過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

大家族とその弊害

T140119-51-blognew.jpg

マーサの誕生日 2014
Dayton, Ohio, USA


まあいい加減,、嫌になってきている。
というのは女房の家族のこと。
母親のマーサが健康な時にはほとんど問題が無かったように見えたのが、彼女が軽い脳卒中で入院をして、この先そのまま老人ホームへ入るか、自宅で誰かが世話を見るかという問題が出てきて以来、8人の子供たちの間に長いあいだに潜んでいたお互いの確執や鬱憤(うっぷん)が一挙に浮上してきたような感があった。
母親を愛するという点では全員がしっかりとした共通の基盤に立っていながら、それ以外の事になると、ことある毎に意見が対立してしまい収拾がつかなくなっている。これが日本式の小家族で子供が二、三人しかいなくて、その中にしっかり音頭を取る者が一人いればもっとずっと簡単に解決することが、なにしろ8人もいる子供たちがそれぞれ強い自己を通そうとするから、船頭多くして船山に登る、というやつで家族会議を何度やっても意見がまとまらないようだ。
相談する医師や老人ホームの選択から、義母の自宅の売却処分に至るまで全員の意見が一致しないままに毎日が過ぎていく。

この家族では母親に関して Power of Attorney、つまり法的に代理人として指名されているのは長男らしい。ところがこの長男の上に姉が3人いて、長男は昔からこの3人の姉には頭が上がらない。そしてこの次女(僕の妻)と三女とは双子のように仲が良かったが、その二人と長女とが若い頃から性格的に合わず衝突する事が多かった。そんなところにも問題が解決しない理由があるように思われる。
8人の子供たちの間で毎日何十という膨大な数の携帯電話のテキストが飛び交うのを、われわれ外様(とざま)の配偶者連中は黙って見ているだけだが、だからといって関係が無いと安心する訳にはいかない。経済的負担を分担することになったり、代わり番に義母を世話するようなことになれば、われわれ配偶者の生活にも直接その影響は出てくる。

上の写真は昨年の義母の87歳の誕生日の集まりで、まだ元気であった義母(女性グループの左端)が子供や孫達に囲まれた和気あいあいのパーティの光景である。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 大丈夫ですか?

外様にいようと、そばにいればやはり生気を奪われていくもの。奥様とseptember30さんも、体には十分気をつけてください。それと心にも。どんなに気をつけていても、人間は完璧ではないですから、人と密接にふれあうことがおおくて、しかもぶつかることがもし多ければ、空気が淀んでくることもあるのではないでしょうか?それでも、人間としてそれができる(た)ということが、後になれば貴重な時間だったと思えるのでしょうね。それにしても、この写真とこのお話で、フランソワオゾンの8人の女たちという映画を思い出しました。歌も入ってる、楽しい映画です。あのころから、、そういえばフランスが好きになったのですよね。あのだめだめだけど、愛嬌がある、フランス人達の、人間臭さがある感じが好きなのです。
2015/03/31 [inei-reisanURL #pNQOf01M [編集] 

* Re: 大丈夫ですか?

inei-reisan さん、

心配してくれてありがとう。
私がこの家族に参加した頃は私自身も若く家族もみんな若かったので
何という緊密で仲の良い家族だろう、と感心もし喜びもしたものです。
それが長いあいだに変わってくるのは仕方のない事なのでしょう。

『8人の女』は私のお気に入りで以前にこんな記事をブログに書いています。
http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-422.html
2015/03/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/751-375ef68f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)