過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

200年後のために

T1406014-30-blog.jpg

橋の上の異邦人
Dayton, Ohio 2014


一つのことに熱中してしまうと狂ったようにのめり込んでしまうのは子供の頃からだった。
それ以外は何も手につかず、現実の日常生活から完全に自分を切り離すと、文字通り寝食を忘れて没頭してしまう。 ただ、そんなことが起きるのには大きな周期のようなものがあって、その周期が何か月ごとに来る時もあれば、何年ものあいだ何も起こらないこともあった。歳をとってからはもうそんなことはないだろうと思っていたら、現在そんな周期のまっただ中に溺れている自分を見出してびっくりした。

事の起こりは…
この数年間、撮り貯めた写真はあれこれ手を加えたあと、その幾つかをせいぜいブログやフェイスブックに載せるだけで、ほとんどの画像はフォトショップのファイルに入ったままになっていて、ついぞ実際にプリントしたことがなかったことに気がついたことに始まる。試しに、これはと思う1枚をプリントにしてみて愕然としてしまった。PCのモニターには出てこない微妙な明暗や、深みのある色調が何と忠実に紙の上に現れていることか ! モニターで見る映像はあれはこの世に実在しない 「まやかし」 の電子の世界に過ぎない、といまさらながら納得をした。
写真はやはりプリントで鑑賞すべき芸術なのだ、

それでこの1週間は仕事もせず外にも出ず、そのことにかかりきりになっていた。 飯を食う時間ももったいないくらいだから、まして飯を作る時間なぞあるわけがなかった。ここのところちゃんと食卓で食事をしたことがなく、妻が作ってくれるサンドイッチを仕事部屋でかじりながらプリントの作業を続けた。食欲というものがほとんどない代わりに、何かを産みだす時のあの得体の知れない興奮と欲望に取り憑かれていたようだ。飯を食べないで酒を飲み続け、煙草をやたらと吸うからこれは確実に自分の命を縮めているのには間違いない。それなのに僕はそれを止めることができない。

夜眠っていても夢の中にプリント中の画像が出て来た。夢の中でああでもないこうでもない、といろいろ暗中模索している自分がいて、それが暗闇の中でひょいとトンネルの向こうに出口が現れ、試行錯誤が不意に解決したりするとそこで目が覚める。そこで僕はベッドから抜けると、夢で起こったことを忘れないうちに仕事部屋へ行ってPCとプリンターのスイッチを入れる。このところそんな繰り返しだった。

僕が今プリントをしているこの紙とインクは、製造会社の謳い文句によると、印刷された写真は200年は褪(あ)せること無く完全に保存が効くそうだ。 (ほんとかなあ?)
200年という数字がどこから出て来たのだろうと思ってしまう。ほんとにその通りなのかどうか、それを確認をした人間は世界中にまだ誰もいないわけだから。
ひょっとして僕の孫のそのまた孫あたりが (僕に孫ができればの話だけど) 僕の写真を見て、「あ、これは話に聞いていたうちの先祖で、鼻の大きな日本人が撮った写真だ。撮影日時が2014年となってる。へ~、あれから200年は経ってらあ」 と感心するかもしれない。
それとも、地球はそれまでにはとっくに崩壊して、跡形もなく宇宙に散っているかもしれない。

どちらにしても
僕はコツコツとプリントをし続ける。




ブログランキング にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

こんにちは。
ここのところブログの更新がないので忙しいのかなと思っていたら、そんなことになっていたんですね。自分のことを振り返って見ると、そういった集中力は全くないようで、子供の頃からあっちをフラフラこっちをふらふらと過ごしているようです。回りの声が聞こえないときは、自分の世界に入っているときですが、それは集中しているんじゃなくて白昼夢に浸っているときのようです。ということで何日も何日も集中してのめり込めるって、自分にはあり得ないことで憧れてしまうところがあります。
しかしプリントはフィルムでもデジタルでもやってみたいです。引き伸ばし機もひとそろい揃えているのは、田舎に行ったらやってみようと思っているからですが、手に入れてから一度もやっていないってことは、きっと場所が変わってもやらないんじゃないかという気もします。でもいつかきっと。
2014/09/29 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: No title

川越さん、

白昼夢なんて私には日常茶飯事ですよ。
いつかも近所を犬と散歩しながら非現実の世界に足を踏み入ってしまい(もちろん酔っ払っていたせい)
いつのまにか南仏のvaisonの町を歩いていました。
庭の手入れをしていた女性にボンジュールと言ってしまったことがあります。

若いころ、暗室の中で10年以上働きましたが、
デジタルで写真を編集するようになった今でもその時の経験は立派に役に立っているようです。
デジタルで印刷した私のプリントを見て
あなたは暗室の経験があるでしょう、とはプロの批評家によく言われます。
2014/09/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 9月30日

Septemberさん

先日のコメントに書いておられた「それどころではない状態」というのは、このことだったのですか。お酒と煙草は忘れずゴハンだけ忘れて何日もプリントに没頭だなんて、確かにかなり男の子的です。

ところで、北京も米子も東京も京都もすでに9月30日です。
Many happy returns of the day!
ご自分でお写真の状態を確認していただくために少なくともあと200回...というのは無理かもしれませんけれども。
2014/09/30 [梟サロン女子部] URL #6facQlv. [編集] 

*

今日は誕生日ですね、おめでとうございます!(^^)/

ところでデジタルプリントでも暗室経験の有無がわかるというのは、覆い焼きの類いが見られるということなんでしょうか。そんなに単純なことだけじゃなく、トリミングや諸々のことを含めてだとは思いますが、プリントを見ただけでそれがわかるというのも凄いものです。September30さんのプリントは3枚頂いていますが、全然考えても見ませんでした。またじっくり見てみなければ。
2014/09/30 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: 9月30日

梟サロン女子部さん、

誕生日は、いまさらおめでとうと言われても「何がめでたいんだよ?」と反発する私を知っているから
うまく英語で逃げましたね? (笑)
しかし、Many happy returns of the day! の方がずっと私の気持に近いです。
ありがとう!

今のような「それどころではない状態」になるとSeptemberはとたんに悪い子になります。
自制がきかなくなり常識がすっ飛び、邪悪な悪癖にとことん溺れて
まるで悪魔とつるんだファウストになるのです。
でもこれが過ぎればちゃんともとの良い子に戻りますからね。
2014/09/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

川越さん、

そうでした。今日は自分の誕生日だということを忘れていました。
また一つ歳をとってさらに若返ります。

暗室操作のことですが
覆い焼きの痕跡がプリントを見て分かるようでは
暗室技師としては失格です。(笑)
彼らが言うのは技術的なこともあるでしょうがそれよりも
なんというか
フィルムのネガが持つポテンシャルを最大に引き出すのがプリンターの責任であり自負である
と昔はよく言われました。
それとまったく同じ姿勢でデジタルのネガ(Raw File)に向き合っているのが
デジタルのプリントを見れば感じられる。
ということだと私は解釈しています。

2014/09/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま
しまった! うかつに「おめでとう」を言ってしまいました。
でも以前見せて頂いたご自身のポートレートを見れば、年々若返るというのもあながち間違っていないように感じます。元気が一番!

暗室作業の件、「なるほど〜」と納得しました。と同時に、自分もついつい目の前にある、目に見えることだけに気を取られているなぁと反省です。こういうことは無意識のうちに慣されてしまうので、自分で意識していないとダメですね。

どんなことでも、造り上げる気持ちの持ちようが大事なんですね。「わかる人には説明しなくても通じるが、伝わらない人には説明しても通じない」ってことはいろいろな場面で遭遇します。まっ、何でもかんでもは無理なんで、自分の興味の対象に限られますけど、もう少し物事をよく考えないといかんなぁ。
2014/09/30 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: No title

川越さん、

いやいや、日本語の場合はおめでとうしか言いようが無いから私のようなねじれ者が出るわけで
それを言ってくださる人の責任じゃないのです。
でもよく考えれば、歳を取るのがなぜめでたいのか、なんて反発するのはむしろ若い時なら言えるけど
私の歳になればそれこそ今年もまあよく生き延びられたものだ、という意味で
ほんとはめでたいのですよね。
さっき初めて気が付きました。
2014/09/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* はは

September30さんがこもってプリントを続けている姿が目に浮かびました。
私にはあんまりこもって何かをするという習性はないのですが、
振り返ってみれば自分にストックだったなっという時はありました。

でもそのこもってる瞬間は幸せではないですか?
いつかいただいた写真も200年後どこかで色あせずに飾ってあったりするのでしょうか?

急に今日から一時帰国です。夏に帰ったばかりですが、日本の秋も久しぶりです。よい理由ではありませんが、楽しんできます。
2014/09/30 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

*

お誕生日おめでとうございます!
どうだ(笑)
寝食を忘れるってこと最近はとんとないです。
ちょっと夢中になる。はあるんだけど、
それには体力と根気と集中力の能力が必要だもん。
いつまでたっても少年なのは「素敵」の必要十分条件です。

私は紙が好きだから、写真も本も手紙も好き。
手でさわれるってすごく大事じゃない?



2014/09/30 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

お誕生日おめでとうございます。

脂っ気が抜けて悟りを開いた爺さんになんて絶対にならないでください。
2014/10/01 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: はは

inei-reisan さん、

こもっているあいだはとても幸せです。
そして
こんな形であとに残せるものを持っている自分をラッキーだとつくづく思うし
それをクイズの商品という形で皆さんとシェアできたことを感謝しています。
(さっき見たら、古いブログと合わせて100枚近くの私の写真が読者に行っていますね。)
2014/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

ありがとう。

実は最近、何をやっても集中力のはなはだしい低下を自覚して悲観していたのですが
なんのことはない。
好きなことをやる限りではそれはあり得ないと発見して元気が出ました。
それにある意味では以前よりやることが丁寧になったとも言えます。
それともただ仕事がノロくなっただけかな。(苦笑)
2014/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micio さん、

ありがとう。

油を抜いて悟りの境地を開きたいとはつらつら思いませんが
次の4つができなくなった時に私は死を考えるつもりです。
① 車の運転
② テニス
③ 麻雀
④ 異性への興味
2014/10/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

おっ、これまでに麻雀の話題が出た記憶はありませんが、読み損なっているところがあるのか、単純に記憶から漏れているのか?。たぶん後者だなぁ。

でも考えてみればSeptember30さんが麻雀をやらない理由は見つからないですね。いや、指を大事にするならモウパイは良くないのか?それとも繊細な指先はモウパイにはピッタリなのかも。
私は並べる程度しかできませんが、麻雀は面白いゲームですね。
2014/10/02 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: No title

川越さん、

麻雀は10年ぐらい前までは日本からの駐在員や和食レストランのオーナーたちと毎週のように宅を囲んでいたのですが
駐在員達がそれぞれ帰国したりレストランは閉まったり代が変わったりして
それ以後はほとんどできなくなり、日本に行った時にやるぐらいです。
つい最近、東京のKが麻雀のソフトを送ってくれて、今はそれで楽しんでいます。

あれほど複雑なゲームは世界にも例を見ないので
麻雀がちゃんとプレーできているうちは、ボケも認知症もない、と信じています。

あれっ
それより川越さん、引っ越しの最中に何をしてるんですか!
2014/10/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

こんにちわ。
自分にもネガファイルの中に未だ一度もプリントせずに埋もれている傑作があることを信じたい…。

それに川越さんが引伸機一式を既に揃えているとはっ!

#この所fc2関連のニュースが出回ってますが、大丈夫なのでしょうかね?

2014/10/02 [oreURL #- 

* Re: No title

oreさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

撮った時点で何気なく見過ごしてしまったフレームを
数年後に再発見するということは私にはしょっちゅう起こります。
それって不注意で見過ごしたというよりは
数年後にそれを見る自分の観点が変わってきたからだと気づきました。

ところで、FC2関連のニュースとは何だろう?
2014/10/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

ネームがoreになってましたが、本当は"やっ"です。すみません。

FC2関連のニュースとは、FC動画が家宅捜査を受けたというニュースです。
FC2のブログと動画は別なのかその辺は私はよく分かりませんが、早速blogの引越サービスの案内をするところまで現れているようなので、ちょっと気になっています。
2014/10/03 [やっURL #- 

* Re: No title

やっさん、

それは日本でのニュースだと思うんですが知りませんでした。
どうなることでしょうね。
2014/10/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 誕生日祝賀の動画あり

9月30日様
 少し遅れましたが、誕生日お目出度う御座います。
 今年も9月末が近付くにつれ、気には留めていたのですが、多忙に紛れ失念しておりました。で、ネット上にて、930氏に相応しい最適な動画を発見しましたので、勝手にお報せします。

 標題は "la boheme"。自由気儘に生きる芸術家を指すフランス語。9月氏の人生そのものですね。これを、御贔屓の女性歌手の独唱と、男性2名の弾き語り附き重唱の二本建です。サイトの案内は、例により別便にて送信します。お待ち下さい。
2014/10/04 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/04 []  # 

* Re: 誕生日祝賀の動画あり

Yozakura さん、


二人のアーチストが日本人に人気のあるポピュラーなシャンソンを歌っているわけですが
これをもし両者のバトルと見ると、女性歌手のKさんは完敗ですね。
長谷川きよしのフランス人とのデュエットはすばらしい!
ギターとアコーディオンのコラボレーションといい日本語と仏語の掛け合いといい
これはしんみりと何度も聴いてしまいました。

誕生日の嬉しいプレゼントでした。
ありがとうございます。
2014/10/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* お気に召した御様子、何よりです

September30さま

 返信を拝見しました。お気に召した御様子、何よりです。
 これは、貴方に共有動画を案内する際に、私がたびたび体験している出来事なのですが、
 当方が、主賓・主役に添えて紹介する、謂わば「脇役の如き付け足し----昔の音楽用語で云うならば"B面収録曲"----の刺身のツマ」が、意外と貴方に受けるのです。

 今回も、ちょっと貴方には、その背景が理解し辛いのでは----と密かに懸念していた「きよしとパトリックの二重唱」が、その演奏本位で聴いて頂き、深く感動したとの由、秋の夜のワインも、さぞや美味しかったことでしょう。

 二人のテイクの最後、二重唱となったサビは確かに聴き処であり、また聴かせ処でもあります。人種、民族、言語、宗教を異にする二人の芸術家が協演すれば、それが互いに相手を立て、相手の主張を傾聴する紳士的な関係であっても畢竟、
 自分自身の人間性を表現する芸術上の技量が問われている訳で、これはもう、テクニックの限りを尽くすしかないのでしょう。
 そう云う意味では、通い慣れたライブ会場で気心の知れた仲間と共に、馴染みの客を前に歌ったKさんとは、随分と異なる環境であり、今回は、異文化とのコラボレーションが好ましい方向に作用したのでしょう。
 お元気で。
2014/10/07 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: お気に召した御様子、何よりです

Yozakura さん、

どうもB面愛好マニアというレッテルを貼られってしまったようですが、そのB面で思い出したのは、
私が10代の頃に鈴木章治の「鈴懸の径」が爆発的な人気となった時のことです。
あのシングル盤のB面の曲が私は「鈴懸」と同じくらいに好きで
そのメロディはいまでもハッキリと覚えてるのですが、
その曲が必死になって検索してもどうしてもUチューブに出てこないのです。
たしか「野菊のように」とかいうタイトルだったと覚えています。
Yozakuraさんがいつかこの曲に遭遇したらぜひ教えていただきたいですね。
2014/10/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/773-32064c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)