過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

動物のいる風景 (1/2)



写真はそこに写された被写体よりも
その写真自体がおもしろくなくてはならない。

― ゲイリー・ウィノグランド ―





sheep117-blog4.jpg

1
Dearborn, Michigan 2010








Image0355-blognew.jpg

2
Boston 1976








T06pro058-blog3.jpg

3
Bedoin, France 2006








influence-blognew.jpg

4
Boston 1975








DSC_0048bw-blog2.jpg

5
Oakwood, Ohio 2008








Image0288-blog.jpg

6
Boston 1976








ysprings01-blog2.jpg

7
Yellow Springs, Ohio 2004








Image0353-blog.jpg

8
Boston 1975








Image0270-blog.jpg

9
Boston 1976








bostonbw0061-blog2.jpg

10
Franklin, Ohio 1987




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 猫の顔

自分が猫と暮らしているせいか、猫の写った写真には心惹かれます。
子供にだきあげられて困惑している黒い子猫もさることながら、
窓辺にきちんと足を揃えて座り、通り過ぎる若い娘さんをみている猫の「やれやれ。お行儀が悪いね。歩きながら食事するなんて」とでも言っていそうな佇まいが好きです。
パイシーズの写真は、記事の内容まで憶えているほど切なかったです。息子さんが家を出られてからずっと悲しそうにしていたこと、久しぶりの帰宅にうれションしちゃったこと等々 動物と暮らしてきた者の心に深く響く記事でした。
2015/07/10 [nico] URL #- 

*

動物と子供には勝てないって言いますけど、
ほんとにそうだなーと。
いちばん上のブルドッグと男の子の写真は鮮烈に覚えてます。
この子椅子の上に婆ちゃん座りしてるんですよね(笑)
ホームレスの女性と鳥。
太郎さんがいなくなって遠吠えしてるワンコ。
三人のお嬢ちゃんたちは確か近所の子達で今は何処にいるかわからないと書いてあった。
見上げたビルの窓にいる犬。これも胸を突かれる記事で忘れられません。
私も猫を飼っているせいか猫の写真にグッときます。

背中のサソリと豚の丸焼き・・これは覚えてないなー。


2015/07/10 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: 猫の顔

nico さん、

こんな形でまとめてみると、
動物を撮った写真って自分が思っていたより多いのに気がつきました。
先日終えた 「人のいる風景」 にもすでに数枚の動物が写っているしね。
私の場合、犬や猫の写真もただ 「可愛い!」 だけでカメラを向けることの無い理由は
冒頭のウィノグランド (私のお気に入りのストリート・フォトグラファー) の言葉が
ちゃんと説明してくれているようです。

わが家のパイ公も12歳となり、少しずつ年齢を感じさせるような言動?をするようになりました。
それでも毎朝、前庭の小鳥のエサ箱に群がろうとするリス達を追い散らすのを、自分の任務として、元気に走り回っています。
週に一二度、息子が訪れるともうメロメロです。
私の存在などなどもう目に入らず、彼らが濃密な愛のひと時を過ごすのを
私は黙って見ているだけです。(笑)




2015/07/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

上の nico さんといいムーさんといい
よくまあ他人のブログの古い写真や記事を覚えているものだと感心します。
著者にとってはこれほど感激すべきことはないんだけど
同時にちょっと恐ろしくもあります。
使い捨てのブログ記事だからといって、うっかりしたことは書けない… と。

豚の丸焼きは、ほら
野外パーティで出会った生意気な日本人女性と、洗面器をかぶせてヤル、というあの話。
思い出したでしょう。(笑)
サソリは何の記事だったのか、自分でも思い出せなくなっちゃった。
2015/07/10 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

サソリは、September30 さんのオタクの近くに、Yellow Springs という町があって、そこのフェスティバルで撮った写真ではなかったでしょうか? 実は、うちの娘、その町にある大学に一年間だけ通ったことがあって、この記事を読んだ時にびっくりしてコメントを残した記憶が。。。もしかしたら、以前のブログかもしれません。周りが黒かったほうです。だとするとコメントも消えていますよね。
いずれにしても、この町と、住んでいる人たち、好きでした。
2015/07/11 [けろっぴ] URL #- 

* Re: タイトルなし

けろっぴさん、

お嬢さんが Antioch College に通学された話はよく覚えています。
それだけではなくけろっぴさんご自身も、仕事でコロンバスにはよく来られてたんですよね。
ニューヨークで暮らしながら、そこまでオハイオ州に関係がある日本人は他に知りません。
Yellow Springs の町は家から車で30分、コロンバスへは1時間の近さです。
時期がずれていなかったら、ぜひお会いしたかったなあ。


最近体調がすぐれないと聞きましたが、だいじょうぶですか?
2015/07/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

娘が大学に入った時、ビーバークリークというところにあるモールで、寮で使う生活用品を買いに出かけた時、September30さんのお住まいの町は、こちらの方では?と思いながら運転していたのを覚えています。仕事では行ったことはないのですが、なにせ車がないとどうにもならない地域なので、運転ができない娘の為に、何回か行きました。その娘も、ニューオーリンズで高校教師を2年やった後、ボストンで学生をしています。なにかとSeptember30さんゆかりの町と関係がありますね 笑
体調は、もう大丈夫です。寄る年波には勝てませんが 苦笑 
ご心配ありがとうございます。
Septmeber30さんのようにテニスができたら楽しいし、健康の為にもいいのになぁと思いますが、球技はまったくダメで情けないです。。。
2015/07/12 [けろっぴ] URL #ok7oinrE [編集] 

* Re: タイトルなし

けろっぴさん、

体調が戻ったようで良かった。
けろっぴさんのことだから、ニューヨークという大都市で相変わらず、オペラやクラシックやジャズを愉しんでることでしょう。
それにお嬢さんもボストンならわりと頻繁に行き来ができるし
逆にけろっぴさんもボストンまで出かけているに違いない、と想像します。

私の健康対策といえば、週に2-3回のテニスと、自転車乗りと、犬の散歩、それぐらいのものです。
あとは、食べたいものは何でも食べて、飲みたいものは何でも(いくらでも)飲むという
健康オタクのけろっぴさんが眉をひそめるような食生活を続けていますよ。
いつかニューヨークで、ウサギの食べれるレストランに連れて行ってもらうのが、今から楽しみ。
2015/07/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

トラックバック:

>>>> http://blog1942.blog132.fc2.com/tb.php/850-a90d6355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)