過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

桜を追って西から東へ - 日本の旅(1)

T17japan-130-blog.jpg

東京 石神井公園


今回の日本の旅は、偶然にも桜の満開を追う旅となった。
4月4日にまず着いた山陰の米子では、空港の駐車場の満開の桜並木が、機中ほとんど眠れなかった疲れた眼に眩しく飛び込んできた。
その数日後の新潟と佐渡でも車で回る先々で満開の桜を堪能したと思ったら、帰ってきた東京でも盛りを少し過ぎたとはいえ、至る所で桜を見た。 とりわけ、滞在した友人宅の近くの石神井公園の2つの池を、ある朝友人とふたりで時間をかけて、花吹雪を浴びながらゆっくりとひと廻りしたことはきっと忘れないだろう。 目まぐるしく時間刻みに忙しかった今回の旅で、初めてゆっくりと日本を味わうことができた朝だった。


それにしても、今回ほど予期せぬハプニングが次々と起こった旅は今までにも覚えがない。

まず出発に際して空港に車を乗り入れた時に紙袋を1つ家に置いてきたことに気がつく。 東京でのブログのサロン会で皆さんに差し上げようと思って用意した数冊の写真集の入った紙袋だった。 それで車をUターンしてわが家に取って返す。
離陸の40分前に空港へ再び戻り、エアラインのカウンターで搭乗手続きをしていて発見したのは、旅行社のミスでシカゴからバンクーバーへのフライトにカナダへの通過ビザが抜けているという。 バンクーバー経由で日本へ飛ぶのは初めての僕は、飛行機を乗り換えるだけでも入国ビザが必要だとは知らず、旅行社は迂闊(うかつ)にもそれを指摘してくれなかった。 エアラインの担当者が電話でカナダの移民局と対応してくれたがビザ取得には数時間かかるので予定のフライトには間に合わないことが判明する。
旅行社とエアラインの間でかなりの時間を掛けた電話対応の結果、ようやく空席のあるフライトを見つけてくれたが、これはシカゴから成田までの直通便だった。 最初の予定では羽田まで飛んでそのままそこで国内線に乗り換えることになっていたので、新しいフライトだと成田に到着後そこから羽田までのシャトルバスを使うという余分な手間が増えたわけだが、その余分な手間を加えても十分に時間が取れたのは、シカゴ-成田の直通便がバンクーバー経由よりはずっと短時間で飛ぶためだった。

やれやれ、これで問題は解決、と無邪気に胸を撫で下ろした僕は実は甘かった。

(続)







ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
スポンサーサイト

コメント:

*

ひゃ〜、今回はスタートから問題だらけだったんですね。続きを読むのが怖いような、何があったんだろうと好奇心を刺激され興味しんやら。(^^;
ともあれ、どうにかブログを再開する程度には復活したようで良かったです。
2017/04/27 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

*

やっとブログが更新されて一安心です。
私も川越さんと同じ、
ドキドキするようなワクワクするような(笑)
2017/04/28 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

*

ああ、よかった。
更新されていないなぁ…と気がかりでした!
2017/04/28 [nicoURL #- 

* Re: タイトルなし

川越さん、ムーさん、nico さん

すっかり心配をかけちゃったようです。ごめんごめん…

今回の旅行は僕にとっては試練だったといっていい。
精神的にも肉体的にも。

昔のような無茶なことはもうできないんだと悟らされた旅でもありました。
これからは少しペースを落としても、ゆっくりと着実に生きていきたいと自覚しました。

でも、サロン会は楽しかったなあ。
皆さんも僕と同じくらいに楽しんでくれたことを心から願っています。
2017/04/29 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

聞くだに恐ろしいハードなスケジュールで日本列島を桜前線とともに駆け抜けたSeptemberさん。
私には無理です。
昔はそれができたってことでしょうか?
やっと普通の人に近くなりましたか?
とにかく、お疲れ様でした。

楽しかったですよ、初対面なのになんだか感性だけはちょっと知っているような皆様との不思議なひととき。

ありがとうございます。
2017/04/29 [みん] URL #6moyDOY6 [編集] 

*

September 30様、お帰りなさい。
無事、米国に戻られてよかった。何しろ、私のグリーンカードは、更新して、そろそろ4ヶ月になるっというのに、未だに新しく更新されたグリーンカードは届かなくって、周囲から『遅い』って言われています。
本来は、5月に息子と京都を訪ねる予定でいましたが、ちょっと不安で、’旅行をキャンセル。
そんな風に不安を抱えながら、このブログの更新をチェックしていたら、日本から帰国されていることがわかり、ホッとしました。
お写真、綺麗ですね。日本紀行のブログ、楽しみにしています。

このブログのサロンの方々に、お会いになったんですよね。羨ましい。きっと、皆様、素敵な方ばかりだったのでは?
2017/04/29 [キャットラヴァー] URL #mQop/nM. [編集] 

* Re: タイトルなし

みんさん

今回のサロン会は事前にそれぞれがメールをくれて
知らない人とのこういう会合は苦手だと口を揃えて言っていたにも関わらず
いざ始まってみると
皆さんが10年来の知己みたいに話がはずんでたよね。

残念だったのは
最後まで酒に潰れないのはみんさんと僕ぐらいかなと予想してたのに
そのみんさんも僕も具合が悪くて酒が進まず
せっかくの飲み放題の特典を無駄にしてしまったこと。
酒飲みってのは意地が汚いんだよね。(笑)




2017/04/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

キャットラヴァーさん

グリーンカードの更新は僕も以前にやったんだけど
1ヶ月以内にちゃんと届いたのを覚えている。
4か月待ってもまだ来ないのはちょっと心配だなあ。

まさかトランプの差し金とは思えないけど
ちゃんと調べたほうがいいと思います。
2017/04/30 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

へ〜、みなさん知らない人との会合は苦手だったんですね。自分も初対面の方と話をするのは苦手だけど、そんなところも同じような感性の人が集まったかと思うと面白いなぁと思います。

でも皆さん、ちょっとノリが悪いなぁという感じはありましたけど、案外と普通に話をしていましたよね。きっと貴重な機会だから頑張っていたんですね。

そう言われてみれば、解散となったら蜘蛛の子を散らすように帰って行ったような気もしますね。(^^; きっと2度目からもっと打ち解けて話ができるんだろうと思いますけどね。
2017/04/30 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

おっしゃるように皆さん12年来の知己だから
初めてのような気がしなかったと思いますよ。

蜘蛛の子を散らすように帰って行った、と言うけれど
皆さん家庭持ちの主婦だとか、仕事持ちのキャリアウーマンだということを忘れないように。
川越さんのような自由人では無いのですよ。(笑)
2017/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

わはは、そうでした。
自分はお金が全然なくてその日暮らしだけど、時間だけは自由に使えるのが嬉しいです。
でも都会ではお金がないとその時間さえ自由に使うこともできない気がします。自分はやっぱり田舎で気ままに暮らすのが一番です。
2017/05/01 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

*

September30さんとの事前打ち合わせでは、
「指名された人の印象を皆で言い合い当人がそれに対する反論を言う」
というプランもあったんでした。
なんとなくズルズルと始まり忘れてしまいました。

September30さんが自分はお喋り下手だから頼む。
とおっしゃったの覚えてますか?
途中で「無口という割に良く喋るじゃない」と言われて、
「誰だよ!喋れと言ったのは~~」でした(笑)

蜘蛛の子の一匹として言い訳をすると、
日曜日っていうのがイマイチだったのかもと思います。
翌日を思えばそう遅くまではねー。
次回は休日前日にして川越さんを満足させてあげましょう。

2017/05/01 [ムー] URL #qiVfkayw [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

その 「田舎の暮らし」 を本気で考えていたのも今回の旅でした。
都会に住むのはとてもじゃないけど無理。
でも古き良き昭和が残っている田舎なら
異邦人の僕も迎えてもらえるんじゃないか?
甘いかな?




2017/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

* Re: タイトルなし

ムーさん

事前のプランがいろいろあったにも関わらず
いざ会が始まるとそんなのどっかへ行っちゃったんだよね。
初めての会合ということでこわごわだったのは仕方がないと思ってる。
でもこれで様子が飲み込めたので次回はきっとまた盛り上がるでしょう。

可哀想にむりやり次回の幹事にさせられた nico さんの手元には
会費もちゃんと積み立てられているからね。(笑)

次回のサロン会の時には僕はもう日本に住んでいる
そんな気がしてきています。
2017/05/01 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

>蜘蛛の子のムーさん (^^)
そうでした。日曜日にしてもらったのは、もしかしたらその日ならギリギリで上海狂人さんが間に合うかもしれないと思って、土曜日から日曜日にずらしてもらったんです。土曜日ならもう少し遊べたかもしれないですね。土曜日ならSeptember30さんも、もう少し時間に余裕がとれたのかもしれないですね。

>September30さん
いつか日本に戻る日が来るのだろうと、おぼろげながら思っていましたが、その時は米子周辺に住むのだろうと思っていました。古き良き昭和のイメージはSeptember30さんと一回り違う自分とは異なるところがありそうですが、今の日本に外観だけでない昭和を感じることができる場所があるのか、ちょっと疑問に思えます。

とはいえ、田舎暮らしは結構外来種(地元以外の人)に対して閉鎖的なところがある場合が多い気がします。自分の場合も田舎暮らしの場所探しでは、結構そんな雰囲気を感じたことが多いです。

観光客としてそこにいるのと、住人となってそこに住むのではガラリと態度が違うことは珍しくない気がします。それを感じるのはなかなか難しいですし、気がついた時には遅かったということもありますしね。

自分のところは外国人も多く来るし、外からの人にはかなりオープンですが、周りの集落は結構よそ者はダメそうなんですけど、歴史的なものか面白いです。

隠れキリシタンの伝説などもあるので、その影響もあるかもしれませんし、元々が地理的にも気候的にも文化的にも外の世界と隔離されていた時代が長かったこともあるのかもしれません
2017/05/04 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

米子は昔から山陰の大阪といわれたほどの商業都市で
今は昔ほどの活気は見られないとしても
田舎特有の閉鎖性という点はここには無いような気がする。
しかも川越さんの場合と違ってここは自分の郷里でもあるので
住人として受け入れられるのは問題ないだろうな。
外国人もほとんど見ないしね。

空港があって東京まで1時間で飛んで行けるのもいい。
あとは車さえ持っていれば日常の移動も簡単だし
アメリカと日本の二重生活は可能のように思えてきています。

欲を言えば米子よりもお隣の松江が僕にはお気に入りの町なんだけどね。
2017/05/04 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

*

そうそう、松江は米子のお隣だし、September30さんにとっては若かりし頃の甘酸っぱい(?)思い出がたくさんあるところでしたね。(^^)
でも歳を重ねてからの二重生活は大変だろうなって思います。まっ、September30さんなら持ち前のバイタリティで苦もなくやってしまいそうな気もしていますが。ともあれ、またオフ会やりましょうね。(^^)/
2017/05/14 [川越] URL #uvrEXygI [編集] 

* Re: タイトルなし

川越さん

若い頃から
日本とアメリカとヨーロッパで1年の3分の1ずつ暮らすというのが僕の夢だった。
今じゃヨーロッパは無理としても、アメリカと日本の二重生活は現実化しそうになってきたのは
これはぜひやってみたい。
その結果日本に失望するかもしれないし、逆に気に入ってアメリカを捨ててしまうかも知れない。
興味しんしんというところですよ。
2017/05/15 [September30] URL #MAyMKToE [編集] 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント