過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

新しい生活へ向かって

5e3178d39a1fb9d65516e828a3b38589-blog2.jpg

表玄関



前に 『中庭のある生活』 で書いたあの1階のアパートが僕らのものになった。
僕らより前にすでに手続きをした1組がいたのでほとんど諦めていたのが、ひょんなことからこちらに回ってきたのにはちょっとした経緯(いきさつ)がある。
つい先日このビルの事務所から連絡があって最上階のペントハウスが空くことになったので、見てみないかと言う。 彼らとしてはわれわれと同様に1階のアパートは最初の1組に決まると見ていたので、今回の新しい物件はわれわれを優先して最初に知らせてくれたらしかった。
そこでさっそく行ってみると…

ビルの最上階 (といっても13階建てのわりと小さな建物なんだけど)の このペントハウスは東向きに部屋が並んでいて、そこからの町全体を見下ろす眺めはたしかにすばらしかった。 部屋数が2ベッドルームに2浴室、それにリビングルームとキッチンというのは1階と同じだが、全体のスペースは1階のそれよりも少し広いだろうか。 日当たりが良いというのが大きな魅力だったが、1列に部屋を並べただけの間取りは、L字型に配置された1階とちがってなんとなく趣きのようなものに欠けていた。 ここではいったんドアを閉めてしまえばそこには外界と完全に遮断された密室があって、外の自然に触れたいときには、エレベーターの中に長いあいだ自分を閉じこめなければならない。 1階のアパートのような、窓の外には常に中庭が見えていて地面に近く生活をしているという安堵感のようなものがなく、そのまますぐに自然の中へ出れる便利さもなかった。 しかも家賃は1階よりも3割増しに近い。
僕らのあいだでは議論の余地はほとんどなくて、「No」 を出した。

ここまで書けば頭のいい読者はすでに事情を察したと思う。
そう、1階のアパートに唾を付けていたあの1組が、僕らのあとにここを見せられてその場で気に入ってしまい、即座に決めてしまったそうだ。 そのおかげで1階のアパートがこちらにまわってきた、という僕らにとってはラッキーな展開になったわけである。


事務所では7月18日を入居日にしたいといっている。
われわれとすればそれはもちろん不可能に思えるが、事務所側ではそれを延ばすことはできないという。 いったん借りてしまえばあとはいつ入居するかはこちら次第だから、7月18日から借りることにして、実際の引っ越しは8月1日ということになるだろうな。
あと1か月とちょっと。

さあ、忙しくなりそうだ。


T140427-07-blog.jpg

裏へ出れば…





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
ブログのアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://blju.net/Gerhard/
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。
2016/06/24 [きみきURL #- 

* http://blog.goo.ne.jp/shirowani

あー、ここ知ってると思う!
お引越しに手が必要でしたら、呼んで下さい。
わにの手ですが、お貸しします。
2016/06/25 [わにURL #LkZag.iM [編集] 

*

なんと!うまい具合に事が運びましたね、おめでとうございます。
でも引越しのことを考えると、他人事ながら気分が落ち込みます。(^^;
頑張ってください。
2016/06/25 [川越URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

きみきさん、こんにちは。

僕は日本のネット事情にはまったく疎くて
アンテナサイトが何なのかも知らないのですが、
アメリカならブログやフェースブックなど1度公開されれたものは
それをどこで使われようとほとんど野放しになってると思います。
その点、きちんと許可を求めてくださったのはさすがは日本人。(笑)

役に立つようなら自由に使ってください。
2016/06/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: http://blog.goo.ne.jp/shirowani

わにさん、

ええっ、この建物に来たことがあるんだ!
誰か知り合いの人でもここに住んでるのかな。

今回の引っ越しにはわにさんの手を煩わす必要はないと思います。
ご存知のようにそこが大家族のいいところ、屈強な若者が数人いつでも集まってくれる。
(と思ってるんだけど)

落ち着いたら中庭でパーティをやるから
その時にはぜひ招待します。
2016/06/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

引っ越しが1月先でも2月先でも不可能に思えるのには変わりがないわけだから
逆に、目標が決まればなんとかなるだろう
などど考えるわけです。
2016/06/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

おめでとうございます。

引越し決まりましたね。

蚊除けスプレー買ってこなくちゃ!

パイシーのおやつも。



2016/06/26 [たま] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

心機一転!
なんて素敵な言葉でしょうか。
変りたければ環境を変えろ。ってきっと本当だと思う。
2016/06/27 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

たまさん、

ありがとう。
新しい生活の目的地や日にちがはっきりしたのは喜ばしいけど
そのかわり
あたふたと落ち着かない日が当分続くのはうんざり。
何ごとにも代償というものは払わねばならないらしい。
2016/06/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

仕事とか家族事情でやむにやまれずやるのが引っ越しだと思っていたのに
今回の引っ越しはそのどちらでもない。
じゃあ何だろうと考えると
ムーさんの言う通り。
生活を変えるため、自分を変えるための引っ越しというのもありなんだね。
2016/06/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* おめでとうございます

やっぱり ほんとうに欲しいものは、諦めずに求め続けるのが
いちばんよいのでしょうね。

新しい住まい。いいですね〜 地面の上に住むのは、現代人が考えているよりもずっとずっと 人間にとって 大事なことです。
2016/07/01 [nico] URL #- 

* Re: おめでとうございます

nico さん、

ビルの中とはいえ、1階の住居に決めてほんとうに良かったと思っています。
日当たりが良くないというのと、もう少し大きいキッチンが欲しかったというのが、難点といえばいえるけど
それを補って余るくらいの利点があるのには逆らえませんでした。


追伸
このところずっと気にかかっていたことがひとつ。
nico さんに頂いた私信への返信を書かなきゃ、と思いながら
もともと筆不精の上にこのところ信じられないほど慌ただしい毎日で
ブログのコメントや実務的なメール以外はつい怠けてしまい
他意はない、ということを信じてください。
もちろんそれが言い訳にならないのはよく承知しています。
ごめんなさい。





2016/07/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/02 []  # 

* なんと

私と同じ引っ越し日になりそうです。いや私のほうが1日はやいかな。多分。引っ越しにむけて毎日ものを減らす作業が続いています。このなにもない部屋に、こんなけものが潜んでいたなんて、とても不思議です。september30さんももの多そうですね。。笑
2016/07/04 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

*  明日は、独立記念日ですね。

お久しぶりです。いよいよ、引っ越されるのですね。素敵なアパートメント。
チャンスがあったら、息子が住んでいるコンドミニアムとSeptember30様のアパートメントを貸しあいたいですね(笑)私、奥様の作品やSeptember30様の作品に興味があるので、、、、、、、、。子供達の進路が決まり、落ち着いた頃に、是非、何点か手に入れたいなーって思っているんです。
今、欧州サッカー大会とウインブルドンをTVで観戦していて、忙しくしています。午前中、テニスもしているんで、もう、家事などほとんど手抜きです。
しかし、昨日はドイツがPK戦を制覇して、胃が痛くなるような緊張したしあいでした。私は、40年近くですが筋金入りのドイツファン。ウインブルドンでは、ジョコビッチが敗退。今、フランスが圧勝しました。
明日は、独立記念日ですね。こちらは、雨の予報となっています。
友人達と一緒に、独立記念日をお祝いしますが、友人達は、米国人の伴侶を持っていて、市民権も持ち、私だけが、まだ、市民権を持っていないんです(笑)
お料理も、BBQではなく、インド料理をレストランからケーターリング(菜食主義者が多いので)私が、おにぎりと稲荷、野菜の春巻きを揚げて、他に人達も、デザートや数品の料理を持ってきてくれます。

ところで、英国が欧州加盟国から離脱することが決まりましたね。あの英国のB氏が、どうしても米国のあのT氏と重なって見えるのは、私だけでしょうか?
米国は、移民の国。英国とは、ちょっと違うなーって感じます。
自分の住む街が好きになれなくって、英国に住んでみましたが、ここを離れて、米国の素晴らしさ、寛容さ、いろいろなことを学べて、今では、米国が大好きで、ここが私の故郷となっています(昔、英国に住んでいる彫刻家の米国人の友人が、同じコメントをしていました。彼女の英国人の夫が、そんなの当たり前だろう。ってケロリッと言っていましたね)それで、みんなで独立記念日をお祝いできるなんて、やっぱり、素晴らしい。
September30様も、独立記念祭を存分に楽しまれてください。あっ、でも、引っ越しの準備があるんですよね。全部、太郎さんに任せちゃうとか、腰が痛いとか、仮病使って、、、、、、、、(笑)
2016/07/04 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: なんと

inei-reisan さん、

なにしろ20年住んだ家なので
なんともまあものすごい数があります。
その4分の3は僕のものじゃないので捨てるかキープするかをいち本人に訊かねばならず
作業は遅々としてはかどりません。




2016/07/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re:  明日は、独立記念日ですね。

キャットラヴァーさん、

頼りにしていた息子はもうこの町から出て行っててしまい
しかも仕事が忙しくて今回の引っ越しにはまったく頼りになりません。

今日も夕方から独立記念日の家族の集まりがあるというのに、
僕は朝からホコリだらけになって荷造りをしています。
これは終わることのない永遠の作業のように見えて
昔こんな拷問があったなあ、と思い出しました。

実を言うと、テレビでゆっくりスポーツを観戦するどころじゃない。
時間が無いわけじゃないんだけど、落ち着かなくて楽しめない。
やらなきゃならないことが山ほど待ってるから。

2016/07/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

じつは私が趣味の油絵を描かなくなったのは今の家を建て替えてからです。
理由は、
①アトリエを確保するか書庫を確保するかの選択。(両方は建坪の関係で無理)
②細々とある小物や人形や布など(アトリエってこんなものでゴチャゴチャします)の置き場が無くなったこと。
③生き方の区切りとして絵を描くことを優先順位から外したこと。
④物が溢れかえった暮らしがいやになったこと。

方向が決まってからは捨てる作業に専念できました。
部屋の真ん中に山となった物の中に座って何度呆然としたものか(笑)
でも今アレを捨てなきゃよかったと思うものは不思議なほど一つもありません。
性格的に過去は心の中で充分と思うほうなので、
懐かしいものを手元に置かなくて平気。というのもあります。
捨てる傍から母親が拾ってくるのでまいりましたが(笑)

奥様が絵を描くお仕事なのですっきり何もない暮らしは無理ですね。
いちばん頭を悩ませているのは奥様だと思います。

引っ越しの作業は本当に永遠に終わらない気がするものだけど、
大丈夫、かならず終わります。
最後はヤケッパチになるけど(笑)
新居の暮らしをイメージして馬のように頑張ってください。
苦労の先には心地よい生活が待っていますから!






2016/07/05 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re:Re: なんとなんと

Septemberさん、

暑中お見舞い申し上げます。うちのカミさんは結構Green Eyesさんと共通点が多いとうすうす気づいていたのですが、ものを捨てないところもそうかな。

うちの大家さんは、僕よりもはるか昔から彼女のことを知っているのですが、曰く彼女がF wordを使ったのは、長い付き合いで二回しか記憶にないとか。一度目は、絶対二度と使わないだろう、本人はきづかないだろうと、地下にあった埃をかぶった多人数用テントをこっそり捨てたことが後でばれた時。二度目は、Wの再選が決まった瞬間だそうで。

「一つ物を買ってしまったら、持っているものを二つ手放すこと」をモットーにしている僕といては、カミさんの膨大な持ち物を無性に処分したくなることがあります。先日も、英訳も沢山でている近藤麻理恵さんの著書にならって、「ときめかないものは手放したら」と言ったら、逆に説教されてしまいました。

すべてのものに思い出があり、一つ一つが人生を豊かにしてくれた。人にあげるのならいいけれど、単に捨てるだけで、人生がさらに豊かになることはありえないとか。美術館とか図書館で働いている人共通の人生観なのかしらん、とほほ。
2016/07/05 [November 17] URL #- 

* Re: タイトルなし

ムーさん、そしてのび太くん、

ねえ、聞いて聞いて。
懐かしいものを捨てられないでとっておく気持ちはよくわかるけど
過去はもう心のなかで充分、と思うのは僕もムーさんとまったく同じ。
自分のものは容赦なくどんどんと捨てていく。

4種類のゴミ袋を周りに用意しておいて

① まだ使えるのでGood Will に寄付するもの
これはテーブルや椅子などの家具類から、コンピューターやカメラの付属品、食器類、書物、衣類(この量がものすごい)など
② 紙類でリサイクル場に持っていくもの
古い恋文もあれば借金の督促状あり、音楽学生時代のノートなど。 スパイラルが付いたものなどこれを取り外すのにいやというほど時間がかかる。
③ ガラス、金属、ゴム類の専用捨場に持っていくもの
壊れた茶碗やヒビの入った花瓶、破れた絨毯などなぜ捨てずにとってあるのか、僕は唖然としてしまうのだ。
④ それ以外の真性のゴミ
この④とそれ以外のものとのボーダーラインが曖昧なことが驚くほど多い。咄嗟の決断を要求される。

と選り分けて自分のものはどんどん片がついていく。
ところが困るのは彼女の所有物だ。それにわれわれの共有物もある。
まずその量。僕のものの100倍位ある。最初はいちいち伺いを立ててやっていたけど
そんなことをしていたら始末するのに何年もかかりそうなので
心を鬼にして適当に勝手に選り分けることにした。
それが間違いだった。

ねえ聞いて聞いて
ドライブウェイに僕が出して置いたゴミ袋の中身を一つ一つ彼女の検閲がありその半分は取り出されて家の中へ帰ってくる。
それに逆らう僕とのあいだで険悪な言い合いになって、あげくの果てに大喧嘩になったりするので
今では彼女が外に出ているあいだに全部を車に積み込んで市のゴミ回収場へ持って行ってしまうことにした。
卑怯なやり方には違いないけど、何を捨てたか本人が知らなければ喧嘩にはならないから
お互いが生き延びるにはもうこれしか方法はない。

ねえ聞いて聞いて
古い手紙類などごっそり取り出して、1通1通丹念に読んで物思いに耽っている彼女を見ると
おいおい、そんな場合じゃないだろうと腹が立って
彼女自身もいっしょにゴミ場に捨てちゃいたくなってしまうんだ。


というようなことで
思いきり愚痴をこぼしたら
あースッキリした。



2016/07/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/05 []  # 

* 一緒にゴミ箱に捨ててしまうというのは妙案ですが

本人がいなくなった後、前章の「長い眠り」に出てきた、ドキュメンタリーFinding Vivian Maierのように、誰も知らなかった過去の傑作がもりもり出てくるかもしれませんよ。

そういえば、死後発見されたMaierの写真(ネガ)の数もものすごいのですが、間借りした部屋に親の仇を打つかのように積み上げられていた新聞その他の量にも、インタビューに出てきた証言者の方々は圧倒されてました。地震とかあってたら、もっと早く死んでますね、彼女。
2016/07/06 [November 17] URL #- 

* Re: 一緒にゴミ箱に捨ててしまうというのは妙案ですが

Novemberさん、

作品ならどんなにその数が多くても保存すべきと思うんだけどね。
それ以外のものはすべてどこかで諦めなきゃならない時が来る。
それがどうしてもできないのは
あのヴィヴィアン・マイアーの古新聞と同じだね。

ヴィヴィアン・マイアーといえば
一生結婚もせず恋人も友達もなく孤独に生きた彼女にとっては
被写体(そのほとんどが人間たち)と向き合ってカメラに収めるという行為が
世界とつながることのできる唯一の手段だったんじゃないだろうか。
だから1度撮ってしまえば、そのあとの現像やプリントなどどうでもよかったんだ。
死後発見された膨大な量の未現像のフィルムがそれを語っている。

2016/07/06 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

そちらの気温は、どんな感じかわからないのですが、おそらく、湿度はかなり高いのでは?その中での引っ越し作業は、地獄そのもの(笑)義父が、ものを捨てられない性格で、50年代、60年代の雑誌や新聞をストック、おまけに主人の錆びて使い物にならなくなった自動車も、ガレージにストック。NYとここに住居を持っていて、今だに、ここには移ることなく、彼は、自分の捨てられないものと一緒に、コツコツと整理しながら、時間を過ごしているんです(笑)ものを捨てられない性格、私のように、単に怠け者で整理をしなくても、どこに置いたかわかるようなずぼらな性格、でも共通点は、物がどんどん増えていくってこと(笑)ちなみに、私は本が大好きなので、本だけは捨てられない。それと、猫達もです(笑)

オハイオにシルヴィアモスという水彩画家がいらっしゃられて、おそらく、もう他界されたと思います。私が彼女から作品を購入した時には、80歳近い年齢だったので。私が購入するたびに、彼女が『目が悪くって、もう30号以上の作品しか描けなくなった。』って説明されていて、『私の喜びは、購入された人たちが、自分の作品を鑑賞して、リラックスして感動してくれること。』っておっしゃられていました。私は数点、彼女のコレクションを持っているのですが、有名とか無名とか関係なく、芸術を心から愛し、自分の作品に誇りを持っている。そう感じることのできる、彼女の作品が好きです。でも、そうじゃない芸術家もいます。例えば、ヴィヴィアンマイアーのように、自分自身を写真家だなんて考えてもいなかった人。ヴィヴィアンマイアー、存じております。November様、玄人ですね。彼女、かなりの変わり者だったようですけど、、、、、、、、。

お引越しまで、あと十日ほど。ファイト一発。近くに住んでいたら、リポビタンDを差し入れできるんですけどね(笑)
フェデラーが、セミファイナルに進出します。彼、粘りました。
2016/07/07 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん、

そう、こちらも暑さはそれほどでもないのに湿度が異常に高くて
荷造りなど肉体労働には最悪です。
1日に何回もシャワーを浴びます。

あと3週間でこの家ともグッド・バイと言う時に
まず洗濯機が動かなくなりランドリーは近所に住む姪の家でさせてもらうことになった、思ったら
こんどは芝刈り機が始動しなくなったのでこれも隣家から借りることに。
こんなことは今までなかったことで
これはきっと機械類が怒ってむくれ始めたんだ思う。
というのは、今度のアパートでは洗濯機も乾燥機も揃ってるし
庭は無いから芝刈り機はもちろん必要なしで
2台の冷蔵庫や電子レンジ、ディシュウォッシャーなどといっしょに
機器類は全部処分することになったから。

長年一緒に暮らしてきたのに今になって手放すとは
非情残酷な仕打ちだ、と彼らの怒りをありありと感じます。
2016/07/08 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

こんにちは。
落ち着いたら、お部屋と中庭の写真をUPお願いします。
ひとの部屋のデザインを見るのって、なんてワクワクするんでしょうか。
2016/07/09 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: タイトルなし

micio さん、

それはもちろん考えてるんだけど
庭はともかく、室内の写真は写真がとてるまでには移ってからしばらくかかるだろうな。
というのは
ソファをはじめいろんな家具を新調することになるので
それは時間をかけてゆっくりとやるつもりにしてるから。
2016/07/09 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

何はともあれ新居は良いものですね。お邪魔してみたいです。
2016/07/11 [上海狂人] URL #wuZV7DPc [編集] 

* Re: タイトルなし

上海狂人さん、

今の家と違って今度は余分な部屋がないので
客室というものがありません。
でもカウチで寝るか、リビングルームの床に布団を敷いて寝るのを気にしない人や
micio さんやたまさんのように外で寝袋を辞さないなら歓迎します。
2016/07/11 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント