過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

デイトン・アート・インスティチュート (2)

T160316DAI-64-blog.jpg

END OF THE TRAIL, 1918

James Earle Fraser
American (1876-1953)










T160316DAI-11-blog.jpg

NOTES IN THE CITY, 1954

Fernand Leger
French (1881-1955)










T170118-05-blog.jpg

WATERLILIES, 1903

Oscar-Claude Monet
French (1840-1926)










T170118-07-blog.jpg

DINNER AT THE CASINO, 1906

Gaston La Touche
French (1854-1913)










T170118-15-blog.jpg

STILL LIFE WITH APPLES AND GRAPES, c. 1878

Edward Edmondson, Jr.
American (1830-1884)










T170118-21-blog.jpg

HIGH NOON, 1949

Edward Hopper
American (1882-1967)










T170118-23-blog.jpg

UNTITLED, 1977

Willem de Kooning
American (1904-1997)










T160316DAI-28-blog.jpg

STUDY HEADS OF AN OLD MAN, c. 1612

Peter Paul Rubens
Flemish (1577-1640)










T170118-11-blog.jpg

BOY WITH DOG, c. 1860-65

Charles Soule, Jr.
American (1834-1897)






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

歩いてすぐのところでエドワードホッパーを観れるなんて、いいですね。
羨ましいです。
2017/03/01 [micio] URL #O/XG6wUc [編集] 

* Re: タイトルなし

micio さん

ほんと。
遠方からの来客などをまるで自分の私設ギャラリーを案内するみたいに気軽に連れていけるので
よく羨ましがられる。
膨大なコレクションとはいえないにしても
それでも行く度に展示作品が少しづつ変わっているのは
あれはけっこう貯めてあるのかもしれないね。
2017/03/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント