過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

ふるさとは遠きにありて思ふもの

T11japan532-blog.jpg

叔母 2011年


日本への出立があと数日に迫って準備に忙しくしている。
今日も朝からトレーダー・ジョーズに出かけて、叔母の好きなチョコレートやキャンデーやクッキーを山のように買う。 包の小さなものばかりを選び、同じものは2つと買わない。 叔母は昔からこんな小さな包をあれやこれやと手に取りながら、これを開けたりあれを食べたりするのが好きで、買い物をしながら僕にはほくほく顔で喜ぶ叔母の顔が見えている。

その叔母はこのところ具合が悪くなって病院へ運ばれたまま入院している。
施設に入ることを頑固に拒否して古い広大な屋敷に一人で住む叔母が、ある朝、床に倒れているところを看護士に発見されて病院へ運ばれたのはつい数日前だった。 それを知らせてくれたのは叔母の娘の龍子さんである。 親子とはいえ血の繋がりの無かった龍子さんはわけがあってもう何十年も叔母とはいっしょに住んでいず、ふだんは東京住まいのその龍子さんが病院からの知らせで郷里の米子へ飛んできていた。

さて今日の叔母の具合はどうなのだろう、とこちらの夜中前、日本の昼過ぎの時間を見て龍子さんに電話を入れてみる。
電話を取った龍子さんが僕の声を聞いてあっと驚いているのが気配でわかった。 いま、僕に電話をしようとして番号を探していたところだと言う。
叔母が今日の未明に亡くなっていた。

龍子さんが昨夜病院を出る時は叔母は喋れないながら意識はちゃんとしていて、来週はトシオさんが来るからね、もうすぐだからね、と耳元で繰り返す龍子さんに叔母はしっかりと頷いていたそうだ。

89年もの長いあいだ僕を待ち続けてくれたのに、あと1週間だけ待ってくれなかった。
若い頃からいつもシャキシャキとせっかちな叔母だったけれど、死ぬときもせっかちな叔母だったのだ。

日本で僕と血の繋がる最後の人が逝ってしまった。
今こそ僕は一人ぼっちにされてしまった、という感が強い…
そのふるさとへ僕は今帰ろうとしている。
何のために?








ブログランキング→ にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/31 []  # 

*

お悔やみ申し上げます。
心の中にいつも叔母様の存在があったことは、
ブログで時々拝見した米子のお屋敷のことでお察ししておりました。
あと少しだったのに心残りだったでしょうに叔母様。

お力を落とされなようにお大事になさってください。
2017/03/31 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* お悔み申し上げます

悲しいです、読んで涙が止まりません
次々逝ってしまった身内を思いながら読みました

寂とした時の止まった部屋で
一人飲んでおられる姿を想像すると不憫でなりません

力を落とされませんように
2017/03/31 [のほほん] URL #60nqeuCY [編集] 

*

言葉もありません。

お悔やみ申し上げます。
2017/03/31 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/01 []  # 

* 皆さん、ありがとう

公開、非公開の両方で頂いた皆さんのお悔やみに感謝します。
すっかり落ち込んでないかと心配を頂いたようだけど、僕はだいじょうぶです。

この数年は次々に周りで人が亡くなる。
1昨年は大学の仲間が
昨年は郷里のコータロー、今年になって義母、そして今回のこの叔母、と
大切な人が次々と逝ってしまった。
でもその度にいちいち落ち込んじゃいられない。
自分の人生を相変わらず続けて行かなきゃならないから。

人の死を
僕に訪れる1つの運命として静かに受け取る、という
人生のレッスンを学ばされたようです。

だから日本帰国をあさってに控えた今の僕の心境は
室生犀星が謳ったように

その心もて
遠きみやこにかえらばや
遠きみやこにかえらばや





2017/04/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

お悔やみ申し上げます。わたしも時々日本に到着する飛行機が着陸するまえの数分間、日本に何が残っているか瞬時に振り返ったりもします。そしてその日本に帰るのにもきっと意味があるのだろうと考えます。叔母さんがそこでしっかり住んでいた軌跡は残っていると感じます。
2017/04/01 [inei-reisan] URL #pNQOf01M [編集] 

* 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/02 []  # 

*

September30さん、お疲れ様でした。
戻ってから一気に疲れが出て、体調が悪化したなんてことにはなっていないでしょうか?
また追々、日本の写真でもアップしていただくのを楽しみにしています。(^^)/
2017/04/26 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

*

帰られてからいかがお過ごしですか?
オフ会の記念撮影では少しお疲れの様な。
と言う私もまだ風邪を引きずってますが。
皆さんお帰りを待ち構えていたのでなかなかハードなスケジュールだったと思うのですが。
ご自宅に戻って、ごゆっくりされて下さい。
ブログの更新をお待ちしております。
2017/04/26 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

アメリカに戻ってからしばらく体調を崩していたのは事実です。
今日あたりから写真の編集、ブログの更新、メールの返信、などぼつぼつ始めました。
今回の旅は自分の年齢を今更に自覚する旅となりました。(笑)
2017/04/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

みんさん

日本を離れてから音沙汰なしにしてしまい
皆さんに心配をかけたようで申し訳ないです。

でも、もうだいじょうぶ。

September30 は不死鳥のように蘇ったから。(笑)
2017/04/27 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント