過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

人のいない風景 (3/4)



遠い太鼓に誘われて
私は長い旅に出た
古い外套に身を包み
すべてをあとに残して

- トルコの古い唄 -





T01venice03-blog.jpg

19
Venice 2001








fragment26-soft-blognew.jpg

20
Oakwood, Ohio 2005








Image03010318-blognew.jpg

21
Mattapan, Massachusetts 1983








T08japan116-blog.jpg

22
米子市 2006








T05prov064- blog

23
Haute-Ville, France 2005








Sunflower-blognew.jpg

24
Rockport, Maine 1974








T0911SC091-blog.jpg

25
Savannah, Georgia 2009








T06pro721-blog.jpg

26
Avignon, France 2006








T98vegas06-blognew.jpg

27
Utah 1998








2006mexico009-blog.jpg

28
Puerto Vallarta, Mexco 2005





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

septemberさん、前回に続けて訪問します。
Venice2001の写真は以前お目に掛かった記憶があります。
運河の名前はアポーストリと言い、右のアーチになったソットポルテゴにアンティーコ・ドージェというホテルがあります。
1355年国家反逆罪で首を切られた総督マリーン・ファリエールが生まれた館跡です。バイロンらが彼の話をドラマ化しました。
2015/06/14 [pescecrudoURL #j9tLw1Y2 [編集] 

* 米子市旗ヶ崎の地名に記憶あり

9月さま

 上記写真の、日本家屋の所在地の地名ですが、つい最近、その土地で生産された和菓子の製品を近在のスーパーマーケットで見かけました。
 美味しそうなドラ焼きでしたが、ネットが発達し流通網も整備された所為でしょうか、嘗ては「裏日本」などと軽視されていた地域の製品が世界中に流通する時代になったのです。
 ただ、9月氏の関心を惹き付けたのが、最新式の生産設備ではなく、昔ながらの伝統的な日本家屋の内装である処が、興味深いです。お元気で。
2015/06/14 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: タイトルなし

ペさん、

2001年のヴェネツィア訪問で撮った写真の中では、
このモノクロの 「白いボート」 とカラーの「赤いボート」の2枚が、私のお気に入りです。
見たらぺさんもきっと思い出すでしょう。

http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-date-20101003.html
2015/06/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 米子市旗ヶ崎の地名に記憶あり

Yozakura さん、

その米子産のどら焼きですが、
なんとオハイオ州のコロンバスの日本食料品店にまでちゃんと来ていたのを発見して
わざわざそのどら焼きを買って私に届けてくれて人がいるのです。
誰あろう、Yozakura さんもご存じのあの November17 さんでした。

彼といえば、つい先日電話で話しましたが
日系企業の激務に日夜ふうふうで、最近はブログを読む元気も時間も無い
と泣いていました。
2015/06/14 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 11月氏の御健在を確認。

9月さま
 返信を拝見しました。米子名産のドラ焼きに着目したのは、私の他に、あの11月氏もいらした訳ですね?御健在の由、何よりです。
 久しく同氏による書き込みが絶えて居たので、厳冬のオハヨー州の道路上にて車ごと吹雪に封じ篭められ、得意技のウェスタン・ラリアートを発揮する暇も無く、車内で凍死したのではないか----と密かに懸念していた処です。
 業界内部の競争が激化する中、11月氏も仕事に追われているのでしょう。偶には愚痴も聴いて上げて下さい。お元気で。
 
2015/06/15 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

* Re: 11月氏の御健在を確認。

Yozakura さん、

昨年末、たしか11月だったと覚えていますが、
november 氏の沈黙を心配したYozakura さんのコメントがありましたね。
そのことを彼に伝えたのはつい最近のことですが、思った通り彼は読んでいなかったようです。
返信がなかったこと、彼に代わってお詫びします。

あー、いつまでたっても世話がやける男だ。
2015/06/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

一連の写真を見ていて気が付いたのは、
私が魅かれるのは、揺れ移る風景だ。ということでした。
木立が揺れる。光が動く。時がうつろう。

建物の太い柱の影が時間とともに移りゆくこと。
座敷の障子に映るものは木だけではなく、鳥が飛び去る一瞬の影まで見える気がします。
ひきかえ、駄目なものもあります。
強烈なコントラスト、雲がじっと動かないだろう風景。硬い石の建物。
つくづく日本の風土が身に染みているのだと気付かされます。

カラーの写真ではこういうことには気がつきません。
不思議です。

2015/06/15 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

前にどこかで書いたと思うけど
私が風景を撮るのじゃなくて、風景が私を捕るのですね。
もちろんいつもそうだという訳じゃなくて 「これは撮っておかなくちゃ」 とカメラに収める場合もありますが
このシリーズの写真はそのどれもが私を捉えてしまった風景です。

ヨーロッパで私は石の家や石の町に魅了され続けたのですが、
ある年のフランス滞在に日本から参加したY子さんはそうじゃなくて
「わたしはやっぱり日本の木と紙の世界が大好き....」 と言っていました。
Y子さんは、今日の 「米子市旗ヶ崎」 の写真の家主さん。


カラー写真を見ても起こらない反応が、モノクロ写真の時に起こる、というのは
私もそうだし、誰でもそうなのじゃないかな。
たぶん
現実をそのまま写すカラーの場合、見る人はその写真をそのままおとなしく受動的に受け止めるのに比べて
いったん抽象化されたモノクロの映像は、無意識のうちに見る人に何らかの解釈を求めているのではないだろうか?
つまり見る人の意識が(好むと好まざるとに関わらず)その人の経験、知識、感受性をもとにして
能動的にそのイメージへ働きかけてしまうのです。
そういう形で作者の意図した芸術活動へ、立派に参加をしているのでしょう。
それだけ疲れるけどね。(笑)



2015/06/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 11月氏の御健在を確認。

Yozakuraさん、Septemberさん、

「そういうのを放屁、、、じゃなくて、放置プレイと呼んで、ラリアットより高度な技として、対戦相手によってはすごく効果があるらしいと日本にいた頃教わったことがあります。

来月になれば、独立記念日の連休がありますので、戻ってまいります。しばしプレイをお楽しみください。」とのこと。何やっているのでしょうねえ、まったく。
2015/06/16 [野比Novemberに代わって、クラスメートの出木杉くん] URL #- 

* Re: Re: 11月氏の御健在を確認。

出木杉くん

彼に伝えて下さい。
会議などで、ふだんめったに発言することのない人が、
時たま口を開くと、全員の期待と関心を集めるのですが
その人の言っていることは意外とつまらない、というのはよくあることです。
2015/06/16 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* いやーん

のび太さんのばか。どうして出木杉くんなんかに伝言を? 私にたのんでくれたてたらこんなことにはならなかったのに。それに、出木杉くんもひどすぎるわ。のび太さんから聞いたことをそのまま伝えてしまうなんて、ひとでなしのすることよ。サロンの大人のひとたちは、見て見ぬふりしてくださってるけど、おかげで、のび太さんの恥が増えてしまったじゃない。
2015/06/17 [しずか(昼の部)] URL #6facQlv. [編集] 

* Re: いやーん

しずかちゃんとのび太くんへ

サロン内の痴話喧嘩には口を出したくないんだけど、つい見かねてひとこと。

のび太くん、
しずかちゃんがか細い胸を開いて、君への恋情を綿々と打ち明けているじゃないか。
木石の君にはわからないだろうから、あえて老婆心から言います。
彼女の一途な気持ちを汲んであげなくちゃね。
2015/06/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: いやーん、恥の上塗り

しずかちゃん、

そう、聞きなれたお叱りの言葉は、「きゃーっ、のび太さんの、エッチ!」でしたが、今回は「のび太さんのばか」。ちょっと新鮮で、悪くない気も。

我が家には、ケーブルテレビやサテライトチャンネルの類はなく、昭和時代のラビットアンテナ(二本、びーんとのびるやつ)で入る無料の地上波しか映りません。よって、実際に見たことはないのですが、アメリカでも、ケーブルかなんかで、「ドラえもん」が昨年から放映されているそうで。

で、「きゃーっ、のび太さんの、エッチ!」ってどう吹き替えているか気になっていたのですが、なんと「水戸黄門」のかげろうお銀に匹敵するしずかちゃんの入浴シーン、全面カットされているとのこと。ひどいな。えっ、「水戸黄門」もとっくにおわったって。そんなあ。日本に帰ったら何を見たらいいの。

そんで、なかなか帰国できない野比は、昔日本から持ってきた「北の国から」のビデオを繰り返し見るしかないのですが、しずかちゃんは途方にくれた時なんか、何を見ているのかしらん。(えっ、これまた、のび太さんのエッチ!)


2015/06/26 [November 17] URL #- 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/840-6515a11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)