過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

静かな夜のこと

T151213-05-blog.jpg

Dayton, Ohio 2015


クリスマスまであと10日というのに、今日は思いがけず暖かい日となった。
昼間は青空を白い雲が悠々と流れて気温は18℃ まで上がった。 こういうのを小春日和というのだろう。 日が落ちてあたりが暗くなった頃、2階の窓から外を眺めると、近所の家々にはクリスマスのイルミネーションが灯されて、中にロウソクを点けた紙袋がきれいに道沿いに並んでいた。

この平穏無事な光景を写真に撮りながら、僕の頭の中にはコルトレーンのソプラノサックスが流れ続けていた。 そして撮った写真を改めて見てみると、平和なクリスマス風景というよりも、何となくこの世の終焉という不気味さを感じてしまったのは、先ほど見た悪いニュースのせいかもしれない。 ダマスカスではロシアの爆撃で50人が死にその中には子供もいたというし、フィリピンの沿岸では前代未聞の台風が吹き荒れているという。 それだけじゃない。 世界一安全な国と思われていたアメリカにも、テロリストの魔手がまちがいなく伸びていることがはっきりとわかってしまった。

僕が20代のころ、東京で聴いたコルトレーンの同じバラードは甘い恋の歌だったというのに、今の僕の耳にはこの曲は、世界の不幸を弔うレクイエム(鎮魂歌) のように響いた。


John Coltrane
"Say it"





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

September30様、
こちらも、ただいまの気温は18度です。でも、空が曇り始めて、もうすぐ雨が降ると思います。
この気温は、記録を更新した様です。
クリスマスが来るというのに、春の様な天候です。
私達は、クリスマスはここで過ごすことに決めました。NYは、ちょっと不安なので、もう少し様子を見てみます。
私のお気に入りのY子さんも、パリは逃げたりしないのだから。って友人に言われて、パリが恋しいようだけど、じっと我慢しているようです。私は、NYが大好きだけど、彼女のように、いま少し、待ってみようかな?って思います。
しかし、米国に住み始めて20年以上ですが、こんなに暖かく、雪がない冬は初めてです。

お写真、とても綺麗ですね。最近、夜になると、車でクリスマスのイルミネーションツアーを楽しんでいる人々を見かけます。
嫌なニュースばかりなので、人々の喜ぶ様子、楽しんで写真を撮っている様子を見かけると、心が和みます。
どうか、世界が平和に2015年を終えることを、クリスマスのイルミネーションを楽しみながら、願っています。
素敵なお写真を、ありがとうございます。

PS:雨が降ってきました。
2015/12/15 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん、

クリスマスのイルミネーションも年々少しずつ寂しくなってきてるような気がするのは僕だけだろうか?
僕の家では派手な装飾を嫌って、昔から玄関前の木立に白の豆電球を巻きつけるだけ。

わが町の大通りは、12月に入ると中央分離帯の芝生の両側に白い紙袋にロウソクを灯したものを
1メートルおきに延々と何ブロックにもわたって並べるので
それはきれいな光景です。
ところがきのうのように雨が降って風が強かったりすると
灯が消えるだけじゃなく、濡れてぺしゃんこになった紙袋が道に散乱していました。
今朝は市の作業員がそれをすべて回収して新しく紙袋を設置しています。
そうじゃなくても毎晩すべての灯を点けて回るわけだから
なんともまあ原始的なことをやるものだと感心していまいます。

上の写真の左端の家のように、
プラスチックの筒に電灯をつなげばずっと簡単なのにね。
写真の他の家はこれも紙袋にロウソクなので
雨が振るといちいち袋を回収していました。


2015/12/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

紙袋にロウソクですか?
倒れて燃えないか気になります。
ふと灯籠流しの光景が浮かびました。
あれは河や海に流すから心配いらないけど。

日本も今年は暖冬です。
クリスマスにはとんと縁が無い年になました(笑)
2015/12/16 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

そうそう、灯篭流しの光景を思い浮かべてもらえばいいでしょう。
紙袋といってもちゃんとそれ用に作られたものらしく
底に重石がついていて倒れないようにできてはいるようです。
風でも吹けば簡単に燃えちゃいそうだけど、今まで燃えているところを見たことはありません。

アメリカの家庭でも、クリスマスは子供のためというのが多いようで
子供達が成人してしまうとずっと簡素になります。
うちでもクリスマスツリーがどんどん小さくなってきました。
2015/12/17 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

September30様、
なんだかお忙しい様ですね。
私は、昨日、テニスを2時間楽しんできました。平均年齢70歳のグループですが、みなさん、本当にお上手です。結果は、6−4、5−7、2−6で負けてしまいました(笑
私、ようやく19歳になりました(笑)
こちらは、とっても冷え込み、気温は、マイナス2度となっております。
そちらは、もう少し冷え込んでいるのでは?ファイナル試験も終了して、学生達は、クリスマス休暇のために、それぞれの家族の元へ帰省。
街は、ひっそりとして、大好きな時間です。学生が不在なので、灯が暗く、その分、クリスマスのイルミネーションが、美しい。
太郎さんが、引っ越しされたことを、ブログを読んで知りましたが、クリスマス休暇には、戻ってこられるのですよね。お綺麗なお嬢様も。
ラブリーな奥様の母上(マーサさんでしたよね)の、容態は大丈夫ですか?
このブログから、アットハートな家族愛を感じます。あと五日で、クリスマスです。
私達はここでクリスマスを過ごし、義父母が、NYからやってきます。主人の弟の息子、つまり、私の甥っ子ですが、めでたくコーネル大学に入学が決まり、盛大なお祝いをする予定でしたが、クリスマスは、彼の奥様の実家へ行くことになり、ニューイヤーイヴまでお預けとなりました。
外国に住んでいると、家族って本当に大切です。

ところで、トランプの野郎(失礼)が、数週間前に、とんでもないことを発言しましたよね。我慢していましたが、コメントさせていただきます(笑)日本人収容所のあの発現。イスラム教徒を、日本人を収容所に入れたみたいに、同じことを提案する。ってね
恐ろしい発言です。
2015/12/21 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* 追伸

我が家は、長男が3歳くらいで、クリスマスツリーの購入を諦めました。
理由は、2つ。当時、2匹の猫がいまして、クリスマスツリーに登ったり、ガラスでできたオーナメントが揺れるので、それが楽しくって壊されてしまったこと。
もう一つは、クリスマスが終わった後に、クリスマスツリーを処分することに、ためらってしまいました。自然を大切にしたい。っと考える、科学者の一家で育った主人と私は、結局、子供達に宗教も教えていないし、クリスマスツリーを購入する金額を、ある財団法人に毎年寄付することに決めて、続けています。
ちなみに、娘が幼稚園の時に、イエスキリストを知らなくって、『イエスキリストって、誰?』って、非常に信仰深い娘のお友達のお母さんに発言してしまって、このお母さんが、フリーキングアウトしてしまって、私に『お嬢さんを、教会に連れて行かなければいけない。』って詰め寄ってきた事件がありました(笑)
米国って、欧州以上に宗教重視っと考える人が多いと考えるのは、私の思い過ごしでしょうか?
ムーさんのコメントの返信を読んで、懐かしいエピソードを思い出してしまいました。
2015/12/21 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

19歳のキャットラヴァーさん、

僕のテニスは来年の春までお預けになりそうです。
長年会員だったテニスクラブを、経営方針に対する不満から辞めてしまったあとは
インドアでテニスができる場所を失ってしまいました。
町の南端には別のクラブがあるんだけど、
ちょっと遠すぎて通うのが億劫なのです。

義母の様態を訊いてくださってありがとう。
このところストロークもなく平穏な状態が続いています。
具合の良い時は歩行器につかまって歩いたりできるほどになりました。
彼女の入っている施設は、昔大病院だった建物を assistant living のアパートに改装したもので
医者や看護士が施設内に常駐しているだけでなく
レストランやバーやゲーム場、小さな映画館までそろっている上に
高台に建つこの建物のベランダからは、町が眼下に見下ろせるという
なかなか快適な生活状況です。
子供達がすぐ近くに住んでいるので頻繁に訪れているようです
日曜日など、孫を同伴した家族の訪問がぶつかって
広くない部屋がいっぱいになるのは、ラッキーなお祖母ちゃんですよね。
同じ施設内には、誰も訪問者のない寂しい高齢者も多いのですよ。
2015/12/21 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

お祖母様の容態が、平穏な状態が続いていることを知り、ホッとしました。
義父母の親しい友人夫婦が、仲良く施設に入っています。夫人は、痴呆にかかっていて、夫君は、両足を失って、車椅子生活。
話を聞くと、費用のこと、お嬢様2人が施設に来られない場合は、義父母が、プリンストンまで行き、彼らのコンドミニアムのチェックや、施設を訪ねたりしています。義母は、現役の心理学者、義父は、大学教授でしたが、リタイアしました。彼らは、それなりに忙しいのですが、月2回ほど、友人夫婦のために、ウエストチェスターからプリンストンまで通っています。やっぱり、友人夫婦を、孤独にさせたくないから。施設の環境は、患者にかなり影響を与えます。マーサグランマは、本当に家族から愛されて幸せな方。フロリダの結婚式のお写真で、グランマと太郎さん(本当にいい男ですよね。私好み)が一緒に写っていた写真、大好きです。あの結婚式シリーズ良かったです。
家族って、本当に良いものです。幸せな家族写真を、そして、幸せをおすそ分けしてもらった感じです。
ありがとうございます。

最近のSaturday Night Live、ご覧になられましたか?家族で、大爆笑!!
久しぶりに、大笑いしました。
2015/12/22 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん、

義母の入っている施設は社交がなかなか盛んで
お互いの部屋を訪ねあったりカードやビリヤードの仲間がいたりして
前に自宅にいた時のほうがずっと孤独だったようですよ。
先日など、久しぶりにショッピングに行きたいと義母が言うので
女房が外へ連れ出して数軒の店を回っていました。
クリスマスで混雑する店内を歩行器で歩くのは大変だったろうに
義母なりに楽しんだようです。

Saturday Night Live を見る習慣はわが家ではいつの間にか無くなってしまいました。
以前は欠かさず見ていたのにね。
2015/12/22 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント