過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

若返りの法

_DSC5173-1-blog.jpg

森の中へ
Oakwood, Ohio, USA


久しぶりの雪だった。
日曜の夕方から降り始めた霙(みぞれ)がやがて雪に変わり、夜中過ぎに外を見た時にはまだまだ降っていた。細かな雪なので朝まで降り続いてもそんなに積もることはないだろう、と思いながらベッドに潜り込んだ。
明け方、近所を動き回る除雪車の地面を引っ掻くうるさい音で目を覚まされる。クリスマス前にアウディをウィンタータイヤに履き変えさせておいて良かったと思いながら、ベッドから抜けだして窓から外を覗くと、10センチもないほどの積雪だろうか。それでも日頃見慣れた風景がきれいに雪化粧をして別の世界に変わっていた。よし、今日はアウディを駆って森へ入ってみよう、と思っただけで何となく浮き浮きした気分になったのは、この数日を家の中に閉じこもりっぱなしで過ごしたせいにちがいない。

ウィンタータイヤをといえば苦い経験がある。
アウディを購入したのはあれは1月の初めだったが、それから数日してちょうど今日のような雪が降った。さっそく4輪駆動のアウディを雪道に乗り入れた僕は、1マイルも走らないうちに森の中の緩いカーブで車輪が滑って曲がりきれず、石垣に車の鼻先を簡単に突っ込んで、左側のヘッドライトをグッシャリと潰してしまったのだ。あとでわかったのは、アウディに装着されたタイヤは普通の乗用車に付いてくる全天候タイヤではなくて、サマータイヤだったということ。クルマ好きを自負していながらそんな事を確認もせずに乗り回していた自分が恥ずかしかった。それにしても冬のさなかに車を買った客に、ディーラーの担当者が一言の注意をしてくれても良かったのに、とも思った。

そんなわけで新車のアウディは所有した数日後にまたディーラーの修理工場へと逆戻りしてしまった。その時にちょっと贅沢をしてピレリのウィンタータイヤとそれに合うホイールを着けさせた。返って来た車でさっそく雪道を走ってみたら、全天候タイヤも比較にならないほどのしっかりした雪面のグリップにいたく満足したものだった。
それ以後は毎年11月と4月にタイヤを交換するという面倒な作業を何年も繰り返していたが、怠け者の僕はそのうちサマータイヤを全天候タイヤに変えてしまってからは少々の雪ではそのまま走っていたのだ。大雪が降るとアウディはガラージに寝かせておいて、運転の面白味などまったく無いホンダのSUVでもっぱら用を足していた。

そして今年の冬、久しぶりにウィンタータイヤを装着してもらえた老兵のアウディはいきなり若返って、森の中の雪道を我が意を得たりとばかり自在に駆け回った。
ドライバーももちろん若返って、エンジンブレーキやレブマッチのシフトダウン、コーナーでのヒル・アンド・トウやクラッチを使わないギヤシフトなど、ふだん街中ではすることのない運転を思いきり愉しんだ。

雪よ、もっと降れ。
そうすれば僕ももっと若くなる。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

ドライブしている姿を想像するだけで若返りそうです。でも雪の中で遊ぶのは楽しいですね。私は車の運転ができないのでもっぱら自転車ですが、昔は冬になると雪を求めて長野や山梨の峠に走りに行きました。またクロス用の自転車を引っ張りだしてメンテナンスしようかな。
2015/01/27 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

*

寒いのが苦手なのに雪は大好き!なんですね?
っていうか、雪道をぶっ飛ばすのが大好きなんだ(笑)

いつだったかバーで遊んでいたら、
積り出した雪で電車が止まり、
車で来ていた顔見知りのお客さんが送ってくれることになりました。
どんなタイヤを履いていたか知らないけど、
幹線道路はともかく脇道へ入ると左右にツツ~~~っと滑る。
真っ直ぐだと思っていた道が案外坂道!
いつもの夜道がまるで田舎の山道に入り込んだようでドキドキします。
恐いけど面白い!!
運転してる人はそれどころじゃなかったと思うけど(笑)

2015/01/28 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

川越さん、

嘘でしょお?
雪の山道を自転車で走るなんて...
想像しただけで震えます。いや、寒さにじゃなくて恐さに。

私は去年の冬、すぐそこの店屋まで薄く積もった雪の上を自転車で行ったら
見事にすってんころりんとひっくり返って
ヘルメット無しの頭は打たなかったけど(ラッキー)
肩と腰を打ってそのあとは自転車にまたがることもできず
手で引いて家までものすごく時間を掛けて歩いて帰りました。

ジーンズのポケットに入れていた携帯電話はペシャンコになっていました。
2015/01/28 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

雪道をぶっ飛ばすわけじゃないんだけど
普通の状態と違ってうんと緊張して全神経を集中して走れるのが好きなんです。
だから雪だけじゃなくて、たとえば嵐が来て大風が吹きどしゃ降りの雨が降っていたりすると
もうそわそわして落ち着かず、
夜中に寝ていても起き出して服に着換え、車を車庫から引き出すと街道へと乗り出すので
女房は呆れています。

これってなんでしょうね?
冒険を求める、なんていうとカッコイイけれど実はそんなんじゃなくて
平穏無事な生活に飽いた男が刺激を求めているだけだと、自分では思っています。
2015/01/28 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

その気持ちわかります。

土砂降りをかき分けて走る車の中って好きです。
世界から隔離されてるような妙な心地よさ。
周りの景色が消えて、車内だけ現実みたいなかんじ。

あ、刺激じゃないですね、これじゃ。
私、運転できないから緊張はないんです。
2015/01/28 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

『世界から隔離されてるような妙な心地よさ。
周りの景色が消えて、車内だけ現実みたいなかんじ。』

仰るとおりです。
カプセルに乗って未知の宇宙に打ち出されたみたいな
期待と不安、そして贅沢な孤独感のようなものが好きです。

それってたとえ運転しなくても刺激には違いないと思う。
ドライバーを信頼していれば、の話ですが、そうでなければきっと地獄でしょう。(笑)
私はふだんでも人の運転する車に乗るのが嫌いです。
2015/01/28 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

実はSeptember30さんとはご近所な私、今朝のオハイオの雪景色は最高でしたね。今朝も、September30さんはアウディへ森へと繰り出されたのかしら?と、思いました。

朝焼けの空、陽光に光る樹氷は、まるで幻想世界の光景。
寒い、寒い、と文句を言ってばかりの私ですが、こんな光景が見られるなら、中西部も悪くないと思いつつ、すっかり雪の溶けた道を走るのは楽しかったですよ!

もっとも、行き先はお得意先だったので、その後はトホホでしたが…
2015/01/29 [わに] URL #- 

* Re: No title

わにさん、こんにちは。

昨夜遅くまで起きていたので今朝はすっかり寝坊です。
誰もまだ通らない新雪の上を運転するのはすごく気分が良くて大好きなんですけどね。
わにさんは西海岸からの移住といっても以前にはコロラドにもお住まいだったようだから
中西部の冬もそんなに驚かなかったのじゃないかな。

お互いに冬の運転にはくれぐれも気をつけましょうね。
こちらに出てくることがあれば一報してください。お茶でも飲みましょう。
2015/01/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

土曜日から雪の予報のコロラドです。
こちらの雪はサラサラしているので、日本の雪のように、積もってきたらすべての音を吸い込んでしまうような密度がないように感じます。日本では雪が積もるととたんに静かになるので、子供のころはすぐに気がついたものです。

雪の中に車で繰り出してゆけるなんてすごいですね。私にはとうていできそうにありません。だって、ボルダー真っ暗なんですもの。マウンテンライオン、コヨーテ、クマも出ます。夜道は絶望的に怖いです。
運転にはどうぞお気をつけて!
2015/01/30 [nico] URL #- 

* Re: No title

nico さん、

雪の降る日は外が静かだとはアメリカでも感じていたけれど
それはただ表を車が走らなくなるから、というだけの理由かもしれませんね。(笑)
nicoさんに言われて、長いあいだ忘れていた、日本の雪がしんしんと降る夜の静けさを思い出していました。
そしてあの三好達治の詩が自然に蘇りました。

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ


マウンテンライオン、コヨーテ、クマなんて凄い獣は私の森には住んでいません。
夜の雪道でヘッドライトに可愛い鹿や兎が時々浮かび上がるだけです。
2015/01/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

その詩、間違えてた人がいました。
「太郎を眠らせ、太郎の上に雪降りつむ」と。
殺人事件かよ。
です(笑)
2015/01/30 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

あはは 子供を殺して身体にこの詩を書いたカードをピンでとめたら
これは推理小説ですね。
この殺人鬼はこうして太郎、次郎、彩子、千鶴子と次々に村中の子供を殺すのです。
2015/01/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

nicoさん
そうでした。コロラドの雪は軽かった。そして、個々の結晶が見えるほどの独立独歩な雪でした。
ここ、オハイオの雪とは少し違います。ここのは、もっと集団的。
コロラドで私が住んでいた街の最高権力者はエルク。裏にはコヨーテが住み、少し街を外れると、熊やマウンテンライオンがいたものです。

太郎の上に雪降り積むには大笑いさせてもらいました。
風邪で喉痛いのに~
2015/01/31 [わに] URL #- 

*

おいおい(笑)
2015/01/31 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

そういえば、1月のクイズなかったですね。
今度こそはSeptember氏の写真をゲットしようと、楽しみにしているのですが。(p_-)
2015/01/31 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: No title

わにさん、nico さん、

マウンテンライオンの名は馴染みがないのでネットで画像を見たら
ひょっとしてピューマのことですか?

でもそんないろんな猛獣が出るなら人害もきっとあるに違いないと思うのですが
それはどうなんでしょう?

2015/01/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

あ いけね。
2015/01/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

micio さん、

クイズのことは1月12日の『またまた古い写真を見つけた』のコメント欄で書いたあと、
ちゃんと公表しなかったのですが、しばらくお休みです。
楽しみにしていた人がいると知って嬉しいのですが...

ごめんね。


2015/01/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

わにさん
私のいるTwin Lakesのあたりはせいぜいプレーリードッグですが、ときどき大きな足跡を泥濘にみつけてギョッとします。たぶん大型犬だと思うんですけど… 。日本の街灯だらけの町の明るさに慣れていると、夜の闇の深さだけで十分怖いです!
2015/02/01 [nico] URL #- 

* mountain lion

September30さん
そうです。ピューマです。在ボルダーの日本人の知人は「クーガー」とも言っていますが、学術名でみればピューマもクーガーもマウンテンライオンも同じです。

昨晩遅くから降り始めた雪がかなり積もっていて、今朝は雪かきに励みました。大家さんはただいまスキーにお出かけ中。明日帰宅したときに玄関前ですってんころりんといかないよう、念入りにしておきました(笑)でもおかげで私の腰がまずいことに…
2015/02/02 [nico] URL #- 

* Re: mountain lion

nico さん、

雪かきは私もきつくなりました。
歳をとって身体がなまってきた兆候はいろいろありますが
雪かきがきつくなった、というのがその一つ。(立ったまま靴下を履くとよろける、というのもその一つ)
最近の我が家では雪かきは最小限にとどめて
ドライブウェイなど少々の雪ではもう放っておきます。
車を2台とも4輪駆動にしたのはそれが理由でもあるのです。

腰の痛みは大変なのは私も経験済みです。
ほどほどにしてください。
これはお願いではなくて命令です。(笑)
2015/02/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* そうそう

ほんとうによいものは、ゆっくり育つ。笑
2015/02/03 [inei-reisanURL #pNQOf01M [編集] 

*

1月28日のムーさんへのお返事で
女房という表現がありますね
今回はこれが最も私にヒットしました ふふふ・・
ひょっとして初めて使われた言葉でないですか?
2015/02/03 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

* Re: そうそう

inei-reisan さん、

そうそう
もうここまで来たら焦ってもしょうがない。
居直ってゆっくりとやります。
2015/02/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

のほほんさん、

初めてじゃないと思うけどそんなに使ってないですね。
読んでピッタリくるとしたらこれからはもっと使おうかな。
女房、妻、ワイフ、家人、パートナー、奥さん、嫁、同居人、など選択が多い中で
読者、とくに女性の読者からみてどれが一番抵抗がないかはいつも気にしていました。
2015/02/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

「女房」好きです。
「かみさん」なんて言い方も好きです。
若い人は「嫁」をよく使います。
これは関西風だと思ってたら今は普通なんだそうです。
最初聞いたときは「え?この人そんな年?」と不思議でした。
関東では嫁と言えば息子の奥さんの事でしたから。

日本て、ずいぶんいろいろ呼び名があるんですよねー。
2015/02/04 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: No title

ムーさん、

私も最近まで、長いあいだ嫁といえば息子の嫁さんのことだと思っていました。
いろいろな呼び名といえば
大正昭和の小説や書簡で「愚妻」と出てくるのには苦笑しますね。
日本語お得意の謙譲語なんだろうけど
それじゃあ奥方は旦那のことを何と呼んだのだろう?
愚妻にあたる表現は無いと思うなあ。

2015/02/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/806-17bc14be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)