過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

秋が深まる

T151009-05-blog.jpg

最後の2輪


秋がどんどん深まっていく。
今頃からハロウィーンにかけての数週間が、1年を通してもっとも気持ちの良い季節かもしれないと思う。 そのあとにはあの恐ろしい冬が、手ぐすねひいて待っている。 この時期には、家に居ても冷暖房を完全に切って窓を開け放したままにしておけるから、外の樹々を風がさわさわとわたる音が聞こえて、その風が室内に吹き込んで壁のカレンダーをめくっている。 外に出ても陽射しがずっと弱くなり、ひんやりとした空気が澄んでいるのを感じる。

毎日の犬の散歩にはいつの間にか幾つかのルートが決まっていて、どれを選ぶかはその日の気分しだいということになる。
自分の気分だけではなく犬の気分も尊重することにしているから、家を出たあと犬が引っ張る方へと歩き始めることも多い。
そんな幾つかのルートの一つに、このヒマワリ畑があった。
ヒマワリの花も数本だけならあちこちの庭に見ることができ、わが家の庭にも大輪のヒマワリが毎年1本だけぽつんと咲く。 ところが、この屋敷の庭には、長い柵に沿って数100本のヒマワリが群れをなして並んでいて、それが一斉に花を咲かせている光景は、この近所ではちょっとした見ものだった。

この日、久しぶりにこのルートを通ってみると、あの見事に咲き乱れていたヒマワリの群がすべて枯れて、黒ずんだ茎だけになっている光景を見てがっかりしてしまった。
そうか、夏はもう終わったんだ。 と今更のように季節の移りを感じながら、荒れ野を思わせる枯れた植物群に沿って歩いている時に、この2輪の花が目に留まった。 仲間がすでに逝ってしまったのを知りながらそれでも可憐に、懸命に、咲き誇っている風情に胸を打たれた。
僕はそのまま家に取って返すとカメラを持ちだして来たのは言うまでもない。


その2日後に同じ場所へ帰ってみると…
あの2輪のヒマワリは跡形もなく消えていた。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

なんだか、急に寒くなって来ました。
振り返れば昨年も10月中旬にはストーブが欲しくて、部屋の中でも冬の格好で過ごしていたことを思い出しました。

幸い、今のところは火鉢でなんとかやり過ごしていますが、今晩は火鉢ではちょっと部屋が暖まらない感じです。いよいよストーブのお世話にならないと行けないかもしれませんが、薪が減ることを思うとできるだけ使わずに行きたいんですけどね〜。
2015/10/17 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

またまた冬の到来ですね。
しかしこの地域にどんどんと溶け込んでいくご夫妻を見ているといつも感心してしまいます。
僕ならたぶんこうはいかないな、とね。
僕のような 「人間嫌い」 には、都会の生活のほうが向いているのかもしれません。
2015/10/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

Septenber30様、
こちらは、今夜から日曜日まで、気温が急激に下がり、最低気温マイナス3度になる予報が出ています
ひまわりの写真、なんだか、最後の最後まで頑張って、踏ん張って咲いている様に感じて、そのお写真を撮影されたSeptember30様の鋭い感性に感激してしまいました。
ここのところ、毎日テニスを2時間近くプレイしていますが、ダブルスのメンバーが、もう大変お元気な壮年熟女達で、その一人の女性が、朝、水泳をしてから、テニスをしにやってきて、その後は、乗馬を楽しむという、未亡人の欧州女性。もう、勝つことにすごい執着していて、私が一番、年齢が若いのですが(テニス歴もです)もう、彼女が、パートナーになるたびに、叱られる、叱られるで、そのおかげで、勝つことはできるのですが、もうドーーーッと疲れてしまいます。昨日、気がついたのは、この女性は、私だけじゃなく、78歳の女性にも『そんな、ストロークでは、ダメよ。こうするのよ。』って、叫んでいて、なるほどなー。って思いながら、観察していたわけです。テニスは、やはり、とてもお上手で、テクニック、スキール、グランドストローク、あの年齢で、バリバリの現役です。お若い頃は本当に、すごかったんじゃないかって思うような女性です。
そんな、彼女が、お水を飲んで、みなさんと休憩していた時に、蜂が数匹やってきて、お水を飲もうとしていたんです。この鉄人82号(28号ではなく)みたいな女性が、蜂達のために、お水を飲む場所を作っていた時に、コートの上では、大変な負けず嫌いの鉄人82号ですが、こーゆう優しい、細やかな心を持った女性だってことを、知ることができて、人間って、やっぱり意外性を持った生き物なので、面白いなー、っと思い、好意を持てるようになりましたが、その後に、またゲームがスタートした時に、『あなた 、本当にわかっているの?』って叱られてしまい、考えを改めてしまった(笑)
おそらく、来週はクレーコートで、まだ暖かいテニスウエアーをきて、テニスができると思いますが、そのあとの週は、難しくなる。まるで、この2輪のひまわりのように、私達も、枯れ始めながら、テニスを楽しんでいます。
素晴らしいお写真と文章です。冬が、もうそこまでやってきているのを感じます。


2015/10/17 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん、

こちらも朝晩は寒くなってきましたよ。
外でのテニスもだんだんできなくなりますね。
僕も数年前までテニスクラブに属していて、1年中を通して毎週1回はシングルスのトーナメントをやっていました。
夏はクレー、冬はインドアのコートで、しかも僕が入るべきシニアの部門にはダブルスしかないので
レギュラーの部門で若い連中とやっていました。
それが数年前にちょっと不快な事件があって、20年も在籍したクラブを数人一緒に抜けてからは、
冬にはまったくラケットに触る機会がなくなった、というわけです。

さいわいこのところ天気が良い日が続いているので
息子を誘って近所の市営コート(車で5分の所に2カ所ある)でボールを打っています。
これは試合などじゃなくて、もうがむしゃらに打ち合うだけのエクササイズですが
休みなしに1時間も打つと僕はもう動けません。(笑)

雪が降るまではまだ当分できそう。

2015/10/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

そう、「人間嫌い」については自分でも意外な面がありました。自分は子供の頃に小学校の絵の先生に「人間嫌いになる」といわれたことがいつまでも頭にあって、自分でもそうなのかなと思っていたので、田舎暮らしの人付き合いにはちょっと心配していました。

ところがこちらに来てわかったのは、「人間嫌い」じゃなくて、人見知りってのもありますが、ただ「人の好き嫌いが激しいだけ」だったようです。

今のところは身の回りの地元の方達ともうまくいっているようで、特に80台の女性には初対面でもなかなか受けが良いようで助かっています。なんせ、ここでは「若い人」ですしね。(^^)
2015/10/17 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

確かに若いという理由で可愛がられるというのはありますね。
僕も40代後期になってアメリカで初めて会社勤めをした時に
同僚、というより先輩の営業部員が二人とも60代のベテランで
まるで息子のようにして面倒を見てくれたことを思い出します。
お互いに同年輩ならたぶんああいうことは無かったでしょう。
二人ともすでにこの世の人ではありません。

川越さんに言われて気がつきました
僕自身 「人間嫌い」 じゃなくて人見知りなのだと。
2015/10/18 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

まだ咲いてましたよー!ひまわり。
今日、隣の駅だけどあまり行かない駅のそばに、
完璧な形で咲いてるひまわりと遭遇。
数本並んで揺れていてみとれました。
そう、この写真とそっくりでした。

こちらは秋が深まったと言っても20度ぐらいの気温です。
お日様がキラキラしてとてもいい秋です。
2015/10/22 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

おー! まだ咲いてましたか。がんばってるなあ。

花のことにはとんと疎い僕ですが (それはもう知ってるよね)
なぜかひまわりが好きなんですよね。

ひまわりは 金の油を 身にあびて
ゆらりと高し 日のちひささよ 

の前田夕暮の歌が子供の頃からずーっと心に沁みついてるみたい。

こちらも 「いい秋」 の言葉がぴったりの季節です。
この言葉って、冬でも夏でも春でさえもなく
秋にだけ冠する形容詞みたい。
2015/10/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント