過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

デイトン・アート・インスティチュート (最終回)

T170118-42-blog.jpg

GARDEN SEAT, 19th century

Chinese
Qing dynasty (1644-1911)










T170223-34-blog.jpg

DANCING HORSE, 7th century

Chinese
Tang dynasty (618-907 A.D.)










T170118-40-blog.jpg

WINE BOTTLE, 17th century

Korean
Chonson dynasty (1392-1910)










T160316DAI-96-blog.jpg

LILIES, 1981

Yoshiko Ishikawa
Japanese (born 1929)










T170118-34-blog.jpg

MOUNT ARIMA IN SETTS PROVINCE, 1858

Utagawa Hiroshige
Japanese (1797-1858)










T170118-32-blog.jpg

SHINAGAWA : DEPARTURE OF THE DAIMYO, c. 1833-1834

Utagawa Hiroshige
Japanese (1797-1858)










T170118-30-blog.jpg

MISHIMA : MORNING MIST, c. 1833-1834

Utagawa Hiroshige
Japanese (1797-1858)










T170118-28-blog.jpg

KANBARA : NIGHT SNOW, c. 1833-1839

Utagawa Hiroshige
Japanese (1797-1858)










T170223-23-blog.jpg

JOSENJI TEMPLE AND BUDDHA, c. 1830-1850

Utagawa Hiroshige
Japanese (1797-1858)










T170223-29-blog.jpg

NO.2, SHINAGAWA : VIEW OF THE STATION FROM GOTEN-YAMA, 1855

Utagawa Hiroshige
Japanese (1797-1858)










T170223-27-blog.jpg

THE FALLS AT AOIGAOKA IN THE EASTERN CAPIAL, c. 1833

Katususika Hokusai
Japanese (1760-1849)










T170223-25-blog.jpg

ONIWAKAMARU FIGHTING THE GIANT CARP, c. 1825-1830

Utagawa Kuniyoshi
Japanese (1797-1861)










T170223-32-blog.jpg

GO PLAYERS, 19th century

Japanese
Meiji Period (1868-1912)










T170226-04-blog2.jpg

Dayton Art Institute

Founded in 1919
Designed by Edward B. Green
Modeled after the Villa d'Este near Rome and Villa Farnese at Caprarola in Italy


美術館の真ん前を我が物顔に走っているインターステート75号線が、見ての通り美観を損なうことこの上もない。 このハイウェイがデイトンの産業の発展になくてはならないものだとわかっていても。
昔は美術館の裏側にあたるギリシャ正教会と共に、川のほとりの美しい風景になっていたと想像できる。


(終)






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/03 []  # 

*

この馬ね、何度見ても(何度も見た)右手が変じゃない?
腕が上がり過ぎてるのかな?蹄の角度かなー?
「ちょいと」ってしてるようで笑えます。
2017/03/04 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: ピカソ

鍵コメさん

江戸にいてデイトンの美術を堪能できたのは幸せだ、というけれど
デイトンにいて江戸の美術(浮世絵)を堪能できる僕も幸せだよ。(笑)
2017/03/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

ちっとも変じゃない。
馬はこれをよくやるんだ。
猫が玉にじゃれつくのと同じような動作だけど
猫のように柔軟じゃなくて巨体動物特有の無骨さとぎこちなさがかえって可愛い。

都会にしか住んだことのない僕がなぜ馬の習性を知ってるかというと
むかし競馬で家族を支えていた時期があって
毎日パドックで何十頭という馬をすぐ目の前で観察したことがあるから。


2017/03/05 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント