過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

動物好きの絵描きさん 25 カーディナル

T151101-03-blog3.jpg

雪の中のカーディナル 2015
By Green Eyes


カーディナルは、日本でフィンチと呼ばれる小鳥のことだ、と長いあいだ思っていたんだけど、調べてみるとどうもそうじゃないらしい。
英語では cardinal と finch の両方の名があって鳥類としてもそれぞれ別の科に属してるみたいだ。
ウィキペディアを見ると、カーディナルは北米と南米にしか見られず、フィンチは世界中に分布している、と書かれているので、
日本にはフィンチはあってもカーディナルと呼ばれる小鳥が見つからないのはそれが理由なんだ、とようやく分かった。 英和辞典で cardinal を引くとフィンチと出てくるのはあれは正しくないんだな。

フィンチならわが家でも以前に飼っていたのを思い出した。 あれは一昔前のボストンで、日本人の製図家のY君がフィンチを何十羽と飼っていて、その中の数羽をうちの子供達にプレゼントしてくれたことがあった。 そのあとボストンからデイトンへと引っ越した時には、鳥籠に入ったフィンチは車の後部座席で子供の膝に乗せられて一緒にやってきたんだけど、そのうちになにか悪い病気にかかって、1羽づつ死なせてしまい結局ぜんぶ死んでしまった。

フィンチは雀よりも小さくて可愛い小鳥なのにくらべると、カーディナルはずっと大きい。 それに色もずっと華やか。 とくにオスのカーディナルはその鮮やかな赤で、遠くからでも判別できる。 というのは、わが家の前庭の楓(かえで)の木に下がっている餌箱に毎朝やってくるからだ。 何十羽もの雀やシジュウカラ、キツツキ、などの一群に混じって、いつもペアのカーディナルが、起き抜けのパジャマ姿のわが Green Eyes がエサを与えに玄関から出てくるのを待っている。
ところが、彼女がエサを箱に入れた途端にまずやってくるのはリスだった。 そのとたん、小鳥たちはパッと空に散って周りの樹の枝に留まり、恨めしそうにこの無礼な侵入者を眺めている。 わが Green Eyes が手を叩いでリス達を追い払っても、彼女が家に入ってしまうとまたすぐに戻って来て忙(せわ)しなくエサを漁る。
その無法者達を、樹の下から上を見上げて大きく吠えて追い払うのは、うちの犬のパイシーの役目となっている。 小鳥達にとってのパイシーは無力な弱者の味方、正義の番犬の役割を果たしている。

この楓の下には、冬になって雪が積もると近所の森から出てくる鹿が、地面に落ちた鳥の餌のおこぼれにありつこうと、毎夜のようにやってくるんだけど、その雪も今年はまだない。
今夜のテレビでは、コロラド・スプリングの町の婦人科診療所 (Planned Parenthood) に押し入って数人の人質を射殺した中絶反対者が、警察に逮捕されて、降りしきる雪の中を連行されていく映像がニュースに映しだされていた。






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/30 []  # 

* Re: URLのFeeder

鍵コメさん、なぜ非公開? (笑)

なるほど、リス除けのフィーダーなんて便利なものがあるんだね。
でも容量が2ガロンとは僕の女房には大きすぎるんじゃないかな。
というのは
彼女は大量のエサをでんと置かないで
毎朝の日課として少しづつ与えるのが好きみたいです。
そのせいか、日中は見ることのない小鳥達が
朝のその時間にはたくさんやって来て彼女を待っていてくれるのが嬉しいみたい。
そんな形で動物と心を通わせているのだと思えば、それもわかるようなきがします。
でも知らせてくれてありがとう。
2015/11/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

鳥のえさ場を作るとそういう楽しみがあるんですね。以前、庭のザクロにメジロなどがよく来ていましたが、毎朝集まって来るって楽しそうです。小鳥の場合はこうして餌をあげてもあまり影響がないように思えるのはいいですね。

話しは違いますが、北海道ではキタキツネの飛び込み自殺が多いという話があって、なんのことかと思ったら・・・車からキツネに餌をあげる観光客が多く、道路脇で車をじっと待つキツネが多く、車が来ると餌がもらえると思い飛び出して来て跳ねられるそうです。

こういう話しはやりきれない思いもありますが、エキノコックスのいるフンをそこかしこにばらまくキツネは、地元では迷惑な害獣という意識も強いらしいです。鼠を捕ってくれるならまだしも、それをしないで車を待っているんじゃって気持ちでしょうけど。でもいまさら改善は難しいでしょうね。話しがすっかりずれてしまいました。
2015/12/01 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

女房がエサをやりに外にでるのが時々遅れたりすると、
ピーチクパーチクいっせいにさえずって、催促するようです。

うちの近所には狐はいないけど、狸ならいますよ。
狸は夜行動物なので昼間見かけることはほとんどないけど
それでも時々、寝ぼけた狸がのそのそと歩いてるのを見たことがあります。
夜中に畑や花壇を荒らしたり、残飯を求めてゴミ置き場の缶をひっくり返したりするので
これも住人には迷惑な動物です。
2015/12/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 師走です。

昨日から、ハンテイングシーズンがスタートしました。そちらは、もう始まっていますか?
州によって違うようですが、、、、、、。
数年前に、我が家のバックヤードでスカンクを見かけました。あれには、正直驚きましたね。
奥様、小鳥の世話でお忙しく、でも、楽しんでいらっしゃるようですね。そう、あのリス達は、たまったものではない。我が家は、鳥に与える餌は諦めました。でも、その代わりに、リス達にピーナッツを与えています。そうすると、最近、カラスの軍団がやってきたので、それも、休憩しています。

ところで、コロラドのスプリングの町で起きた事件。私が思うのは、こーゆう人たちを、テロリストと呼ばないのはなぜか?白人のテロリストだと思うのですが。白人だからってことで、テロリスト扱いされないのでしょうか?

2015/12/02 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* Re: 師走です。

キャットラヴァーさん、

僕の周りにはハンターがいないので、ハンティングシーズンがいつ始まっていつ終わるのか
全く気にしていなかったんだけど
先週の感謝祭の集まりに、よそから貰ったという鹿の肉が並んでいたのを見ると
シーズンはもう始まってるのでしょう。
義弟が料理した鹿肉は、あの独特の臭いをうまく消していて
なかなか美味しかったです。


nico さんへの返信にも書いたようにコロラド・スプリングの事件は
間違いなくドメスティック テロリズムなんだけど
プロライフ(中絶反対)= 共和党、という公式がすでにできあがっている中で
事件後に発言を求められた共和党の大統領候補はそろって苦しい言い訳をしていましたね。
中でもテッド・クルーズが、「共和党とは関係がない。現にアメリカの犯罪者の大半は民主党支持者だ」
などと、とんでもない事を言ったのには唖然としてしまいました。
僕は彼にも「危険人物」のレッテルを貼っています。


2015/12/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

鍵コメです。
小容量タイプもあります。
鍵コメにしたのは、特定商品の宣伝になっちゃうかなと思ったからなのです。
Amazonでなくとも、Ketteringのトレーダー・ジョーズのモールの筋向かいの鳥関連グッズ専門店でもあるのでは?
2015/12/03 [わに] URL #- 

* Re: タイトルなし

わにさん、

なるほど鍵コメにしたのは立派な理由があったんだ。
うちのすぐ近所に鳥関連の専門店があったなんて知りませんでした。
となり町の人にそれを教わるなんて恥ずかしい話です。
さっそく行ってみましょう。
2015/12/03 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント