過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

マーサが逝く

T170115-04-bolg.jpg

90歳の誕生日に孫のマットと談笑するマーサ (2017)


今日1月21日(土)、午後10時半。 義母のマーサが逝った。
彼女の最後の誕生日に家族が集って午後のひと時を過ごしたのはつい今週の日曜日で、それから6日しか経っていなかった。 マーサに乞われて珍しく僕がそこにあったピアノで数曲を弾いたら、彼女は目に涙を浮かべて喜んだ。 ピアノから立ち上がる僕に手を差し伸べて引き寄せると僕の唇にキスをした。 それは母親が息子にするキスだった。

3人の息子と5人の娘婿を持つマーサだったが、その娘婿の中でも彼女が誰よりも僕を気にかけてくれたのは、日本人の僕が遠い異国から来てずっと昔に両親を亡くしていたことを、ことさら憐れと思ってくれたからだった。 「自分の息子だと思ってるからね」 と言っていた。 初めて会ってからこの35年間、僕の誕生日には毎年必ず送ってくれたバースデーカードには、「マーサより」 ではなくていつも 「母より」 と書かれていたのを思い出す。



マーサの様態が悪くなったこの数日間に、フロリダの三男を始め家族が続々と彼女のアパートへ詰めかけていた。 僕の息子の太郎も昨日から帰省している。 僕らも今日の午後までそこに居て、夕方にいったん帰宅したばかりだった。 そして夜になって義妹からの携帯メッセージでマーサがたった今逝ったことを知った。
マーサがこの数年住んだアシスタントリビングの施設はうちからは車でほんの10分の距離だったが、女房は今はそこへは行きたくないと言い張る。 妹達からの誘いを頑なに拒むと電話を切り、それからしばらくのあいだ声を上げて激しく泣いた。 自分だけの悲しみに浸りたい、今は誰ともこの悲しみをシェアしたくない、という女房の気持が僕には痛いほどよくわかった。 僕自身も同じだったから…


お母さん、さようなら。



Scan-130616-0001-blog2.jpg

マーサと太郎 (1984)





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

90歳まで沢山の家族を育みそして愛されたマーサさん。
ご立派な生涯だと思います。

お寂しくなりますね。
お大事になさってください。


2017/01/23 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

September30様、
いつも、マーサグランマのことをなんとなく気にしていたんです。身内でもないのに、、、、、。それは、このブログでマーサグランマのポートレイト写真を拝見したからだと思います。そして、フロリダで行われた結婚式のお写真を拝見して(太郎さんと一緒の写っていましたね)すごく、あの写真とあのブログを気に入っているからだと思います。
奥様の悲しみ痛いほど理解できます。
マーサグランマの冥福をお祈りいたします。
2017/01/23 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん、

ありがとう。

あの優しかったマーサはもう居ないんだという実感は
もっと後になって、それも事あるごとに湧いてくると思う。
この家族の1世代がこれで終わりを告げました。
2017/01/23 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

キャトラヴァーさん、

マーサのことをいつも気にしてくださってありがとう。
葬儀はあさっての水曜日になりました。
2017/01/24 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* http://blog.goo.ne.jp/shirowani

ご愁傷です。お会いしたことすら無いのに、偉大なるママ・グランデのご逝去に虚脱感を禁じえません。この世界に、多くの遺産を残していかれた偉大なる母であられたと思います。

私は何時まで経っても病状が回復せず、鬱な気分になりがちですが、それは、寒くなったり、急に今日に暖かくなったりの天気のせいもあるかもしれません。
September30様もGreen Eyes様もご無理なさらぬよう、ご自愛下さいませ。
2017/01/24 [わにURL #LkZag.iM [編集] 

*

素敵なお母様ですね。心よりお悔やみ申し上げます。Septemberさん、奥様、ご家族の皆様が1日も早く心穏やかに暮らせますように。

ゆうこ
2017/01/24 [Endless] URL #d2yN2EXI [編集] 

* Re: http://blog.goo.ne.jp/shirowani

わにさん、

お悔みをありがとう。

それにしてもわにさん自身が具合が悪いのは良くないな。
どうしたんだろうね。
遊んであげるから週末にでも出ていらっしゃい。
少しでも気分が晴れるかもね。
2017/01/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ゆうこさん、

どうもありがとう。
親を亡くすのは誰もが経験することとはいえ
母親を亡くすのは父親を亡くすのとはやはり悲しみの度合いが違うのだろうかと
この家族を見ていて思いました。
そういえば自分の時もそうだったような気がする。




2017/01/25 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

お悔やみ申し上げます。私はまだ両親は健在ですが他人ごとではない世代になっています。病気でも生きていてほしいんですよね。Septemberさんの心痛が少しでも和らぎますように。
2017/01/29 [pochi] URL #kwDF/LKw [編集] 

* Re: タイトルなし

pochiさん

ありがとう。
孝行のしたいときには親はなし
というけれど早く両親を亡くした僕にとっては
義父母に少しでも尽くすことで
自分の親不孝を埋め合わせよう、としたようです。
でもそれも終わりになりました。


2017/01/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* September30さん

September30さん
久しぶりにブログを覗いてみたら、このことを知りました。マーサお母様のこと本当にお悔やみ申し上げます。異国の地で実の家族の様に接してくれる人がいること、それがなんとも幸運なことなのですよね。September30さんのお話をずっと読んでいなければ、そんなことにも気がつかないできっといました。ゆっくりとなさってください。ps.素敵なハガキをありがとうございます。無事届いています。
2017/01/31 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

* Re: September30さん

inei-reisan さん

ありがとう。
マーサの葬儀も終り、集まっていた親族も散ってそれぞれの生活へ戻ったようです。
Life still goes on ということ。

あ、それから
ドイツから僕の旧住所へ送ったというクリスマスカードが
つい昨日、ちゃんと届いた。
どこを廻り廻っていたのか、長い旅をしてきた1枚のカードはことさらに愛しい。(笑)


2017/01/31 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

september さん
マーサご母堂のご逝去、お悔やみ申し上げます。何を申し上げていいやら分からず、太郎君とのツーショットを眺めるだけでした。一言、お悔やみをと、書かせて頂きました。
2017/02/01 [pescecrudo] URL #j9tLw1Y2 [編集] 

* Re: タイトルなし

ペさん

ありがとう。

この頃急に世代の交代というようなことを感じてしまい
唖然とすると同時に諦めもあります。

2017/02/02 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント