過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

帰ってきた楊貴妃

T160402-06-blog2.jpg


きのうのこと、朝から降っていた雨が止んで、遅れてすみませんみたいな感じで申し訳なさそうな陽が射してきたとき、何気なく窓から外を見てはっとした。
隣家の枝垂れ桜に幾つかの白い蕾がついている。
あっ、楊貴妃が帰ってきたのだ。 まったく予想していなかったので驚いて去年のブログを見ると、4月の14日の記事にその前日初めて蕾を見たと書いている。 今年はそれより半月も早い僕の楊貴妃の帰宅である。 よしよし、よく帰ってきた。 さあ何も言わずに俺の腕の中へおいで。 うんと可愛がってあげよう。 とそんな優しい気持ちになった。

そして明くる日の今日。
あっという間にもうこれだけの花をつけている。 外でさんざん浮気をしてきた女が忘れずにちゃんと帰って来てくれて、長いあいだ放っておいた男を喜ばせようと懸命に花を咲かせているのは、実にいじらしい姿だった。 怒ってなんかいないよ。 浮気女であろうと悪女であろうと構わない。 俺はあるがままのお前を愛している。 そして、お前が真実愛しているのはこの俺だけだ、とちゃんとわかっているんだ。
今年もまた春は短いけれど、その短い春を激しく燃えながらいっしょに謳歌しようじゃないか。
とにかく酒だ。 乾杯だ。







ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

今年はうちの楊貴妃ちゃんが去年より花つきが悪いです。
ご機嫌斜めなんでしょうかね。
それとも待ちわびてくれる男の人がいないから?かな?

散々遊んでも帰る所がある浮気女や悪女のサンプルが無いのでわかんないけど、
特上の浮気女や悪女ならあり得るのかな。
仮にそれが浮気男だったらどうだろう?
うーん、たしかにそういう男はいる。
女好きでいちいち本気で惚れてしょうもない奴なんだけど、
戻ってくれば「そうかそうかそうでしょう」と迎えてしまう男。

なるほどねー、たまには花木を擬人化してみるのも面白いデス。


2016/04/05 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

お宅の楊貴妃ちゃん、どうしちゃったんだろうね。
枝垂れ桜は花の中でも女度が高いと教えてくれたのはほかならぬムーさんだったけど
持ち主である家人の女度がここまで高いとついついむくれちゃうのかもしれないよ。
それにくらべると我が家の楊貴妃は、などと花自慢をしたいところなのにそれもできない。
この楊貴妃は他人の所有なのだった。とほほほ
いつでもそうだ。
好きな女はいつだって他の男に属してる。

檀一雄みたいな無頼派の小説家はもうとっくにいなくなった思ったら
ムーさんが経験した色恋の相手のような人もつい最近までいたんだね。
その話をいつか聞くことがあるかどうか。たぶんないだろうなあ。




そうそうムーさんには報告が…
水を一滴も使わずワインで煮たカレー作ってみた。
出来栄えはと訊かれるとうーんというところ。
市販の辛口カレーを使って豚肉もいつもより大きめに切ったやつを入れたら
肉にワインの味が滲みてこれはびっくりするほどおいしかった。
ただ、カレー味がワインに負けたみたいでカレーという感じがあまりしない。
次回はカレーじゃなくてふつうのシチューとして、ラムの肉かなんかでやってみよう。
2016/04/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

カレーはそうでしたか。
そもそもビーフシチューのやり方だからなー(笑)
ラムもいいかも――。
いいねいいね料理する男って。

2016/04/06 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

食べ物がらみで

回転焼きの「みらく」3月31日で閉店となりました、寂しいです
持ち帰りでも1個100円
中でお茶を頂きながらでも1個100円
よく頑張られたと思います
2016/04/07 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

師匠推薦のグリコのカレーがこちらじゃ手に入らないので
S&B のカレーでごまかした。(笑)
しかしあれだけワインを入れると肉も野菜も凄い色になるね。
いいねいいね女に料理を教わるって。
2016/04/07 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 牛肉のワイン煮

10代の頃にファッション紙に出ていた
パリ風のレシピに憧れて
牛肉の ワイン煮をたまに作りました。

塩胡椒と小麦粉をまぶした大きめ一口大の牛肉をフライパンでソテーして、タマネギとマッシュルーム、ニンニク生姜を刻んだものをミルフィーユ状に重ねて煮込み鍋に入れる。

あとは水を一滴も入れず、上からワイン1本を注いで、コトコトと肉が柔らかくなるまで煮込む。
最後に味を見て、醤油、トマトソースあるいは好きな調味料で調整する。

おかげで久しぶりに思い出しました。
綺麗なイラスト付きのレシピカードに憧れた、そんな年頃もあったのでした。
何十年ぶりに作ってみたくなりました。

今週末にでも作ろうかしら。


2016/04/08 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

のほほんさん、

回転焼きの「みらく」 ってあのみらく?
調べてみたらやっぱりそうだった。
中学生の頃、旧市役所前にあったあの店のことはよく覚えている。
あんこがギュウギュウにつまって熱々のあれをフーフー吹きながら食べたのを思い出した。
ずっとあとになって高島屋の裏手へ引っ越したそうだけど、その店には行ったことがないです。

そういえばあの市役所前の 「みらく」 のすぐ隣だかにあった 「ぶたまん」 覚えてる?
あそこの白いスープのラーメンを僕はアメリカで何十年と夢にまで見たんだけど
前回の帰国で、今は朝日町に移ったあの店で食べた時は感激して涙が出そうだった。(笑)
これを書いている今もまた、食べたくなりました。
2016/04/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: 牛肉のワイン煮

たまさん、

作り方を読んでるだけで食べたくなるような料理とはこのこと。
10代の頃にすでにワイン煮なんかを食べてたから
大人になってからのたまさんは酒豪になっちゃったんだね。
ところで肉に対する趣向は時とともに変わるらしく
若い頃はとにかく牛肉が好きだったのが中年になって豚に変わり
それが胆石の手術をしたとたんに豚を食べなくなり(豚の脂が胆石の原因だと言われたから?)
数年してまた豚に帰ってきた。
今じゃステーキよりも、豚の生姜焼きや豚カツを食べたくなり、作ることのほうが多い。
でもなんといっても1番好きなのは鴨だけどね。
残念ながらこれはなかなか手に入らないんだ。
2016/04/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

あらあ❗️

胆石仲間だったんですねえ!

私も鴨が一番好きです。
脂は少し控えるように言われてます。

本当は魚が一番好きです。

私作ってみますので、それからにしましょうか?

また、コメント入れますので、待っててください。







2016/04/08 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

たまさん、

胆石仲間だね。(笑)

アメリカではこれだけ長く住みながらほんとに美味しい鴨を食べたことって1度もない。
日本では前回の帰国で蕎麦屋の鴨南蛮とか試したけど大失望。
やっぱり鴨はヨーロッパかなあ。
2016/04/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

鴨せいろを忘れてもらっちゃーこまります。
うっすら油の浮いた鴨のつゆに冷たーいお蕎麦をつけて食べる幸せ。
日本で食べた鴨南蛮まずかった?
蕎麦屋を選ばないと鴨関係は失敗するカモ(ギャグじゃないです)

鴨にオレンジソースは苦手。
そもそも何で鴨に番号を振るんだ?(笑)




2016/04/09 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

うちでは鴨の定番は何と言ってもお正月一番最初に食べるお雑煮です。
丁寧にかつおと昆布で出汁を取り、年末に買った鴨鍋用の鴨肉でお雑煮を作ります。
お正月らしく柚子を添えて。
たいした鴨でもなく、スーパで買った合鴨ですが
出汁はコク深く美味しいです。


牛肉のワイン煮作りました。

http://minn0310.blog52.fc2.com/blog-entry-449.html


Septemberさんにもいつかご馳走しましょう。




2016/04/09 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

日本へ帰ると食べ歩きは何をさておいても1番の目的なんだけど
前回に限って他のことで忙しくてその時間が取れなかった。
それで適当にそのへんの蕎麦屋へ入ったというわけ。
日本の鴨がまずいと言ってるんじゃないよ。
次回はうんと前調査をしておいしい鴨せいろを食べよう。
うん、そうしよう。

オヤジギャクという言葉は知ってるけど
熟女ギャグというのもあるの? (笑)
2016/04/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

たまさん、

日本みたいに鴨肉が手に入ればいろんなものを作るんだけどなあ。
食べたいものが食べられないというのは
会いたい女に会えないと同じくらの、いやそれ以上の大悲劇です。(笑)


牛肉のワイン煮、おいしそう!
それじゃあ僕はラムで試してみよう。
2016/04/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/13 []  # 

* Re: 花より団子

鍵コメさん、

そうそう、花より団子。
色気より食い気?
皆さん色気の話題には参加しにくいのか、食い気の話になると人が変わったように… (笑)

久しぶりにコメントを頂いて僕としては、流転の末にようやく戻ってきてくれた娘を向かえるような気分。
いろいろあったに違いないけれど、あなたならまちがいなく新しい生活を着々と始めていると信じるので
心配はしていません。

バツイチになって男にもてるようになった、というのもよくわかる。
色恋で苦労した女だけが持つ強さと弱さを、男は敏感に嗅ぎつけて、そして惹かれるのです。
2016/04/13 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント