過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ハロウィーンのころ

T161030-01-blog2.jpg



冬がすぐそこまできている気配がする。 あの寒くて長い冬が。
テニスショーツにポロシャツというのが僕にとっては夏のユニホームでつい夏中をそんな格好で過ごしてしまったのが、秋もたけなわとなった今はジーンズに長袖のシャツという季節となり、おしゃれにはまったく縁のない僕でさえ、今日はジーンズにするかカーキのパンツにするかとか、シャツの色合いや柄などにも数秒間だけ思案をしたりする。 以前なら手当たりしだいにそばにあるものを何でも着て、女房に言われるまで何日でも同じものを着用していたのを思うと、年をとって少し洒落っ気が出てきたというか、色気づいたというか、これは何なのだろう?

そんな僕だけどなぜかコート類にはけっこう選択肢を持っていて、ブルーの薄手のゴルフジャケットからフード付きの厚い冬用のもの、黒のレインコートもあれば消防車のような真っ赤な色をしたウィンドブレーカーやぞろりと長いウールのツイードの外套もある。 なかでも一番気に入っていたのはバイカー用の黒皮のジャンパーだったのが長年愛用したあと、一時自分がぶくぶく太ってしまって合わなくなった時に息子の太郎に譲ってしまった。 今ではまた体重がずっと減りむしろあの頃よりも痩せ気味になったので、息子から取り戻したいと思いながら彼がいつもそれを着ているのを見るとちょっと言い出せないでいる。
あ、それから忘れてはならないのが、チャコールブラウンのスエードのコート。 薄くて軽くて暖かく、1年を通して着用する頻度からいえばこれが一番かもしれない。


そんなわけで、コートを着る季節が到来している。
外に出かける前に、その日の気温によってどれにするかの選択に5秒間ほど考える。 さらにマフラーをするかしないかに3秒。 それから帽子はどうする? 白のベースボールキャップにするか、厚い毛糸のスキー帽にするか、それとも焦げ茶のボルサリーノ、あるいは無帽? それを決めるのにやはり5秒かかる。
問題は履物である。
僕は靴というものは3足しかもっていない。 黒の正装用、茶色のスリッポン、テニスシューズの3足で、それに夏はもっぱらサンダルで通した。 というのは、10足ほど持っていた靴を今回の引っ越しでまず絶対に履かないと自信のあるものを処分したら、結局のところ3足だけが残ったのだ。 それがつい先日、あれほどブーツを嫌っていた僕が何を思ったか、ブーツを1足手に入れた。 ブーツといってもくるぶしを隠すほどの短さで、これがあれば今年の冬は雪の中を自由に歩けそうだ。 早く冬が来ないかと今から楽しみだ。

考えてみると、十月に入ってからハロウィーンまでのひと月が、1年を通して僕のもっとも好きな季節だといってよい。
川辺りの並木道には地面も見えないほどに落ち葉が散乱して、川面を渡って顔に当たる微風にはしっとりとした冷たさがあり、風景の中の空気は透明で清々しい。

煙草が美味しい。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

うちの相棒は靴が大好きで、多分靴屋さんができるほど隠しているはずですが、自分は春から冬の手前まではサンダル、冬は長靴で過ごしています。これに山に入るときは時々くるぶしが隠れるようなハイキングシューズを履きますが、これで全てがまかなえてしまいます。

少しはおしゃれをすればいいんだけど、一年中Tシャツにジーンズ。寒くなってくるとTシャツがポロシャツに変わるくらいで変化がありません。帽子は欲しいけど(ボルサリーノみたいにツバがあるのが欲しい)、似合わないんですよ。現実は麦わら帽子か、藁で作った頭に乗せる笠かなぁ。
2016/11/01 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

靴フェチの女性は(なぜか)多いようでうちの女房もその例にもれない。
買う前に一応は大蔵省である僕に予告があるので
どのくらいの頻度で靴の蒐集が増えているかがだいたい分かるんです。

冬は長靴で過ごすという川越さん。
ブーツじゃなくて長靴といえば僕には昔ながらのゴム長しか思い浮かばないんだけど
あれじゃ雪の中は足が寒くないのかなあ。
僕がブーツを嫌うのは
履くのにも脱ぐのにも時間がかかるのが理由です。

帽子といえばおしゃれというよりも
完全に防寒が目的という歳になってしまいました。
2016/11/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>September30さま

長靴は紛れもなくゴム長のことです。(^^)
それもできるだけ安いやつ。1000円で買えるものもあるんですよ。
もちろん5,000円もするデラックスなのもありますが、どちらにしても1年で壊れます。

長靴、寒くないんですよ。そういえば秋田のマタギも長靴です。きっと長靴の方がカンジキをつけやすいからですね。もちろんうちでもそうです。
長靴は山や屋根の斜面で踏ん張りにくいですけどね。

帽子は完全に実用品ですね。冬は雪を避けて保温し、それ以外の季節は山で跳ねた枝を避けたり、蜘蛛の巣がかかるのを避けたり、夏の暑い日差しを避けてしかも風通しを良くして、外の作業を楽にしたり。小雨を避けたり。帽子も必需品です。

あとは手袋も。革手袋は3ヶ月保たないでダメになるので、これは硬くて厚い皮を使った安いのが一番です。そんな安物でも刃物から身を守ってくれたり、虫から守ってくれたり。アメリカには安くていいものがありそうですね。

かっこいい帽子にかっこいい革手袋、かっこいいブーツなんてのが都会人にはウケそうですけど、現実はちっともかっこよくないです。まっ、予算が潤沢ならそれも可能なんですけど、ブーツなんて一度履いたら面倒で脱ぎたくないだろうしなぁ、やっぱり無理かな。(^^;
2016/11/01 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん、

ゴム長は無精者の僕にもすっぽりと入ってスポっと脱げるので好きなんだけど
アメリカではこのゴム長が一般の人には手に入りにくい。
市の土木科や水道局の作業員が路上で履いているのを見るだけで
普通の靴屋には売ってないんだよね。
それと確かに活動性には欠けるのは確か。

そういえば今日の記事で手袋に言及するのを忘れてしまったけど
手袋のことは今年の1月に書いているのでよければもう1度見てください。

http://blog1942.blog132.fc2.com/blog-entry-892.html
2016/11/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント