過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

日本への回帰 (1/2)

T06yonago129-blognew.jpg

凧 (たこ)
米子市旗ヶ崎


日本を出てから40年が過ぎた。
僕は日本を離れるとき、数年後にはまた日本へ戻ってくることに何の疑いを持たないでアメリカへやってきた。 それなのに  (つまり、そのう… いろいろなことが起こってしまいまして) なんとなく帰らないでいるうちに長い月日が経ってしまったのだ。
何がいったい起こったのかは、以前の僕のブログを読んだ読者にはだいたいのところは推測してもらえると思うが、要するにある時点で僕は女性に失望し、その女性が代表する日本人に失望し、そんな日本人がウジャウジャとひしめいている日本という国に失望してしまったのだと思う。
そのころの僕は2度と日本には帰るまいと決心していた。 しかし今考えてみると、僕は日本や日本人に失望したのではなくて、実は自分をも含めた人間というものに失望したのではなかったか? 
そしてある時期にはそれは失望というより、もっと強い、憎しみに近い感情でもあったような気がする。

それで長いあいだ僕は日本を棄てたつもりで生きてきた。
ところが、あるとき (それはずっとあとになってからだけど) 実は 「僕が日本を棄てた」 のではなくて 「僕が日本に棄てられたんだ」 ということに気がついた時に、胸の中に長年つかえていたものがスッと消えて行くような、一種の清清(すがすが) しさを感じることができた。 ちょうど複雑な代数の問題を解いていて答えが、ぼっかりと簡単な整数として出てきたときのように。
棄てるよりも棄てられるほうが、ずっと楽だし救いがある、という真実を僕は年月をかけて身につけていた。

(続)


「今が最悪の事態だ」
と言えるあいだは最悪ではない。
William Shakespeare



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
スポンサーサイト

コメント:

*

私も捨てられたのかとは思えないです。今は胸中の中は半々。きっとあと10年もすればそれは稚拙な感傷だけになるのかも。これが最高と思えるよりもこれがどん底ではないとおもった数の方が多いのが自慢です。(-人-;) 
2010/12/03 [kaori] URL #- 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/03 []  # 

*

ちょっとそちらの人間関係から来る憎悪が発端という話からはズレるのですけど、新しい国の生活へアジャストするプロセスで、自分の国の習慣や考え方が陳腐に思えたり情けなくなったりすることがありました。自分の場合は、カナダに来て最初の数年はそんな感じだったような気がしますね。だから最初の10年ほどは日本へもほとんど帰りませんでしたが、最近は歳のせいか、変わってきて毎年のように帰ってます。やはりどうしようもなく日本人だし、自分の血に素直に生きるのが無理がないと理解したからです。だいたいこちらのイタリア系やギリシャ系などは自分たちの国を丸ごと他国へ持ち込んでいるところがあって、それはそれでなかなかアッパレなんですよね。
2010/12/03 [matsuURL #- 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/03 []  # 

* はじめまして

なんだか引きよせられるようにこのブログに辿りつきました。ボローニャさんからリンク先でやってまいりました。なんとも心ひかれる言葉でブログを書かれていますね。また是非のぞきにきます。
2010/12/03 [inei-reisanURL #pNQOf01M [編集] 

* Re: No title

Kaoriさんは強い女(ひと)だからそう思えるのでしょう。
そう言いきれる人は男性女性に限らずそんなにいないはずです。
これが最高と思える日が1日も早く来ることを祈っています。
2010/12/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

Kzsaxさん、短い言葉の中に万感のこもったコメント、感謝します。
2010/12/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: No title

Matsuさん、
「自分たちの国を他国へもちこむ」という点では日本人はもっともおとなしくひそやかにそれをやっているのではないでしょうか。ほかのアジア人(中国人や韓国人)でさえもっと堂々とやっているように見えます。
そして「どうしようもなく日本人だし・・」 とは、私の心情を完璧に表現していただきました。
2010/12/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: はじめまして

inei-reisanさん、初めまして。
ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。
2010/12/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント