに必ず訪れるのがこの植物園だった。
フィップス植物園は1893年に建てられた巨大なガラスの館である。 それにさらに幾つかのグリーンハウスが付随している。 植物園といっても戸外には小さな日本庭園などが申し訳程度にあるだけで、あまり見るべきものはない。目を奪うすばらしい展示はすべて屋内のガラスの中に収められているから、ここが Botanical Garden (植物園) ではなくて Conservatory (温室) と普段は呼ばれるのはそのせいだった。




T14pitts-159-blog.jpg

水の反映

LEED (エネルギーと環境デザインの先導団体) と呼ばれる、グリーン化を促進する世界的な運動がある。 その団体から最高とされるプラチナ賞の認定を受けているのは、世界中の植物園ではフィップスが最初でしかも現在のところ唯一なのだそうだ。 館内の電気はすべて太陽熱で補充されるだけではなく、温室のガラスは日光の入射をコンピューターで自動的に調節するようにできている。
ガラスとスチールの幾何学的なデザインとその中に息づく植物群との対比が不思議な美しさを見せていた。




T14pitts-164-blog2.jpg

室内庭園

フィップスはその建物全体がビクトリア朝の温室を模したとされているが、この屋内庭園もその典型だった。 蘭の香りにむせそうになりながら、ひっそりと横たわるこの庭園に立つと時の流れが止まってしまう。




T14pitts-169-blog.jpg

サボテン

このグリーンハウスへ入ると、ムッと室温がさらに高いのを肌に感じる。
ここでバスケットボールよりも大きな丸いサボテンを見た。 Golden Barrel Cactus と名の付いたこのメキシコ産のサボテンは、日本では金鯱(キンシャチ)と呼ばれるそうだ。 縞模様の葉が丸い球にしなだれかかる風情に、僕はなぜか古い日本画を思い出していた。




T14pitts-144-blog2.jpg

蝶の部屋

部屋中に蝶が舞っている。 そして手の届くような近くで草花にとまる。
子供の頃に、蝶の採集で夏休みを過ごした僕には、この蝶など馴染みが深くて懐かしかったが、どうしても名前が思い出せなかった。 英名を Zebra Longwing というこの蝶。
信州にお住まいの蝶の撮影家、ふみえさん。
どうぞこの蝶の名を教えて下さいな。




T14pitts-150-blog.jpg

チフーリの花

フィップスの歴史の中でも画期的なものの一つが、ここで2007年に催されたチフーリのガラス工芸の展示だった。 これは文字通り世界的な評判となったらしかった。 展示会のあとで、チフーリの作品の幾つかがそのままパーマネントコレクションとしてここに残されていて、これもその一つである。
実はあの時、僕は偶然にピッツバーグに来ていて、幸運にもこの催しを見ていた。 その記事は以前 『無限の世界へ』 で書いているが、あの写真はぜひぜひ見て欲しいと思う。





ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* チフーリ

September さん、こんにちは。
チフーリの色の世界! とても感激します。『夢幻の世界へ』のトップの
作品はあまりにも印象が激しく、知らなかったチフーリの名前が頭に刻み
込まれました。
箱根のガラスの森美術館に行った時、展示されているそれがチフーリの
作品と知り、写真に収めてきて、私も 2012.02.16 のブログに載せまし
た。
ガラス好きの私には大変に感動的で楽しいことでした。
2014/06/30 [ペッシェクルードURL #- 

* Re: チフーリ

ぺさん、こんにちは。

箱根ガラスの森は次回の帰国でぜひ訪れて見たいものです。
(ご一緒してください)

そのガラスの森でぺさんの撮った写真の中の
水上の白い大きなガラス彫刻。
説明を読むと同じものがムラノのガラス美術館にもあるそうですが
私はムラノでそれを見た記憶が無いのです。
あそこへは違う年に2度行ったというのに・・・
2014/06/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

Septemberさん、お久しぶり。


ところで、gentlemanのSeptemberさんにしては、個人名を出すのはルール違反では!?(笑)


さて、本題のzebra longwingですが、同じものは日本にはいないと思います。
日本の同じような種ですと、多分ミスジチョウの仲間ですね。
翅は、長細くはなく、もっと丸みを帯びています。

例えば、ミスジチョウ neptis philyra ↓
ja.wikipedia.org/wiki/ミスジチョウ


今こちらのフィールドでは、オオミスジチョウが舞っていますよ。
そして勿論、大好きなゼフィルスたちも。
信州は、蝶シーズン真っただ中です。

2014/06/30 [fumie] URL #LGP0CJfA [編集] 

* Re: No title

fumie さん、

早速の回答、ありがとう。
そういえば
子供の頃さんざん見たあの蝶は翅がこんなに細長くはなかったですね。
そうか、日本では絶対に見られない蝶類がこのグリーンハウスにいっぱい飛んでいるとしたら
fumieさんをここに立たせて見たかったなあ。

乱舞する蝶に囲まれながら私が思っていたのは
今頃は信州の野山で蝶を追っているだろうあなたのことでした。
2014/06/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/737-1f8c0df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)