過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

申年の女

T160102-3 -blog3

2016年 元旦のマヤ



クリスマスから正月にかけてマヤが帰って来た。
こうして家に帰って来たのは2012年のクリスマスが最後だったのを思い出すと、3年ぶりの帰省ということになる。
それなのに、すごく久しぶりという気があまりしないのは、去年の6月にマヤの住むピッツバーグまで家族全員、といっても女房と息子の3人で押しかけて数日を過ごしたから、顔を見るのは半年ぶりというわけだし、ふだん電話やメール、フェイスブックなどでしょっちゅう家族間の交信があるせいだろう。

そのマヤが、申年の今年は年女だと気がついた。
9月には36歳だと? なんとまあ年増になったものだと驚く。
世間並みに言えば結婚して子供があっても不思議ではない歳なのに、いまだに独身なのである。 まわりに男友達を多数に持ちながら、そしてその中にはマヤを本気で好きな男性が幾人かいるらしいのに、恋愛や結婚の気配がまったく無いようだった。 その理由を本人に訊ねたことはない。 彼女が過去に経験した2つの恋愛がそれぞれ別の理由で悲劇的な結果に終り、それで彼女が大きく傷ついたことは、父親の僕にはよくわかっていたから。
今ではマヤは、多忙な仕事に没頭しながら、多くの友達に囲まれた私生活を楽しんでいるらしく、その幸せそうな顔を見るのは、父親としては嬉しいことだった。



Scan-110212-0009-blog2.jpg

4歳の誕生日のマヤ





ところでそのマヤは酒に強い。
元旦の夜、家族で食卓を囲みながら話が酒のことになった。
お父さんが酒が好きなのは理由があるんだよ。 と僕が昔話を持ちだす。
あれは確か僕が10歳のころ、一族郎党がそろって団体を組んで汽車に乗り、隣町の松江市で催されていた大きな博覧会を見物に行ったことがあった。 その時どこかのレストランで昼食をとった時に大人たちが酒を飲み始めた。 僕の臨席にいた父が、飲んでいた生ビールのジョッキを僕の前に押しやると、「一口だけ飲んでみるか?」 と言った。 うん、と答えて僕は重いジョッキを両手で持ち上げて、ゴクリと喉を鳴らして飲み込んでみた。 そして、世の中にこれほど美味なものが存在するものなのか、と子供心に驚嘆してしまったのである。

この話を聞いたマヤが
「そういえば、お父さんは私が6つの時にスコッチを私に飲ませたのよ」 ととんでもない事を言い出した。
母親が外出して僕とマヤとが2人きりでいた時に、僕が飲んでいたスコッチのオンザロックを、アップルジュースだよ、と言ってマヤに少しだけ飲ませたという。 それがあまりにも美味しかったのでもっと飲みたかったのに、僕はダメダメと言って飲ませなかったそうだ。 その代わり、それ以後は同じことが数回起こったという。
僕にはまったく記憶に残っていない話だったが、そばで聴いていた女房が 「あなたまあ、なんて事を…」 と非難の眼でこちらを睨んで絶句している。
僕は僕で30年ぶりに明るみに出た秘密に、なんという父親だったのだろうと我ながら呆れていた。
そうか、自分の父親が僕にしたことを、知らないでそのまま自分の子供にやっってたんだ。 僕はそのままアルコール依存症になってしまったのに、マヤはそうはならなかったのはありがたい。 どうか酒にも男にも強い女になってくれよ、とこれは言葉に出さない心のなかで父親の僕が念じた2016年元旦の祈願だった。


マヤに起こったいくつかの不幸せなことは、ずっと以前、『娘への手紙』 に書かれている。



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

新年おめでとうございます。
とても素敵なお嬢様ですね。
未婚だったらと思いますが、まあ相手にもされないでしょう。
2016/01/04 [上海狂人] URL #ks8IdFps [編集] 

*

あ、そうか。
しばらくブログの更新がなかったのは、美人に夢中になっていたからですね。

年齢とか世間一般の適齢期とか、そんなものを超えて益々魅力的に自由になっていく女性が稀にいますが、彼女もそうなのでしょう。

飽きっぽくて何事も長続きしない私ですが、September氏のブログは見続けていくつもりです。
今年もよろしくお願いいたします。
2016/01/04 [micio] URL #jVlIW/7k [編集] 

* 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/04 []  # 

*

マヤさんの笑った顔の写真、
そういえばあまり見たことが無い気がします。
この写真は肩の力が抜けてとてもいい表情。

親心って娘が結婚しないと落ち着きが悪いものなんですね。
分からないでもないけど、
友人達にもしこの次生まれてきたら結婚する?って聞くと、
たいてい「しない」って言います。
不幸な結婚をしたわけじゃない人もです。
仕事があって男友達たくさん持ってればそのほうがずっといいと。

マヤさんそのとおりに生きてますね。
とても賢い!



2016/01/04 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

上海狂人さん、

明けましておめでとう。
相手にされるかされないかは、当たって砕けろでやってみなければわからない。

ところで…
会社で隣席のA美さんとの情事はどうなったのかと、気がかりです。

2016/01/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

micio さん、

新年おめでとう。
今年も一緒に楽しくやりましょうね。

いわゆる結婚適齢期というやつ。
アメリカではどんどんと遅くなっていってるのは日本も同じかな。
そのいっぽう、高校大学で付きあったスイートハートとそのまま結婚するというケースが
相変わらず多いというのは、日本じゃあまりないような気がするんだけどどうだろう?
(そういう僕自身もそうだった)

男遊び(男性なら女遊び)はどんどんやるべし。
僕から見ると、年増でしかも独身とくればそれだけで抵抗できない魅力です。
2016/01/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

鍵コメ? さん、

非公開にすると言いながらそうはなっていなかったこのコメント、
ちょっと迷ったあげく、承認しないことにしました。

2016/01/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

本当に嫌な人ですね(笑)
良く覚えてましたね。
ワタシの生活の半分に影響するようなことがありました。
もしかすると今の生活を投げ打つことになるかもしれませんでしたが、あることで一切口を聞いてもらえなくなり、一時は発狂寸前でしたが、今の生活を守ることができました。
それが良いか悪いかわかりませんが。いつか話しを聴いてください、
2016/01/04 [上海狂人] URL #ks8IdFps [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

そうそう
あの子は子供の頃はそんなことはなかったのに
いつからか 「笑わない女」 になってしまっていました。
それが、ここ数年は忘れていた笑顔を取り戻したようで親としてはとっても嬉しい。

マヤがいまだに結婚しないのがまったく気にならないのは、僕も女房も同じ。
ましてや、「孫の顔が見たい」 なんて台詞は、ひっくり返っても僕らからは出てきません。

この次生まれてきたら結婚する?
僕にも訊いてよ。

答えはノー。

2016/01/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

上海狂人さん、

へー、そんな大変なことがあったとはつゆ知らず、何気なく訊いてしまったんだけど
もともと狂人と呼ばれる人が発狂したらいったいどうなるんだろう? 
上海仙人さんにでもなるのだろうか?
「あること」 で嫌われたとは、いったい何をしたんだろう?
などと質問が尽きないです。(笑)
いや笑い事じゃない。
今すぐにでも帰国して話を聴きたい気持ちです。
2016/01/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/01/05 []  # 

* 新年あけましておめでとうございます

年明けに、こんなに美しいお嬢様のお写真を拝見できるなんて。今年は、ついています(笑)マヤさん、仕事に忙しいって、素敵なことです。私自身、結構遅く結婚しているんですが、主人とは、ご縁があったってことと、タイミングがあった。2人共、初婚。晩婚ですが、幸せです。きっと、マヤさんも、タイミングとご縁が重なった時に、素敵なパートナーと出会うことがあるはず。それまでは、自分の好きなことをすることが一番ですよね。
4歳の頃のマヤさん、あどけない無垢な感じで、幸せいっぱいって感じですね。
抱っこされているワンちゃんは、マヤさんの大切な人ですか?(笑)
今年も、ブログを楽しみにしています。

私、これからテニスを楽しんできます。今夜は、宿敵の74歳の女性たちと対戦してきます。
もうすぐ、全豪テニス大会が始まりますね。
2016/01/05 [キャットラヴァーURL #mQop/nM. [編集] 

* Re: 新年あけましておめでとうございます

キャットラヴァーさん、

新年おめでとう。今年もよろしくね。

ご自宅のパーティでマヤの写真を、ブラジルから来た人達に披露して頂いて
皆さんから賞賛の言葉があったということですが
たぶん、なにこの人? アメリカ人? 日本人? と不思議な気がしたのかもしれません。
この子は仕事の合間には熱心にエクササイズに通ったり、友達と遊んだり
野球シーズンには大ファンであるピッツバーグ・パイレーツを観戦にいったり
忙しく楽しくやってるようです。
プロ野球にまったく疎い僕には名前を聞いてもピンとこないんだけど
パイレーツの数人の選手たちとも交友があるらしい。

マヤは子供の頃から神経が図太くて自立心があり、放っておいてもちゃんと生きていけるという安心感が
親の僕達にはあります。
それにくらべると息子の方は…








2016/01/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

今更ですが、新年おめでとうございます。
すっかりご挨拶が遅れました。なんて書くとまた他人行儀と怒られそうですが・・・。

ところでマヤさん、サルなんですね〜。私もです。サル仲間です(^^)
今年の新潟は雪が少なくて、まだ屋根にもほとんど積もっていません。でも今後1週間はずっと雪の予報ですから、そろそろ雪国の本領発揮かもしれません。

とはいえ、私は年明け早々に今年も出稼ぎで、相棒は1人で頑張ってます。雪がないので今年はストレスもないようで、その点安心はしています。それに今週末には戻ることが決まっています。

それで、東京に来ているのを良いことに、先日上海狂人さんと飲んできました。お目にかかってビックリ!まるで別人のように痩せていました。もしや会社の女性との間に起こったもめ事で・・・と勝手な邪推をしたのですが、実際はランニングの成果だそうで、ほとんどランナーと評価しても良いくらいの練習量でした。

たぶん私が自転車で月に2,000キロオーバーの距離を走っていたのと同じような感覚じゃないかと思うのですが、どうなんだろう?ともあれ、よけいな想像をした自分がちょっと恥ずかしくなるような健全な生活を送っている上海狂人さんです。すっかり人ごとのネタでコメントしてしまいました。

ということで、今年もよろしくお願いいたします。今年のクイズは気持ちの良い結果で始めたいものです。(^^)/
2016/01/11 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

こちらこそ、遅ればせの新年おめでとうです。
今年もどうぞよろしく。

新潟は今年は雪が少ないと聞いてまず最初に思ったのはなんといっても
昨年はいやというほど雪と対処された奥方のことです。
いくら雪国の暮らしが好きとはいえ、愛する夫が東京に出稼ぎに行ったあと
深い雪に一人ぼっちで閉じこめられて、寂しくも健気に家を守る女性の姿に
僕ははらはらと涙をこぼしました。

こちらも暖冬だなんてのんきなことを言っていたらこのところいきなり寒くなって
今朝は零下15℃ まで気温が下がりました。


そうですか、上海狂人さんと飲んだのですね。
以前の彼のコメントに、たしか体重を30キロとか減らしたいと書いてあって
ええっと驚いたのを思い出しました。
その頃の僕は、5キロ減らすのに躍起となっていた最中だったから。
1時は76キロまでいったんだけど、鏡に写る自分を見たら顔も身体も皺だらけになっていくような錯覚がして
これはまずい、と結局また80キロまで増やしました。
今後はこれを保持するつもり。
どうやら僕はちょっぴり豊満気味のほうが健康らしい。

申年の川越さん、
そちらの森には猿はいるのかなあ。
2016/01/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 謹賀新年:年頭は、梟にペンギンの画像紹介です

9月様:謹賀新年
 今頃1月12日にもなって----と躊躇っていたのですが、昨日にも堂々と年賀の挨拶をしている豪傑が居らっしゃるのを拝見。遅蒔きながら、新年お目出度う御座います。今年も、面白い話題に、一捻りも二捻りも利いた文章を期待しています。
 お元気で。

 2年前、常連投稿者を梟に擬えた記事がありましたね。私も、深山幽谷の森の奥深く棲息する「何とか梟」の渾名がついておりました。で、その際、ネット上で見つけた野生の梟画像があります。

 北海道の森に棲む「哲学者」なのだそうです。御関心あれば、以下の【】内の要素にて検索なさってみて下さい。

【ほのぼのノリかめ日記、森の哲学者、2015/02/09】

9月氏が紹介していた梟とは種類が明らかに異なりますが、こちらは「野生の蝦夷梟」だそうです。

 奥さまが大層な動物好きな様ですね。今、話題を呼んでいる「旭山動物園のペンギンの散歩」を撮影した写真が、同じサイトに掲載されています。それは、北海道旭川市の郊外に在る旭山動物園の名物行事で、冬場の観光名物となっています。検索要素は、以下の通りです。

【ほのぼのノリかめ日記、ペンギンの散歩・旭山動物園】

 同動物園の公式サイトにも紹介記事が掲載されています。探せば、動画共有サイトにも、この「雪道の散歩の様子」が撮影され、掲載されているのでは?
 御関心をお持ちの際は、自己責任にて検索なさってみて下さい。成功を祈ります。
2016/01/12 [Yozakura] URL #Y2lB8pKc [編集] 

*

>September30さま
はらはらと涙を・・・ってのがなんともウソっぽくて良いですね。(^^)
でも頑張ってくれたのは確かです。噂では冬の雪にめげていなくなったご主人の話しも耳にしているので、やっぱり相当きついんでしょうね。今年はまだ積もりません。ドカ雪よりは徐々に積もってくれた方が良いんですが、どうなっているんでしょう?でも10年くらい前にもこんな年があったそうです。

サルですが、うちの回りでは見ないですね。シカもいません。いるのはクマと猪、カモシカにタヌキ、ウサギくらいのものです。この中で見たのはウサギとタヌキだけなんで、あまり動物が多い感じがないんですよ。家の前にも足跡はたくさんあるんですが、ほとんどウサギですね。ウサギ鍋、やりたいなぁ。
2016/01/12 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: 謹賀新年:年頭は、梟にペンギンの画像紹介です

Yozakura さん、

僕も遅ればせの謹賀新年です。(笑)

ふくろうはたしかに 「森の哲学者」 の名にふさわしい鳥です。
寒いせいかこの蝦夷梟ももっこりと毛をふくらませて何ごとか沈思しているようですね。
惜しむらくは、ふくろうならやはりあのすべてを見通すような冷徹な両眼が見たかった。
実はふくろうは、僕の住む近所の森にも棲息するみたいで
夜中の静けさの中でホーホーと鳴くのが時々聞こえてくるのだけれど、姿を見たことは1度もありません。

旭川の動物園のペンギンの行進は、あの映画 「ペンギンの行進」 を見てしまったあとでは
数頭のペンギンが歩くのをとくに見たいというものではないにしても
あの美瑛という地域には僕は非常な興味を持っていて
いつか日本で必ず訪れてみたい場所のトップに入っているのですよ。

その理由はただ一つ。
あの現実離れした広大な向日葵畑です。
2016/01/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

世界一の豪雪地帯に居をかまえる以上
雪との戦いは当然覚悟していたのでしょうが
それにしてもその勇気とチャレンジ精神には頭が下がり
またしてもはらはらと涙が…(笑)

ウサギ鍋はぜひいつかご相伴にあずかりたいです。
イノシシよりタヌキより
僕にはぜひ食べてみたいものの一つです。



2016/01/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント