過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

人のいない風景 (2/4)



遠い太鼓に誘われて
私は長い旅に出た
古い外套に身を包み
すべてをあとに残して

- トルコの古い唄 -





P4300524-blog.jpg

10
Nassau, Bahamas 2005








bostonbw0027-blognew.jpg

11
Marblehead, Massachusetts 1973








clouds(new)01-blognew.jpg

12
Oakwood, Ohio 2003








T05prov198-blognewest2.jpg

13
Vaison la Romaine, France 2005








Image0069-blognew.jpg

14
Dayton, Ohio 1999








T74reflection-blog.jpg

15
Boston, 1974








T99japan076-blog.jpg

16
東京 上野 1999








T01paris42-blog2.jpg

17
Paris 2001








IMG082-blognewest.jpg

18
Morrow, Ohio 2002









ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 水の写真が

なんとなく多いですね。ゆらゆら揺れるものは、白黒で写したほうが、より鮮明に感じるのでしょうか?白黒写真を撮る時、フィルムだと、少なくとも十数枚白黒になってしまいますよね。(フィルムだとです。デジタルはもう関係ないでしょうが)その時にカラーの写真のほうがいいなっと思う被写体にあったことはありますか?その時は再び撮りに帰るのでしょうか?あのフィルムが変えれないもどかしさが素人からしても、なんとなく困るのです。。その逆もしかり。
2015/06/13 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

* Re: 水の写真が

inei-reisan さん、

フィルム時代の写真家たちはカラーとモノクロの撮り分けには苦労しましたね。
違うフィルムを装填した2台のカメラを常に携帯したり、1台のカメラでバックだけが交換可能な高級中型機を使用したり
暗室内では、カラーのネガをそのままモノクロにプリントできる紙に焼き付けたりしました。

私といえば、クライエント(ほとんどそんなものはなかったけど)の依頼がカラーの場合は別として、私的にはすべてモノクロでした。
あの頃(70年、80年代)の私は周りの世界を、白と黒とグレーだけで見ていました。
だから、ご質問のようにカラーの方がいいな、と思うなんてなかったような気がします。

世紀が変わる前あたりから私はデジタルを使い始め、最初はフィルムとデジタルの間を行ったり来たりしながら
そのあと非常にゆっくりと銀塩カメラからデジタルへと移行して行き、
2006年以降には完全にデジタルになりました。
そして今では当然ながら写真はすべてカラーで撮影し、その中から特定なものだけをモノクロに変えています。

実は、カラーかモノクロか? というテーマは私の「写真のレシピ」シリーズの第1回で取り上げているので、
よければ見て下さい。

http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-409.html



2015/06/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 堤防の突端に佇立する一軒家に記憶あり

9月さま
 この一連の「懐かしの写真集」、確かに記憶あります。
 例えば、マサチューセッツ州の港町の埠頭の突端に立つ一軒家。これは、若き日の9月氏が失意に沈み、世間から半ば隠棲していた隠れ家の一つではなかったのですか?

 こんな立地状況だから家賃も安かったのでは----?と推測しますが、改めて写真を凝視すれば、
 居住家屋の選択に当たって9月氏が優先的に考慮されたのは、矢張り、この「敢えて世を睥睨し社会からの孤立を拒まぬ、この家屋設計者の超然たる意志」なのでしょう。

 撮影者の意志が、撮影意図がよく表現されている写真だと思います。お元気で。
2015/06/14 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: 堤防の突端に佇立する一軒家に記憶あり

Yozakura さん、

水際に建つこの家に、私が住んだのだろうという推測をされたようだけど
残念ながら違います。(笑)

これはたぶん、何代も前からの漁師の持ち家にちがいないと思いました。
満潮になると建物の土台のすぐ下まで水が上がり、木製の埠頭がぷかぷかと波に揺られます。
2015/06/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* それでは、別のあばら家と間違えたのかな?

9月さま
 返信を拝見しました。
 この家に居住した経験は無い、との由、それでは多分、私の記憶違いなのでしょう。別の、何処か、崩れ掛けたあばら家の如き住宅だったのかな?探してみます。
2015/06/14 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: それでは、別のあばら家と間違えたのかな?

Yozakura さん、

それはきっと、ボストン湾に面した Winthrop という町に住んでいた頃のことでしょう。
海岸から数十メートルの所にあった安アパートに住んだことがあります。

http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-10.html

http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-68.html
2015/06/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/839-05e6a72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)