過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

人のいる風景 (3/4)



あまりにも旅に年月を費やした者は
最後には己の国でよそ者となる。

- ルネ・デカルト -





T11japan625-blog4.jpg

25
横浜市 2011








Image0365-blog.jpg

26
Boston 1980








T06pro738-blog2.jpg

27
Avignon, France 2006








mist-blog.jpg

28
Cape Cod, Massachusetts 1982








bostonbw0036-blognewest.jpg

29
Dayton, Ohio 1986








bostonbw0082-blognew.jpg

30
New York City 1972








T07Italy0349-bwblog2.jpg

31
Bologna, Italy 2007








Image0349-blognew.jpg

32
Boston 1975








mac_5-blog.jpg

33
Kettering, Ohio 2013








Image0287-master2-blog.jpg

34
Marblehead, Massachusetts 1975








T05talbots-blog.jpg

35
Oakwood, Ohio 2003








kyspeedway02-blog2.jpg

36
Sparta, Kentucky 2003








Image341-blog2.jpg

37
Boston 1975








T131105carillon51-blognew.jpg

38
Dayton, Ohio 2013








T05paris008-blog.jpg

39
Paris 2005





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

人のいる写真を見るといつも思います。
不思議だなー、まるで演出したようだなー。
だってどうしてカメラを構えたところにジャストな感じでこの人が?
まさかメガネのようにカメラを顔にかけてるわけないでしょ(笑)
ってことは第3の目がいつも獲物を狙ってるんでしょうか?
2015/07/03 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

「人のいない風景」 なら時間をかけてじっくりと眺められるんだけど
人が入る場合はそうはいきません。
眼前のハプニングをしっかりと見ることはもちろんだけど、
それと同時に、次の瞬間に何が起こるかという予想も常にしているのだと思います。

などと偉そうなことを言っちゃった。
実際は只ラッキーだっただけなのかもね。
2015/07/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

写真を見ていると寂しいんだけどワクワクして惹きつけられるって、なんでしょうね?この感覚。
撮っているひとが、その場所では”よそ者”だからかな。
2015/07/05 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: タイトルなし

micio さん、

私の写真にワクワクして惹きつけられるとは、嬉しい言葉です。
前にもどこかで書いたように、人を惹きつけようとして写真をやるわけじゃないので
(もしそうなら、惹きつけ方もちゃんと知っているはず)
見る人がそれぞれの思いをかけて下さる理由というのは、私には想像もつきません。
10人の人に10通りの理由があるのじゃないのだろうか?





2015/07/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* このトップの言葉

調べたら大変な深い勉強になってしまって、焦って後回しにしました。こんな言葉をトップにもってくるなんて、september30さんの写真は本当に奥が深いですね。そして教養の深さに感動してしまいます。
2015/07/12 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

* Re: このトップの言葉

inei-reisan さん、

「教養」という言葉にぎょっとしました。
ふだんから教養の足り無さを自覚していた私だから。

改めて新明解をひいてみると教養とは…

『文化に関する、広い知識を身につけることによって養われる心の豊かさ・たしなみ』

とありますが、この広い知識というのが実は私には無いんです。
私の知識はごく狭い分野に限られていて、興味のない分野では子供ほどの知識もありません。
だから、私は教養があるとはいえないし、自分でもそう思っていました。

ところが新明解ではそのあとの例文に
『教養の有る無しと品性の豊かさとは元来無関係のものだ』
とあるのを読んで、ちょっと安心。(笑)
2015/07/12 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/848-5eefcb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)