過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

過ぎて行くこと

2016/05/09  引っ越し嫌いの僕だけど…
2016/04/28  夢一夜
2016/04/23  
2016/04/14  人嫌い
2016/04/08  ある日…
2016/04/03  帰ってきた楊貴妃
2016/03/29  古いレンズよさようなら
2016/03/18  遠くへ行きたい
2016/03/11  モノクロの世界へ
2016/02/26  この頃のこと…
2016/01/18  自殺の季節
2016/01/13  太郎の手袋
2016/01/04  申年の女
2015/12/15  静かな夜のこと
2015/11/20  パリは燃えているか
2015/10/14  秋が深まる
2015/09/20  日本の味を求めて
2015/08/25  過ぎていく夏
2015/08/11  ブログとは何か?
2015/08/06  アメリカの女たち
2015/07/29  処刑の日
2015/05/25  古い靴よ、さようなら
2015/05/16  続・小さな贅沢
2015/05/12  小さな贅沢
2015/04/25  わが家の動物たち (後編)
2015/04/20  花信 その三
2015/04/17  花信 その二
2015/04/14  花信
2015/03/29  大家族とその弊害
2015/03/15  ボルサリーノ

引っ越し嫌いの僕だけど…

T160509-03-2-blog2.jpg

雨の葉桜



雨の日の朝、隣家の枝垂れ桜がびっしりと若葉をつけているのを見て、嬉しくなる。
しばらく前に満開の花を見ていた時には、その風情がなんとなく元気がなく、花の数も少なめで爛漫という感じからは遠かった。 やはり老樹だから仕方がないのだろう、人と同じで盛りを過ぎればあとは衰えていくのを待つだけなのかと、寂しい気持ちにさせられたばかりだったから、こうして隣家も空も見えないほど隙間なく密に茂った元気な葉桜は、僕を喜ばせた。

こうやって窓越しに隣家の枝垂れ桜を眺めるのは今年が最後かもしれない。
というのは、わが家では引っ越しの話がまたまた持ちあがっていて、もうすでに幾つかのアパートを見に行っている。 そのどれも高層ビルの中の住居で庭もポーチも無い、 (ベランダは付いているけど)。 われわれが最低条件に上げているのは、うんと広いリビングルームにベッドルームが2つ、浴室が2つ、それに今よりもずっと大きなキッチンを備えていることだった。 そんなの贅沢だと日本の友人たちは言うかもしれないが、そうは思わない。 リビングルームは女房のアトリエも兼ねるだけのスペースが必要だし、ベッドルームの1つは僕の仕事部屋になる予定だった。 浴室が2つ欲しいといってもその1つはバスタブの無いトイレとシャワーだけ、つまり不動産屋がハーフバスルームと呼ぶあれでかまわない。 アメリカではベッドルームが2つ以上のアパートで浴室が1つだけというのはまずないからだ。 キッチンも今の古い家のキッチンがあまりにも狭いのに改造のしようがなくて長年我慢をしてきた。 だから今回の僕らの望みはけっして贅沢ではないのである。

そうやって探し始めてみると我々の条件を満たすアパートはけっこう多くあって、そのどれも近代的で機能的で快適に暮らせそうな場所だったが、今のところ、これはというものにまだ行き当たっていない。 僕がいいなと思うものには女房が異論をとなえ、彼女が気に入っているのにこちらが気が進まず、というぐあいである。 そしてほぼ完璧に二人を満足させる住居が見つかったと思ったら、その地域が感心しない環境だったり、不便な場所だったりする。

引っ越しの話は数年前から何度も持ち上がっていたが、いつも話だけに終わってこうやって積極的に探し始めたことは今までなかった。 今回は実現するかもしれないという気になっている。 なにしろ建てられてから80年以上も経つ古い家にもう20年住んでいるから、あちこち具合が悪くなるのはしょっちゅうでその修理が大変だし、大きな庭の手入れをするのもわれわれには年々きつくなってきた。 子供たちが出て行ったあと使わない部屋やスペースが多すぎる。 もっと以前に移るべきだったと思いながらそれをしなかった理由はただ一つ。
昔から僕は引っ越しが大嫌いなのだ。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

夢一夜

T06pro225bw-blog3.jpg

 アーチ、噴水、石畳
Seguret, France



このところ毎晩のように夢を見る。
以前よく見た夢のように刹那的で筋の通らない夢とちがって、近頃の夢は一つの話に定着してちゃんと物語になっている。 目が覚めたあとでも実際にその物語を経験したような生々しい現実感があり、あらためてその話を最初から克明に反芻することができた。 まるで自分が違う世界へ行って違う人生の一部を生きたあと、またこの現実へ呼び戻されたような奇妙な気分である。
おかげで最近は眠りにつくたびに、今夜はどんな世界へ連れて行かれるのだろうと楽しみにするようにさえなった。 こんなことは今までになかったことだ。
それというのはたぶん、掛かりつけの医者に最近なかなか寝つかれないとこぼしたら、処方してくれた軽い睡眠薬を服用し始めたせいのようだ。


ゆうべはこんな夢を見た。
僕はあの南フランスの山の上の小さな村、セギュレの石畳の路を歩いていた。
ひとりではない。
ふたりの連れがいてそのふたりはもう何年も連れ添った夫婦のようだった。 その見知らぬふたりを、この村へはもう2度も来たことのある僕が案内しているというわけでもなく、むしろふたりの後について曲がりくねった細い路を登っていた。





T06pro202-blog3.jpg

村の夕暮



このふたりと僕は友人でも知り合いでもないのに、どうも奇妙な関係にあるようだった。 男はがっしりとした大きな体をしていてほとんど口をきかない。 細身の女の方は時々男に話しかけたり振り返って僕がちゃんとそこにいるのを確かめたりするのだが、そんな時、僕を見る女の眼が何かを訴えるかのように妙に熱っぽい。 おや、この女、俺に惚れてるのかなと思わせるような色っぽい微笑を見せたりする。
女は自分の好みのタイプではないし、そばにいる亭主らしい男はなかなか恐そうだ。 にもかかわらず、この触れなば落ちん風情の女にこれ以上誘われたら拒むことができるだろうか。 と思いながら僕は女のくびれた腰から視線を外して遠くの山脈にかかる雲を見ている。





T06pro252-blog6.jpg

教会


山上の小さな教会に辿り着く。
何百年とそこに建っている教会のドアは重く、男と僕とが二人がかりで押してようやく中へ入ることができた。 うしろから入って来る女が僕の背中へそっと手のひらを当てるのを感じた。
燭台が幾つか灯されただけの薄暗い教会の中で、やがて男と女が抱き合ってダンスを始める。 音楽はない。
そのすぐ傍にぼんやりと立っている僕を、がっしりとした男の肩越しに女がじっと見つめている。 そしてこちらへまっすぐ手を延べてきた。 僕はその手を握りながら、ああこの女とは寝ることになるな、とはっきりした予感に襲われる。 それは嬉しいというよりはどちらかと言うと 「困った…」 という気持ちに近かったようだ。
僕は女の汗ばった手の平を離すとそのまま教会の外に出た。 石だらけのゆるい坂道をひとりで下りて行った。




T05prov186bw-blog2.jpg

石の坂道



*****






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

T160306-33-blog.jpg

Dayton, Ohio, USA



右眼を手術してちょうどひと月が経った。
きのう診察してもらったらすべて順調で腫れも完全に引いている、あとは1週間のあいだ目薬を日に2度入れ続けろ、と言われた。 そして新しい眼鏡を作るための視力検査をしてもらう。 その結果、今の状態なら眼鏡無しで立派に運転免許証の試験をパスできると保証してくれたのは嬉しいが、このひと月すでに眼鏡無しで車を運転している僕は、はるか遠くの看板が見えにくいことを知っているので、そのためにも新しい眼鏡を作るのが待ちきれなかったのだ。 ところが医者が言うには左眼はまったく度が進んでいないからレンズの入れ替えは必要無い、今のままのフレームの右眼に新しいレンズを入れればいいじゃない、安上がりで良かったねと人の懐を見透かしたようなことを言った。 新しいフレームを買うことを予想していた僕はちょっとばかり失望したとはいえ、まあ余分なことに金を使うことはないか、と医者の言うことに従うことにした。

書いてくれたレンズの処方箋を手にしてその足で眼鏡屋へ行った。 1週間でできるという。
このひと月、眼鏡無しで不自由なく動き回れるのは嬉しいことだったが、なにしろ不便だったのは本を読んだりPCのモニターを見る時にはリーディンググラス、つまり老眼鏡をかけないとまったく何もできないことだった。 バイフォーカルの眼鏡に馴れた僕は一々かけたりはずしたりするのが面倒でしょうがない。 外に出る時も老眼鏡を持っていないと、店屋で値段表も見れずレストランでメニューも読めない。 そうか、細い老眼鏡を鼻の先までずらして掛けっぱなしにしている人をよく見かけるのはこれだったんだと納得する。 あれは高齢者の勲章のようにいつも思っていた自分も、今はその勲章をもらってしまったのか、とこれもまた寂しく納得した。 しかし何よりも腹が立つのは、写真を撮る時にファインダーを眼鏡無しで覗けるのは嬉しいとして、カメラの設定をあちこち変える時に機体の字や数字がまったく読めないからそこでまた老眼鏡を掛けなければならない。 そのあとファインダーを覗く時にはまた眼鏡をはずす、というバカバカしくて滑稽な動作を繰り返さなければならないことだった。
ああ、早く眼鏡ができて欲しい。



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

人嫌い

T160320-18-blog.jpg

誰もいない駐車場


最近よく感じるのは、以前からの 「人嫌い」 の兆候がだんだん激しくなってきたのじゃないか、ということ。
引退する前の会社では、それこそ毎日人に囲まれて人と取引をするのが仕事だったから、実は自分は人嫌いなんですなんて言っても誰にも信じてもらえなかった。 僕に言わせればあれは仕事だから仕方なくやっていただけで、できればひとりで部屋に閉じこもってひっそりと、それでいて金になるような仕事がもしあれば、と夢見ながらその機会はついにやってこなかった。

仕事を退いたあと、ひとりで過ごせる時間がいやというほど持てる身分になったわけで、それ自体はまったく苦にならない。
世間との交渉を絶つということが、こんなに楽しいものか、と自分でも驚いた。 交渉を絶つといっても山中の一軒家に独りで暮らすわけじゃないから、家族親族、近所、店屋など、周りとの接触は当然出てくる。 そういう接触を最小限にとどめるということを、べつに努力しないで自然とやっているようだ。 パーティなどに誘われてもそれがごく親しい人ばかりの小さな集まりでない限り、出席することはまずなくなった。 そして親しく気心の知れた人ならたまに自分から呼び出して会ったりさえする。 そういう時、自分でもびっくりするほどよく喋る。 だから僕は人嫌いというんじゃなくて世間嫌い、あるいは社交嫌いと言うべきかもしれない。

写真を撮るというのは、それが誰もいない駐車場であろうと、人で溢れるマーケットであろうと、孤独な行為だという点では変わりがない。 その撮った写真をPCに向かって時間をかけてあれこれ手を加えて編集するのは、さらに孤独な作業である。
そんな孤独な過程が僕にとっては実に楽しく、最後に1枚の写真が仕上がった時に、しみじみと幸せを感じる。
こんなんじゃ変人と呼ばれてもしょうがないね。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

ある日…

T160403-02-blog2.jpg

インターナショナル フェスティバル 1
Wright State University, Dayton, Ohio


数年前に僕の個展を主催してくれたライト・ステート大学国際部門のディレクター、キャロルさんからメールが来て、学生たちがインターナショナル フェスティバルをやるのでよかったらいらっしゃい、と言ってくれた。 隣接のナッターセンターで半日だけのこじんまりとした集まりらしく、行ってみるとデイトン市が毎年やっている同名のフェスティバルとはその規模も観客数も比べものにならないほど小さい。 市民の娯楽というより外国人学生同士の親睦会という感じだった。

それでもステージではきちんと衣装を着けて民族舞踊を見せたり、幾つかの屋台ではエスニックの料理が売られたりしていた。 この会場になっているナッターセンターは市では最大のスポーツ施設で、バスケットボールやアイスホッケーの試合を見に何度も来たけれど、いつも観客席から見下ろしているだけでこうして中央のコートに立ったのは初めてである。 なるほどスポーツ施設もこういう使い方があるんだ、と感心した。





T160403-20-blog2.jpg

2

パーティなどで群衆の写真を取る時は、その時は何も考えずにただシャッターを切るだけで、撮った直後にモニターでチェックすることさえしないのに、あとで家に帰ってからよく見るといつもきまってふーんと思うことがある。
人間とはなんと孤独な生きものだろう。 ということ。
そこに写されている一人一人の頭の中には、この瞬間何が去来しているのだろう?
お互いにこんなに近くに存在しながら、実際にはそれぞれの間に星と星ほどの距離を感じる。




T160403-23blog2.jpg

3






T160403-16-blog.jpg

4





T160403-35-blog.jpg

5




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

帰ってきた楊貴妃

T160402-06-blog2.jpg


きのうのこと、朝から降っていた雨が止んで、遅れてすみませんみたいな感じで申し訳なさそうな陽が射してきたとき、何気なく窓から外を見てはっとした。
隣家の枝垂れ桜に幾つかの白い蕾がついている。
あっ、楊貴妃が帰ってきたのだ。 まったく予想していなかったので驚いて去年のブログを見ると、4月の14日の記事にその前日初めて蕾を見たと書いている。 今年はそれより半月も早い僕の楊貴妃の帰宅である。 よしよし、よく帰ってきた。 さあ何も言わずに俺の腕の中へおいで。 うんと可愛がってあげよう。 とそんな優しい気持ちになった。

そして明くる日の今日。
あっという間にもうこれだけの花をつけている。 外でさんざん浮気をしてきた女が忘れずにちゃんと帰って来てくれて、長いあいだ放っておいた男を喜ばせようと懸命に花を咲かせているのは、実にいじらしい姿だった。 怒ってなんかいないよ。 浮気女であろうと悪女であろうと構わない。 俺はあるがままのお前を愛している。 そして、お前が真実愛しているのはこの俺だけだ、とちゃんとわかっているんだ。
今年もまた春は短いけれど、その短い春を激しく燃えながらいっしょに謳歌しようじゃないか。
とにかく酒だ。 乾杯だ。







ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

古いレンズよさようなら

T160326-04-blog2.jpg

ニッコール 35mm f/1.4


このレンズを手に入れたのは70年代の半ばだったから、もう40年以上も僕といっしょに年月を重ねてきたことになる。
当時としては貧乏アーチストの僕なんかにはとても手の届かない贅沢で高価なレンズで、これを買うためにしばらくのあいだ生活を極端に切り詰めことを忘れない。 今では古いカメラやレンズ類をほとんど処分してしまったあと、最後に残ったわずかなものの一つがこのレンズだった。
今あらためて手に取るとそれは手のひらにずっしりと重く、プラスチックをふんだんに使っている昨今のレンズには無い重厚な貫禄がある。 あちこちの塗りが剥げ落ちていて、とくに回転リングの部分はひどい。 胴に彫られた数字はかすれてしまいレンズの曲面にも幾つかの傷がある。 絞りのリングは少しガタついているしピントの操作リングは逆にゆるゆるで締りがない。 こうやって眺めるといかにも 「刀折れ矢尽きた」 老兵という感が強い。 しかし僕の後半生の荒波ををいっしょに生き抜いた仲間だ。 死ぬまで手放すことはないだろう。


だから 「古いレンズよさようなら」 というのはこのレンズのことではなくて、実は自分の眼の中のレンズ、つまり今回の白内障手術で取り除いた右眼の水晶体のことだった。
新しいシリコン製のレンズと取り替えてみたら、最初の数時間は何も見えず、まるで万華鏡を見ているように訳の判らない形や色が眼の前に飛び交っている。 まるでずっと昔に何度かやったことのあるLSDでトリップしているような感じである。 それがだんだん落ち着いてくると少しづつ物が見え始め、時間が経つにつれてそれが次第に焦点を結んできた。 手術した右眼の奥の方には鈍い痛みがあったが、鎮痛剤を数回飲むうちにその痛みは夜までには消えてしまった。

手術後は3種類の目薬をそれぞれ違う頻度で眼に入れるようにと医者が言う。 目薬1は日に2回、目薬2は4回、目薬3は2時間おきに日に8回というぐあいで、これを1週間続けたあと2週目はそれが目薬1と3に減り3週から5週までは目薬3だけを日に4回というけっこう複雑なスケジュールになっている。 混乱を防ぐために医者がくれたチャートに、目薬を使用するたびにチェックをするわけである。
手術の翌日のフォローアップで医者の検診を受けたら、視力はすでに 20/20、つまり日本でいう視力1.0 になっていた。
嬉しいことに以前は常に紗がかかったように見えていた周りの世界が、今は見違えるようにハッキリと鮮明に見えるようになった。 このぶんだと以前の眼鏡なしの生活に戻れそうである。 ただし、医者が言ったとおりで本を読むなどうんと近くのものはやはり見辛い。 その時だけリーディンググラスを使うか、そうでなければ以前と同じバイフォーカルの眼鏡をかけるしかないだろう。 手術前にはリーディンググラスをかけても右眼がぜんぜん見えず、本を読んでもすぐ疲れてしまったのが今では嘘のように楽に読めるようになった。 以前なら虫眼鏡を使わなければ読めなかった新明解の小さな字も、今ではリーディンググラスをかければ楽に読めた時には、僕は思わず 「やったあ!」 と手を叩いてしまった。

予期しなかったことを発見してショックだったのはそのあとである。
左右の目で別々に見る世界の色が違う!
新しいレンズを入れた右眼で見る世界はすべての色がニュートラルで正常に映るのが、左の古い眼で見る世界はずっと暖色系に見えるのだ。 ちょうど写真でいえば、昔のフィルムカメラに着ける #85 とか LBA の暖色フィルターを装着したような感じだった。

右眼

T160309-02-right.jpg


左眼

T160309-02-left.jpg




ということは、今まで何十年ものあいだ、ニュートラルじゃなくて暖色フィルターを内蔵した両眼で写真を撮っていたということになる。
これにはちょっと参った。
もっとも自分の趣味としては下の暖色の写真のほうが好きだとしても、これは趣味の問題以前の 「いかに正確に見る」 かが問題点だとすると、これではまったく自信がなくなってしまう。 色の違いのことは医者も言及しなかったし、いろいろとサーチした記事にもシャープさにだけ言及して色彩には触れていなかった。 左眼を手術すれば解決するわけだから、これはもうそうするより他にないような気になっている。 医者に言わせれば今のところ手術の必要はまったくないそうだ。

困った…






ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

遠くへ行きたい

T160214-04-blog.jpg

冬の旅
Bellbrook, Ohio USA










歌唱: 鮫島有美子









ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

モノクロの世界へ

T160227-17bw-blog.jpg

陰影礼賛


久しぶりにモノクロの世界へ入ってみると、どういうわけかほっとする。
それはまるで、自分のまわりの色彩に満ちた現実世界が実はマヤカシの世界に過ぎず、それはいつか必ず滅びるだろう頼りなくてあやふやな存在であるのにくらべて、白と黒とグレーのモノクロの世界には100年前も100年先も変わらずにそこに存在する 「確かなもの」 ―― 恒久といってもいいような世界があった。

ふだん見慣れたリビングルームのフロアスタンドも、モノクロのフィルターを通して見ると、裏に隠されて今まで気づくことのなかった新鮮な美しさを表してくれる。





T160308-02-blog2.jpg

二つのカップ


毎日1度は必ず飲むエスプレッソ。 それ用のデミカップを普通のコーヒーカップにうっかり入れたらそのまま取れなくなってしまった。 湯で温めたり冷蔵庫に入れて冷やしたり、いろいろやってみたけどどうしても出てこない。 これは破壊するよりほかに方法はないのだろうか? もしそうするとすればどちらのカップを助けるか? これは難しい問題だ。
それも忍びなく、といって捨てるのもなんとなく気が進ます、仕方なしにそのまま放ってある。 さいわいデミカップは違う形と色のものをほかに数個持っているから、エスプレッソが飲めなくなったわけではないんだけれど、この角を落とした正方形のやつを1番気に入っていたのに…





T160304-26-blog.jpg

本棚


本というものはその数が増えることはあっても減ることはない。 日常手に取ることはまずないのに、家の中のかなりの場所を占めているのは理屈に合わないと思いながらそのままになっている。 何度か処分しようと試みたが、そのたびにこれは取って置きたい、これはいつかまた読むだろう、この本には思い出がある、と結局また本棚のもとに場所へ収まってしまう。 古い本ほど特にそうだ。 





T160309-15-blog.jpg

楽譜


先日地下室で、長いあいだ開けられることもなく積まれていた段ボールの箱を開けてみたら、むかしボストンで音楽学生をやっていた頃の教材やピアノ楽譜やノートブックなどがごっそりと出てきた。 その中には自分の作曲編曲した譜面がかなり混じっている。 そのページをめくりながら僕は、昔の恋人に40年後に出会ってしまった時のような懐かしさと切なさを感じていた。
この写真の鉛筆書きのスコアは "Why am I treated so bad?" (俺ってなんでこんなひどい目にあわされるんだ?) のタイトルでジャズオーケストラ用に書いたもので、教師だったフィル・ウィルソンのバンドで最初に演奏された時のあの興奮をはっきりと思い出していた。 僕の耳に、重厚なハーモニーをバックにソロを取るフィルのトロンボーンが聞こえている。


モノクロの世界への旅は一種の現実逃避なのかもしれない。 酒やドラッグがそうであるように…









ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

この頃のこと…

T01venice02new-blur-blog.jpg

ヴェネツィアの朝


最近どうも眼鏡が合わなくなったようだ。
見るものすべてにうっすらと紗がかかったような感があって、外の風景を見ても机上のモニターを見てもなんとなく不鮮明で、車の運転をしても道路標識の文字が読みづらくなった。 数年前までは近眼と老眼がうまく中和されたらしく、日常のたいていのことは眼鏡なしでできるようになっていた。 眼鏡なしで車の運転ができるなど、生涯を通じて初めての経験である。 さらに嬉しかったのはカメラのファインダーにピッタリと眼をつけられるので写真がずっと撮りやすくなったり、夏にはクールなサングラスをかけられるようになったことだった。

ところがそのあと視力がさらに悪くなって、2年前に新しい眼鏡を作った時に僕の眼鏡なしの生活は終りになった。 それが最近になってまたまたその眼鏡が合わなくなってしまったのである。 まあ2年も経てば視力が変わるのもしょうがないだろう、とそこでしかたなく眼医者へ行って検査をしてもらうと…

視力そのものはそれほど変わっていない。 しかし白内障が右の目に見られる、と言われた。
まだそれほど進んではいないけど、日常生活で不便を感じるなら手術をするべきだという。 手術と聞いて僕は一瞬ギョッとしてしまった。 つい今まで考えても見なかったことだったから。 眼鏡のレンズを変えれば済むことだと簡単に考えていた僕は、手術と聞いて眼球に針を突き刺したりメスで切ったりするのを想像して身震いしてしまう。 (僕は生まれつき医者とか病院が大嫌い、というより常に激しい恐怖感を抱いていた)。
医者の説明によれば、眼球内のレンズを人造のレンズと取り替えるわけだけど、15分ほどで終わってしまうわりと簡単な手術で、今では誰でもやっている。 麻酔をかけるからなにも感じなく知らないうちに終わってるよ。 失敗の危険度はほとんど無い。 それに両眼じゃなくて悪い方の右眼だけだし、まあ、考えておいてください。 などと気軽に言っていた。

家に帰ってからあれこれ考え続けたけど、どうも踏ん切りがつかなかった。 危険度はほとんど無い、ということはいくらかはあるということじゃないか。 もし失敗して眼が潰れてしまったら、そのあとの一生を黒い海賊眼帯をかけて生きることになるのか。 あの今は亡くなった女房のおやじさんみたいに。
でも片目が潰れてもまだもう一つの眼があるからいいか? とも考えたりする。 でも片目じゃ車の運転もしにくいだろうし、テニスだってもうできなくなるだろう。 などといくら考えてもどうしても踏ん切りがつかなかった。

そんなある日、郊外に住むある知人を訪ねた。
この夫婦は数年前に新築の家を建てて市内のアパートから引っ越して行った。 その時、新築祝いとして僕の写真を額装して贈ったことがある。 ヨーロッパに何度も旅行しているこの夫婦は、僕のヴェネツィアの運河の写真をことさら喜んでくれて、新築の家の玄関の壁に架けていた。
今回の訪問でその写真を改めて見た時に僕は思わずギョッとしてしまう。
そこにはピンボケでなんともあやふやなヴェネツィアの運河が写っていたからである。(上の写真)
もちろん、ボケているのは写真じゃなくて自分の眼だとは十分に承知しながら、その瞬間、僕は決心をしていた。 こりゃあもう眼を手術するしかない、と。
そうすればこの知人の家にも元の鮮明なヴェネツィアが戻ってくるにちがいない。

誰だ?
ボケている写真の方がいい、なんていうやつは?




T01venice02new-blognew2.jpg



3月23日が手術日となっている。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

自殺の季節

T150521-01-blog.jpg

わが家の兵馬俑(へいばよう)


僕のまわりでつい最近、二人の男が相次いで自殺するというショッキングな事件が起きた。
この二人はもちろんお互いにはまったく無関係で、その一人など息子の親友の父親というだけで、僕にはつい会う機会さえなかった人だ。 しかし息子にとってみればその人はただの知り合い以上の人だったようで、彼の家庭でいっしょにテレビのスポーツ観戦をしたり、親友と3人で何度か釣りに行ったりしたそうだから、その衝撃度は僕とは比べものにならなかったに違いない。
退役した警察官だという60代のその人は、家族が外出したあとの自宅の地下室で拳銃で頭を撃ち抜いた。

自殺したもう一人はスティーブだった。
スティーブは妻の弟がまだ大学生だった若い頃からの仲間の一人だったから、僕は彼をもう30年以上も知っているということになる。 僕が初めて妻の実家を訪れた時に、僕らはまだ結婚前で妻の実家には泊めてもらえず、当時スティーブと義弟がシェアしていたアパートに2週間ほど世話になったのが始まりだった。 電子機器の製作所に勤める彼は結婚して子供もあり、50代になった今では部長に昇進していた。 彼の顔をしょっちゅう見るというわけではなかったけれど、僕らの一族の集まりにはよく出席する常連の一人だった。
そういえば、つい数か月前のマイケル(僕の甥)の大学卒業のパーティでたまたま彼と隣り合わせの席に座り、久しぶりにあの頃の昔話をして懐かしんだばかりだったのに。
そのスティーブは先日、自宅のガラージで首を吊って死んでしまった。

話を聞くとこの二人とも鬱病気味で、医者に薬を処方してもらっていたそうだけど、それほど強度の病状ではなく、家族の人達にさえその深刻な苦悩は伝わっていなかったらしい。
現に、数か月前にスティーブと親しく話した時にも、そんな危険な気配などまったく感じられす、飲んで笑って一晩をいっしょに過ごした。 その彼の、誰にも見せない心の奥深くは大きく病んでいたのかもしれない。


世界保険機関(WHO) の資料によると世界中で1年間に約80万人が自殺している。 40秒ごとにどこかで誰かが自殺するそうだ。
自殺の理由は 「精神病」 というのが圧倒的にダントツで多く、その下に 「愛情問題」 「最近の危機感」 「健康問題」 の順で続き、それからずっと低いところに 「仕事上の問題」 「財政困難」 があるようだ。 自殺は男性が圧倒的に多く、女性の3 ‐ 4倍にもなるという。

理由が何であるにしろ、自分の命を絶つほど切羽詰った状態になったことが無い自分のような人間は、ラッキーだと言えるだろう。 僕の人生はもちろん順風満帆というようなものではなく、むしろそれからはずっと程遠く、山あり谷ありの繰り返しだったから、時にはギリギリまで追いつめられたことも数知れずあった。 それでも本気で自殺を思ったことはなかったような気がする。 もっとも、 「もう死んでもいいや」 と絶望の状態に陥ったことはあったけれど、その時でさえ自殺を考えたことはなかった。
「何とかなるさ」 という楽観というか諦観というか、そんな気持ちが常に自分の中にあって、そのおかげで周りの人たちに迷惑をかけながらも、いつのまにか難局を切り抜けていた。

精神的に病んでいない限り、自分で自分の命を絶つには恐ろしいほどの勇気と決断力が必要なのだと思う。
根が怠け者の僕はその勇気も決断力も持ちあわせなかったことを、ありがたいと感謝している。 第一、自分が突然いなくなってしまったら、それを悲しむ人がいると思えばそれだけでも自殺を思いとどまる理由になる。 いつか必ずまちがいなく死はやって来るのだから、それをことさら早めるのはもったいなさすぎる。 どんなことがあっても生きてさえいれば、「いつか良いことあるさ」 と思いたい。



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

太郎の手袋

T160110-7-blog2.jpg

雪の森へ


雪になるという予報が当たった。
今朝起き抜けに外を見るとそこには白の世界があった。 ふだん見慣れている風景が驚くほど新鮮に目に映る。 今年の冬に初めて雪らしい雪が降ったのだ。 よし、となんとなく浮き浮きして出かける準備をする。 雪の森へ。
アウディにはしばらく前にスノータイヤを履かせたばかりだし、自分もジーンズの下にスパッツを履いて(これは日本からM子さんが送ってくれたもの) 上はフラノのシャツにセーターの重ね着、その上にさらにスウェードのコートを着て長いマフラーを首に巻きつける。 何しろ外は零下15度の寒さなのだ。 ただし、靴だけはふだんのスリッポン。 というのは足を窮屈に締めつけるあのブーツというやつに僕は先天的な拒否感があって、昔から雪の中でもブーツを履いたことがない。 あとはボルサリーノの帽子をかぶり最後に手袋をすれば、雪の森へ入る準備は整ってしまう。

手袋といえば僕は何組かもっている。 厚手の革製のものや太い毛糸で編まれたやつ、それにエスキモーが着用するようなごついミトンなどを長年使ってきたけれど、そのどれにもいつも不便を感じたのは、カメラを操作するたびにいちいち脱がなければならなかったからだ。 1度など、ラップシンガーが着用するような指先だけ外にでるようなやつを試してみたことがあるが、これはたしかにカメラの操作には便利とはいえ、氷点下の寒さの中では指先が凍ってしまい使い物にならなかった。
それが、2年ほど前から愛用しているこの手袋はすごく気に入って、今ではもうこれ以外をまったく使わなくなってしまっていた。 それは濃い茶色の、薄くて驚くほどしなやかな上質の皮でできていて、内側はウールのライニングが付いている。 手にはめると5本の指先にピッタリと密着するので、そのままでカメラ操作だけではなく大抵のことはなんでもできるのは。便利この上もない。

この手袋は息子の太郎のものだったのを、ある時、家に忘れて行ったので試しに手にはめてみたら、びっくりするくらい具合が良いのですっかり惚れ込んでしまい、そのまま略奪してしまった。 代わりに僕のものを使えと言ってみたのに、もともと手袋を好きではないらしい太郎はそれもしなかった。 それでも僕がかなりの罪悪感を感じたのは、実はその高価な手袋は太郎のガールフレンドからの贈り物だったからである。
その女の子と太郎は、2年ぐらいつき合ったあと別れてしまった。
心を込めた贈り物を父親に譲ってしまうような無神経な男だから、というのが原因というわけでもなさそうだけれど、一方的に息子から手袋を取り上げてしまった父親の僕としては、なんとなく後味の悪い話だった。 だから今でもこの手袋を手に取る時によく彼女のことを思い出す。
かんじんの息子の方は過去の恋人のことなんかもう忘れてしまったかのように、最近になって新しく知り合った女の子とのデートに忙しい。



手套を脱ぐ手ふと 休(や)む 何やらむ こころかすめし思ひ出のあり
石川啄木



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

申年の女

T160102-3 -blog3

2016年 元旦のマヤ



クリスマスから正月にかけてマヤが帰って来た。
こうして家に帰って来たのは2012年のクリスマスが最後だったのを思い出すと、3年ぶりの帰省ということになる。
それなのに、すごく久しぶりという気があまりしないのは、去年の6月にマヤの住むピッツバーグまで家族全員、といっても女房と息子の3人で押しかけて数日を過ごしたから、顔を見るのは半年ぶりというわけだし、ふだん電話やメール、フェイスブックなどでしょっちゅう家族間の交信があるせいだろう。

そのマヤが、申年の今年は年女だと気がついた。
9月には36歳だと? なんとまあ年増になったものだと驚く。
世間並みに言えば結婚して子供があっても不思議ではない歳なのに、いまだに独身なのである。 まわりに男友達を多数に持ちながら、そしてその中にはマヤを本気で好きな男性が幾人かいるらしいのに、恋愛や結婚の気配がまったく無いようだった。 その理由を本人に訊ねたことはない。 彼女が過去に経験した2つの恋愛がそれぞれ別の理由で悲劇的な結果に終り、それで彼女が大きく傷ついたことは、父親の僕にはよくわかっていたから。
今ではマヤは、多忙な仕事に没頭しながら、多くの友達に囲まれた私生活を楽しんでいるらしく、その幸せそうな顔を見るのは、父親としては嬉しいことだった。



Scan-110212-0009-blog2.jpg

4歳の誕生日のマヤ





ところでそのマヤは酒に強い。
元旦の夜、家族で食卓を囲みながら話が酒のことになった。
お父さんが酒が好きなのは理由があるんだよ。 と僕が昔話を持ちだす。
あれは確か僕が10歳のころ、一族郎党がそろって団体を組んで汽車に乗り、隣町の松江市で催されていた大きな博覧会を見物に行ったことがあった。 その時どこかのレストランで昼食をとった時に大人たちが酒を飲み始めた。 僕の臨席にいた父が、飲んでいた生ビールのジョッキを僕の前に押しやると、「一口だけ飲んでみるか?」 と言った。 うん、と答えて僕は重いジョッキを両手で持ち上げて、ゴクリと喉を鳴らして飲み込んでみた。 そして、世の中にこれほど美味なものが存在するものなのか、と子供心に驚嘆してしまったのである。

この話を聞いたマヤが
「そういえば、お父さんは私が6つの時にスコッチを私に飲ませたのよ」 ととんでもない事を言い出した。
母親が外出して僕とマヤとが2人きりでいた時に、僕が飲んでいたスコッチのオンザロックを、アップルジュースだよ、と言ってマヤに少しだけ飲ませたという。 それがあまりにも美味しかったのでもっと飲みたかったのに、僕はダメダメと言って飲ませなかったそうだ。 その代わり、それ以後は同じことが数回起こったという。
僕にはまったく記憶に残っていない話だったが、そばで聴いていた女房が 「あなたまあ、なんて事を…」 と非難の眼でこちらを睨んで絶句している。
僕は僕で30年ぶりに明るみに出た秘密に、なんという父親だったのだろうと我ながら呆れていた。
そうか、自分の父親が僕にしたことを、知らないでそのまま自分の子供にやっってたんだ。 僕はそのままアルコール依存症になってしまったのに、マヤはそうはならなかったのはありがたい。 どうか酒にも男にも強い女になってくれよ、とこれは言葉に出さない心のなかで父親の僕が念じた2016年元旦の祈願だった。


マヤに起こったいくつかの不幸せなことは、ずっと以前、『娘への手紙』 に書かれている。



ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

静かな夜のこと

T151213-05-blog.jpg

Dayton, Ohio 2015


クリスマスまであと10日というのに、今日は思いがけず暖かい日となった。
昼間は青空を白い雲が悠々と流れて気温は18℃ まで上がった。 こういうのを小春日和というのだろう。 日が落ちてあたりが暗くなった頃、2階の窓から外を眺めると、近所の家々にはクリスマスのイルミネーションが灯されて、中にロウソクを点けた紙袋がきれいに道沿いに並んでいた。

この平穏無事な光景を写真に撮りながら、僕の頭の中にはコルトレーンのソプラノサックスが流れ続けていた。 そして撮った写真を改めて見てみると、平和なクリスマス風景というよりも、何となくこの世の終焉という不気味さを感じてしまったのは、先ほど見た悪いニュースのせいかもしれない。 ダマスカスではロシアの爆撃で50人が死にその中には子供もいたというし、フィリピンの沿岸では前代未聞の台風が吹き荒れているという。 それだけじゃない。 世界一安全な国と思われていたアメリカにも、テロリストの魔手がまちがいなく伸びていることがはっきりとわかってしまった。

僕が20代のころ、東京で聴いたコルトレーンの同じバラードは甘い恋の歌だったというのに、今の僕の耳にはこの曲は、世界の不幸を弔うレクイエム(鎮魂歌) のように響いた。


John Coltrane
"Say it"





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

パリは燃えているか

T05paris003-blog5.jpg

モンパルナスの秋
Montparnasse, Paris


秋がどんどん深まっていく。
その鎮静な空気の中で、僕の心は嫌でも内へ内へと向かっているようだった。
庭の芝生にぎっしりと堆積した乾いた落ち葉が、冷たい風に吹かれてつむじを巻きながら空に舞うのを眺めながら、「生きる」 ことの無意味さをつい思ってしまう。
こんなんじゃだめだ。 何とかしなければ…

そんな中でパリのテロ事件が起こった。
これは良くなかった。
そうでなくても、濁った沼にはまり込んでしまったような厭世的な気分になっていたのが、さらに深みへと引っ張り込まれたようだった。
このところ、無気力に毎日を過ごしている僕だった。 友人へのメールの返事は書かれることはなく、ブログの更新は忘れられ、締め切りを過ぎた仕事はそのまま放って置かれた。 そして1日中テレビの前でパリからの実況を見ているうちに時が過ぎていく。
こんなんじゃだめだ。 何とかしなければ…


テロ集団 ISIS がアメリカに送りつけてきたビデオを見ると、彼らが次の標的としているのはワシントンDC かニューヨークのタイムズ・スクエアだと明確に予告している。 それがただのハッタリかどうかはもちろん誰にもわからないが、これまでは比較的小規模の集団と見られて、9/11の時のアルカイダほどの高度にシステム化された戦闘力は無いと思われてきた ISIS が、実はそれほど幼稚な集団ではないということが、前回のロシア航空機の爆破で証明されてしまった。
ISIS が発行する英語版のプロパガンダ雑誌には、あのロシア航空機の爆破に使われたものと同じだと自称する爆弾が写真入りで紹介されていた。 ただの小さなソーダ缶である。 旅客機の機内には持ち込めないとしてもラゲッジの中にこっそり忍ばせるのは、これほど簡単なことはないだろう。
ソーダ缶に穴を開けて中の飲料を捨てたあとに、高性能の爆薬を注入して、それに電池式の小さな起爆装置を着けたものと思われる。 時限装置を着けるほどのハイテックなものではない、とアメリカ当局は見ているようだ。 自爆を覚悟で旅行者に紛れ込んだ ISIS のテロ分子が、時を見て乗客席でリモートコントロールのスイッチをオンにするだけ。 それだけで224人の命が一瞬にして空中に散った。

そしてパリの多発テロの数日後、フランスの捜索団がパリ郊外のアパートに ISIS のアジトを突きとめて乗り込んだ。
数人を検挙したが、爆弾チョッキを着た女性の要員はそばにいた一人を巻き添えにして自爆している。 もしこの検挙がなければパリ市内のどこかで次の爆破計画が遂行されたのは間違いない。


こんなふうに次から次へと起こる一連の事件に、ISIS の次のターゲットになっているアメリカ国民の危機感はいやでも高まっているようだ。 彼らにとって幸いなのはアメリカは巨大国とはいえ一応は島国であることだろう。 陸続きのヨーロッパと違って簡単に入国は難しい。 だからこそ、シリアからの何十万人という難民を受け入れるかどうかで、アメリカの議会は大騒ぎになっている。 もともと難民の寄せ集めだったと言っていいアメリカだから、他国からの犠牲者に対しては十分な同情を持つ彼らだけど、そのためにアメリカ自体が危機に晒されるとなると話は違ってくる。 そう、難民にまぎれ込んだ ISIS の侵入を恐れているのだ。


これを書いている今も、パリからのニュースは刻一刻と入って来る。
パリ郊外のアジトで自爆した女性のそばで死んだ男は、ヨーロッパ中の国が捜索していた、今回のパリ多発テロのリーダーだったことが、たった今判明した。 そしてフランス当局が公表した録音には、自爆直前にその女性が 「彼は私のボーイフレンドじゃない」 と叫んだ悲壮な声が鮮明に残されていた。


世界戦争が始まろうとしている。
そんな気がしてならない。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

秋が深まる

T151009-05-blog.jpg

最後の2輪


秋がどんどん深まっていく。
今頃からハロウィーンにかけての数週間が、1年を通してもっとも気持ちの良い季節かもしれないと思う。 そのあとにはあの恐ろしい冬が、手ぐすねひいて待っている。 この時期には、家に居ても冷暖房を完全に切って窓を開け放したままにしておけるから、外の樹々を風がさわさわとわたる音が聞こえて、その風が室内に吹き込んで壁のカレンダーをめくっている。 外に出ても陽射しがずっと弱くなり、ひんやりとした空気が澄んでいるのを感じる。

毎日の犬の散歩にはいつの間にか幾つかのルートが決まっていて、どれを選ぶかはその日の気分しだいということになる。
自分の気分だけではなく犬の気分も尊重することにしているから、家を出たあと犬が引っ張る方へと歩き始めることも多い。
そんな幾つかのルートの一つに、このヒマワリ畑があった。
ヒマワリの花も数本だけならあちこちの庭に見ることができ、わが家の庭にも大輪のヒマワリが毎年1本だけぽつんと咲く。 ところが、この屋敷の庭には、長い柵に沿って数100本のヒマワリが群れをなして並んでいて、それが一斉に花を咲かせている光景は、この近所ではちょっとした見ものだった。

この日、久しぶりにこのルートを通ってみると、あの見事に咲き乱れていたヒマワリの群がすべて枯れて、黒ずんだ茎だけになっている光景を見てがっかりしてしまった。
そうか、夏はもう終わったんだ。 と今更のように季節の移りを感じながら、荒れ野を思わせる枯れた植物群に沿って歩いている時に、この2輪の花が目に留まった。 仲間がすでに逝ってしまったのを知りながらそれでも可憐に、懸命に、咲き誇っている風情に胸を打たれた。
僕はそのまま家に取って返すとカメラを持ちだして来たのは言うまでもない。


その2日後に同じ場所へ帰ってみると…
あの2輪のヒマワリは跡形もなく消えていた。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

日本の味を求めて

T08japan033-blog.jpg

銀座 『天龍』 の餃子


日本に帰るたびにいつも 「何が食べたい?」 と聞いてくれる友人たち。
僕の答えはだいたいいつも決まっていた。
寿司とか刺し身ではない。 豚カツとかうな丼とか天ぷらでもない。 焼き肉でもなければラーメンでもない。
餃子だった。

アメリカでも和食の料理屋へ行けばほとんどのものが食べられるし、日本の食材も豊富に手に入るようになった最近だが、それでも、これはやっぱり日本じゃなくちゃ、というものが幾つかある。 その筆頭が僕には餃子ということになる。 アメリカのチャイニーズ・レストランなら Potsticker (ポットスティッカー) という名でメニューには必ず載っているものなのに、アメリカに何十年暮らしながら美味しい餃子を食べたという記憶がまったく無い。

数年前に、といってももう7年も前になるが、友人のSが連れて行ってくれた銀座の 『天龍』 の餃子は、食道楽の彼が自信を持って薦めるだけあって、一度食べたら病みつきになってしまった。 それ以後は東京に行くたびにここに来る。 ニンニクのまったく入らないユニークな餃子だから、食べた後の口臭を気にしないですむ、ということでランチの時間など周囲のオフィスから人がどっとやって来る。 以前はそんなことはなかったのに、すっかり有名になってしまった天龍へ行く時は、開店の11時よりも前に到着しないと、長い長い行列に並ぶことになる。 (僕は生まれつき何が嫌いといって、行列に並ぶことほど嫌いなことはない。 それがレストランであれ、空港の入国審査であれ、美術館の入場であれ)。

最後に天龍へ行った時に同行した女性が、先日メールをくれて、今日は久しぶりに天龍へ行きました、と書いてきた。
そしてその時に携帯電話で撮った写真まで添えてある。 これは僕にとっては残酷な仕打ちといえた。
「早く日本へ帰っていらっしゃい。」 と書く代わりに、1枚の写真に彼女の気持ちを込めたわけだろうが、その効果は十分以上にあったようだった。

そんなことがあって急に餃子が食べたくなった。 といってもそのへんのレストランに行く気はしない。 行っても失望させられることはわかっているからだ。
仕方がないから自分で作っちゃおうと、餃子の皮や合い挽きのひき肉やキャベツなどを買ってきた。
餃子を作るのはもちろん今回が初めてではない。 前に何度もやっている。
それがどうしてもうまくいかないのである。

どうしてもうまくいかないのは、その焼き方なのだった。
調べてみると焼き方に関しては2つの説があるようだ。
まず最初に餃子を焼き、そのあと少量の水を加えて蒸すという方法と、最初から水を入れて火にかけ、水が無くなったあとそのままさらに焼く、というのと。 僕はその両方を試してみたけれどやっぱりうまくいかない。 皮が水っぽくブヨブヨになってしまい、どうしてもパリっと仕上がらないのである。 水の量や火力を変えてみたけどだめだった。

どなたかコツを伝授してくれないかなあ。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

過ぎていく夏

T150725-21-blog2.jpg

ダウンタウン
Dayton, Ohio



子供たちの学校が始まったらしい。 車を転がして町を行くと、学校の近くで 《速度 20マイル (32キロ)》 の標識が点滅していて、長い夏休みを終えた子供たちがぞろぞろと校舎へ吸い込まれて行くのが見えた。
アメリカの学校の夏休みは、日本と違って2か月という長さで、6月の半ばに夏休みに入るから、8月の半ばにはもう大抵の学校では新学期が始まることになる。 この頃にはあの暑さも急激に衰えていき、今朝など気温は18度を示して涼しい風が吹いていた。 秋の気配がすぐそこまで来ている。

最近の僕は体の調子がすごくいい。
数年前までは次から次へとあちこちがおかしくなって、これが老化というものか? この痛みや不安や不愉快さと、これから死ぬまで付きあっていくのか? とうんざりしたものだった。 それがどう訳か、この数年ほどはそんなものが消えてしまい、身体がシャキッとしてきた、という感覚が内部にあって、前よりも少し若返ったような気さえしている。

少し若返ったと感じるのは、身体だけではなくて気分もまたそうだった。
体内にエネルギーが溢れているような感じがあり、しかも常にピリピリとした一種の覚醒感のようなものがある。 少し前までは何をやっても 「あ~、面倒くさい」 と投げやりな気持ちが強く、すぐに疲れてそそくさと終えてしまったり途中で投げ出した事も多かった。 それが最近は一つ一つを丹念に最後までできるようになった。 以前と違って身体を使うことを嫌がらないばかりか、進んで探している自分を自覚するのは嬉しいことだった。

なぜそうなったのか、自分にもわからない。
食餌を変えたりエクササイズに専念した訳でもないし、生活自体は何も変わっていない。 相変わらず肉を食い(量は減ったけど)、酒を飲み(量は増えた)、煙草を吸う。 運動といえばテニスと自転車乗りしかしていないのはもう何年も同じだ。
ただ、生活が前よりも規則正しくなったのは確かで、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きて、同じことをする。 変化が無くつまらなくなった日常生活は、好むと好まざるとにかかわらずいつの間にか規則正しくなってしまった。 そして睡眠時間はたっぷり8時間とらないと調子が悪い、という発見もした。

精神的に健康だからそれが肉体にも影響するのか、それとも身体の調子が良いからそれで気分まで健全になるのか?
これは僕にはわからない。
少し若返ったと感じるのは、これも老化への一段階に過ぎないのかも、と思ったりする。


今週末には親子3人と犬1匹とでフロリダへ行くことになっている。
車で片道14時間の距離をノンストップで走る予定だが、息子と運転を交代すること無しにどこまで行けるか、見極めてみたい。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

ブログとは何か?

T06pro548bw-blog3.jpg

抱擁
Isle-sur-la-Sorgue, France



つい先日、ある人のブログを読んでいて 「ブログとは何か?」 をつくづく考えさせられることがあった。
そのブログに出会ったのは、もう7,8年前のこと、今は親しくしているあるブログ仲間のサイトのリンクから、偶然に覗いたのが始まりで、それ以来時々思い出したように訪問をするのを習慣としていた。
訪問してもコメントを残したことは一度もない。 自分と共有できるものがほとんど無いそのブログには、コメントの書きようがなかったからである。 にも関わらずそのブログへ帰って行くのは、僕の知らない世界を覗かせてもらえるという好奇心がそうさせたのだと思う。

そのブログの著者(仮に B さんと呼ぼう)は東京在住の写真家らしい。 らしい、というのは写真の他にデザインとかバラの栽培とかもプロとしてやっているようで、その上しょっちゅう旅行をしている人だった。 彼のブログに毎回載せられる膨大な数の写真は僕自身とは異質のスタイルのものだし、瀟洒なビストロや高価な料亭での料理の記事も、居酒屋派、大衆食堂派の僕には夢のような世界だった。 バラの栽培や数匹の愛猫達の記事も僕との接点は無い。 にも関わらず、僕などおそらく経験することは無いだろう世界を、洗練されたセンスと軽妙な文章で綴る彼のブログは、いつも僕を楽しませてくれたと云わなければならない。

その B さんが先日、ブログ閉鎖を宣言した。
その理由を読んだ時、僕はちょっと驚いてしまった。 彼が言うには、10年前にブログを始めた時から決心していたのは、記事にメッセージ(コメント)が入らなかったら、その時はブログを止めるということだった。 そして今回それが起こったらしい。

書いた記事にコメントがなかったことが、それほど彼を傷つけたという事実に僕は驚いた。 僕のブログでは記事にコメントが何も付かないのはよくあることだし、それでちょっとがっかりすることはあっても、あまり気にならない。 たとえ誰からもコメントが来なくても、毎日平均して100人内外の読者が僕のブログへ来てくれていることを知っているからである。 
B さんはまた、彼のブログへのアクセス数は増える一方なのににコメントの数が増えないなら、ブログなど止めてその少数の人達にメールか何かで記事を送ればいい、と書いている。 それなら (僕のように) 記事を読むだけの大多数の読者の存在は彼にとっては何なのだろう、と思ってしまった。
コメントをしたくとも常連達の馴れた文章に圧倒されてしまう人もいるだろうし、僕のように、もし書けばネガティブな内容になってしまうとすると、つい遠慮してしまう人もいるだろう。 読むだけで十分に毎日の活力を得ている人も多いに違いない。 そういう不特定多数の読者、影も形も見えない訪問者は、B さんにとっては存在していないのだ。 



「ブログとは何か?」 と言う問いに B さんは、「ブログ=自慢」 だと断定する。
ここも僕とは大きく違うようだ。 僕は自慢のつもりでブログの記事や写真を載せたことは一度もない。 「過ぎたこと」 は僕が生きている間に書いておかねばならないこと、僕がこう生きたという証明であり、ある意味では懺悔録のようなものだし、「過ぎて行くこと」 は残り少ない日々を書き留めておく日記のようなものだと思っている。 どちらも書かずにはいられないから書くわけで、それを読んでくれる人の有る無しは僕にはまったく二次的なものなのだ。 ましてや、僕の写真を見たり文章を読んだりして、感激や共感を感じてくれる人がいるかいないかは、僕には推測すらできないことだ。 ほんの僅かの人達がコメントという形でそれを表現してくれるのはありがたく、その人と心が通じたことは何よりも嬉しい。

僕のブログは、たとえば 「クイズ」 のような遊びも、誰よりも本人の自分が楽しんでいるし、賞品に差し上げる写真が世界中へばらまかれて愛されて、僕がいなくなった後も世に残るのはすばらしいことだ。 これは写真を自慢しているのではない。 アーチストとしての使命だと僕は思っている。 「写真のレシピ」 シリーズだって人々に教えるというよりも、あれを書くことで写真に対する自分の姿勢を改めて見直すことができるからだった。

そして、僕のサロンへ集まってくださる人達との交友は実に楽しく、そして僕にとっては掛替えのないものだ。
あまりにも長い年月を異国で過ごしながら、いつもいつも夢見ている日本。 その日本へ還ることのできる唯一の場所がここだからである。 サロンの人数が増えればいいなあ、と思うことはあるとしても、そのためにブログの書き方や写真の選択が変わることはありえない。


B さんのブログは、(予想したように) 閉鎖を宣言したとたんに 「止めないで~」 とコメントが山のように来ているようだ。
そういえば数年前にも、彼が一度ブログ閉鎖を宣言したことを思い出す。 その時にも同じような現象が起こった。 あの時はほとんど間を置かないで彼のブログが再開したのはそのせいかどうかはわからないが、今回も彼は、今すぐに閉めるというわけではないと書いている。 僕自身も、このまま続けて欲しいと思う中の一人であるのは確かだ。 彼の世界は僕にとっては十分に魅力的なのである。 B さんは、閉鎖宣言を読者の反応を引き出すための小道具として使うような人ではない、と信じたい。
ただ、もし僕なら、閉めると宣言したらその場で閉めるにちがいない。 それが読者に対する最小限の誠実だと思う。


実はそういう僕自身、ブログを止めようと決心したことがある。
それほど以前のことではない。 実際に閉鎖宣言の記事を書いて、クリックひとつで公開できる所まで行っていた。
でもクリックしなかった。
サロンの人達と別れるのは実に辛いことだし、来る日も来る日も僕のブログを訪ねてくれる100人の人達にも申し訳ない。
しかし何よりも、僕にはまだ書かなければならないことが残っている。 それが無くなった時にブログを閉めよう。 その時のために、前に書いた閉鎖の記事はそのまま取ってある。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

アメリカの女たち

_DSF3980-blog.jpg

1


僕の住む町に 'Antique Village' と呼ばれる骨董品のモールがある。
「オハイオ州で最大の」 と宣伝の謳い文句にあるように、たしかにでかい。 フットボールのフィールドほど広い平屋建ての建物の中に、300以上のショップが整然と並んでいる。 どのブースにも店主の姿はなく、運営はビレッジが取り仕切っているようだ。 ここで売られるのは、金持ちの収集家が目を光らせるような高価なものはなくて、昔から人の生活に直接関わってきた日常品がほとんどだったが、一応すべて骨董品である。 といってもここはアメリカだから、ヨーロッパや日本の骨董屋のように100年とか200年とか経ったものがごろごろあるわけではなく、多くは1930年代から1980年代までのものだった。

あれこれ手に取ってみると驚くほど安く、誰にでも気軽に買えそうな値段が付けられている。
店主がいないので、巷(ちまた)の蚤の市のように掛けあいをして値段をさらに安くさせるという、あの楽しみはここにはないが、そのかわり多くのブースが期間を決めて安売りをしていた。 全品15%引き、20%引きというのが多かった。

僕が時々ここを訪れるのは、何か買う目的があって来るというよりも写真を撮りに来ることのほうが多い。 そう、店内はいっさい撮影自由なのだ。 といっても、つい何かを買わずにはいられないことも今まで何度かあった。

たとえばある時、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の複製画がちゃんとした額に入れられて25ドルで置かれていた。 この絵は数年前にパリの蚤の市で見つけて買った小さな複製が、我が家のリビングルームの壁にかかっている。 いくら払ったのかは全く覚えていないが、この時ビレッジで見たものはそれより二回りも大きく、うちにあるのよりもずっと質の高い複製だった。 マホガニーの額を裏返してみるとそこに、誰かから誰かへの贈りものとされた年代が1935年とあるのがうっすらと読めた。
迷うことなく買ってしまったのだけれど、さらに嬉しかったのは、たまたま安売りの週だったので20%引きになった。

ここにはアメリカの古き良き時代の匂いがぷんぷんと漂っていた。 しかもいつ来ても店内に流れているのは、ビートルズやローリング・ストーンズやママス&パパスなど、60年代の音楽だというのも嬉しい。
そんなノスタルジーの世界で骨董品の山の中をさまいながら、片隅にひっそりと隠れているアメリカの女たちを探し出す。
彼女たちの帽子や髪形や衣装や赤い唇に、木石と化した僕でさえつい心ときめいてしまうのを、誰が責められるだろう?


ところで上の写真だけど、彼女を見た時にまたまたデジャヴが起こった。 優しい笑顔や全体の雰囲気などが知っている人とぴったり重なる。 そして彼女は日本人だった。
今はどうしてるかなあ.....








T15antique27-blog2.jpg

2








T15antique31-blog.jpg

3








_DSF3967-blog.jpg

4








T15antique51-blog4.jpg

5







T15antique29-blog3.jpg

6








_DSC2512-blog.jpg

7








T15antique56-blog.jpg

8








T15antique32-blog.jpg

9







_DSC2517-blog2.jpg

10








T15antique46-blog4.jpg

11








_DSF3971-BLOG3.jpg

12








_DSF3973-blog.jpg

13








T15antique43-blog2.jpg

14




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

処刑の日

T1507pine-05-blog2.jpg

わが家の松の樹


裏庭の松の樹が伐られることになった。
年齢不詳のその松はいつからそこに立っていたのか知らないが、二階建てのわが家の屋根よりもはるかに高いところまで伸びていて、十数年前にこの家へ引っ越してきて以来、われわれ家族が毎日見慣れてきた松の樹だった。
ただ、その生えている場所が悪かった。 隣家のドライブウェイとうちの裏庭を仕切る板塀の、すぐ内側なのだ。 そのため、上空で大きく広げた枝々の西側の半分は隣家のテリトリーに突き出しているので、隣人が所有する数台の車はガラージに入れる以外はその枝の下に駐車することになる。 おびただしい数の松葉がその上に振りかかるし、何よりも困るのは車に落ちる松脂(まつやに) だった。 これは僕自身も経験があるが、車にこびりついた松脂は取るのがほとんど不可能だった。 下手をすると車のペイントまで剥がれてしまう。

この松の樹に対する隣家の苦情はわれわれも知っていて、費用はむこうで持つから伐らせてもらえないか、という話がすでに何度か出ていたが、女房の猛烈な反対に会ってそのままになっていた。 この隣家というのは、僕が部屋の窓から毎日眺めている、あの枝垂れ桜のある家で、しょっっちゅう親しく行き来をするような間ではないにしろ、顔を合わせる度に雑談をしたり、庭の手入れの器具を借りたり、休暇の時期にはお互いに留守の家に目を光らせたりして、友好的な関係が保たれている。 彼らは一方的に要求を主張をするような人達でも、話の分からない人達でもなかった。 僕の女房が動物や草木に対して、人並み以上の愛着を持つ人だということも、彼らはよく承知していた。

最近になってまたその話が持ち上がった。
隣家の娘さんの仕事が変わって実家に戻って来ることになり、それで車の数が更に増えるので、どうしても松の樹の下に駐車しないわけにはいかない、と言う。 路上駐車ならできなくはないけどそれでは不便だ、というのも僕にはよく理解ができた。
これはもう決着を付ける時期だと思った。 隣人の長年の苦情には十分な理由がある、と僕は判断したからだ。 そこで、例によってにべもなく頭から拒否する女房を説き伏せるという、調停者の役割を僕が受け持つことになった。 そこで、隣家側の枝だけを部分的に伐り取るという折衷案を出してみた。 まず女房が反対した。 そんな片輪(かたわ)になった可哀想な樹なんか見たくない、と言う。 隣人も、それだと町の美観を損ねるということで、市の方から何か言われるかもしれない、と これも反対した。 その結果、樹を根本から切ってしまう、という結論に女房はしぶしぶ同意しないわけにはいかなくなったのである。 反対を見越して提案した僕の折衷案がうまく 効を奏したようだった。







T1507pine-01-blog.jpg

処刑の朝


松の樹の処刑が決定した日から、女房の機嫌が目に見えて悪くなる。
調停者としては、なだめようとあれこれ試みた。
「悪いことばかりじゃないよ。 あの樹の下にある屋根の樋(とい) にはいつも松葉がぎっしりと落ちただろう。 ガラージの樋は俺か太郎がハシゴに登っていつも掃除してたけど、二階の屋根の方は職人を雇わなければできなかった。 その必要がなくなるんだ。 それに昼間でも暗かったキッチンと二階の俺の部屋が、ずっと明るくなるのを考えてごらん」。
などと言ってみたが、そんな慰めの言葉も彼女の耳には入らなかったようだ。

伐採の日の前夜、女房は電話で妹とそのことを話しながら号泣した。 そんな彼女を僕は見たことがなかった。 父親が亡くなった時も、愛犬のベラが死んだ時も、静かに涙を流しただけの彼女が、樹が一本切られることにこれだけ激昂(げきこう)するとは驚きだった。 ワインを少し飲み過ぎたことも手伝ったようだが…

当日になると、職人たちが来る前に、女房はパイシーを連れて朝早くから母親のいる施設へ出かけて行った。
すべてが終わったら電話して、と言い残して。




やがてやって来た死刑執行チームは、4人の男と1人の女からなりたっていた。
隊長らしい屈強な男が松の樹のはるか上まで登ると、恐れげもなく枝の上に立って、長い竿の先に付いたチェーンソーを操った。 松の枝には、電柱から近所の家々へと数本の電線が抜けていたが、その電線を破損すること無しにどうやって枝を落とすのかと、僕は興味があった。 見ていると、枝を切る前にその枝にロープを掛けて幹に巻きつける。 切られた枝が落ちて電線に触れる直前の地点にぶら下がるようになっていた。 地面に立つ男たちがこれも長い竿を操って、その枝を電線に触れないように注意深く地面まで下ろしていた。 地上に横たわった大きな枝はその場で1か所に集められる。 そこへバックで入ってきた巨大なトラックの粉砕機の中へ枝が投げ込まれた。 そのあと地面に撒き散ったおびただしい小枝や松葉を、熊手と箒で掃除するのは女性の役目だった。

数時間後には、あの豊かな枝を広げていた松の樹はその原型をどんどん失っていって、最後にトーテムポールのように一本の太い幹だけが空中に突き出していた。 幹には枝々の大小の切り口が痛々しく無惨に付けられていたが、その幹も1メートルくらいの間隔でどんどんぶつ切りにされていき、最後に短い切り株だけが地面に残された。
処刑が完了したのだ。








_DSF3927-blog.jpg

手向け











ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

古い靴よ、さようなら

T150524-02-blog.jpg

老兵消ゆるべし



よくもまあ、こんなになるまで履き古したものだと、われながらあきれる。
このプリンスのテニスシューズは、購入したのがいつだったのか、完全に忘れてしまっている。 4年まえ? 6年前? もっと前だったのかもしれない。 フロリダの休暇や日本の郷里への帰国にも、この靴とラケットは必ずスーツケースに入っていた。
冬にはほとんど使うことはなく、シーズンの最中でも週に1,2度しか履かない靴だからこれだけ長く保(も)ったのだろう。 改めて手にとって見ると、あちこちが破けているだけではなく、詰め物がはみ出したり、靴底のトレッドはほとんど摩滅していた。 テニスをやる度に息子に、いつになったら靴を替えるの、とせっつかれながらもずっと無視してきたのは、気に入ったものは最後まで使う、という持ち前の自分の性格に違いない。 (車も衣服も食器も器具も女房も、全部そうだとは必ずしも言いきれないけれど)。 それに運動靴の場合は他の靴のように見てくれを気にかける必要はない、というのも今まで買い換えなかった理由の一つだった。

それが、とうとう新しいテニスシューズを買うことになったのは、このところテニスを数回やった時に、ヒップの左側に痛みを感じ始めるようになったのが起因となった。 ボールを打つ瞬間に大きく腰をひねるわけだが、その時は何も感じないのに、全力でボールをめがけてダッシュする時に、左の腰にほんの少しだけ痛みがある。 その痛みはテニスのあとまでも残っていて、とくに階段を登る時などにかなり酷く、自分の動作が目に見えて鈍くなっているのに気がついた。 これはまずい。 アスピリン系の薬を飲むと数分で痛みは感じなくなったが、それでは完全治療にはならない。 スポーツシューズのスペシャリストである息子が、それ見ろと云わんばかりに、とにかく靴を替えるところから始めろとアドバイスしてくれたので、それで新しい靴を買うことになったのである。

息子が連れて行ってくれたスポーツシューズの専門店で、あれこれさんざん試したあと、ようやくニューバランスというブランドの、ハードコート用テニスシューズに決めた。 レジスターで代金を払いながら、「よし、これであと10年はだいじょうぶだな」 と云いながら息子の顔を見ると、彼は苦笑しながら何かを云いたそうにしていたが、何も云わなかった。
「そんなに長生きするつもりかよ」 と云いたかったのかもしれない。





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

続・小さな贅沢

T150514-07-blog.jpg

13


リンダの店から道を挟んだ向かいには、大きな病院がある。
その病院に入院している患者を見舞う人たちが、よくリンダの店を訪れる。 殺風景な病室に、何か彩りを添えるものを置いてやりたいという家族や友人の思いやりなのだろう。 花もいいが、ありきたりだし、しかも長くは保たないのにくらべれば、小さなアンティークならいつまでもそばに置けて、見るたびにそれをくれた人を思い出すにちがいない。

しかしこの店にやってくる人たちの多くは、ある特定なものだけを探すコレクターだ。 それが人形であったり、動物であったり、動物でも犬猫とか蛙とか兎とか馬とかふくろうとか、それも陶器製でなければならないとか、ガラス細工に限るとか、なかなかうるさい。 レノックスの食器を集める人はイタリアのガラスには目が行かないし、浮世絵のコレクターは中国の山水画には興味が無い、というぐあい。

インターネットでの商売がこれだけ普及してきて、台所のゴミ入れから自動車まで、なんでも家に居ながらにして注文できる中で、骨董品だけはやはり店に身体を運んで、自分で実際に見たり手に触れたり、値段を交渉したり、昔ながらの方法で買われているようだ。

僕が手に入れたマテニーグラス (写真前面) には20ドルの札が付いていたが、それを16ドルに値切ったわけじゃない。
リンダが VIP の割引をしてくれたのだった。 それにしても背後の巨大なグラス。 ボトルの大きさと比べてほしい。 これはたぶん、水草を入れたりして花瓶の役目をするんだと思うけど、どうだろう? それともこの大グラスは、ビールでもなみなみと入れて飲むのかしらん。




T150513-16-2-blog.jpg

14



T150513-11-blog.jpg

15



T150514-01-blog.jpg

16



T150513-21-blog.jpg

17



T150513-20-blog2.jpg

18



T150513-24-blog.jpg

19



T150513-13-blog.jpg

20



T150514-08-blog.jpg

21



T150514-12-blog.jpg

22



T150514-13-blog.jpg

23



T150514-18-blog.jpg

24




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

小さな贅沢

T150505-12-blog.jpg

1

久しぶりにリンダの店へ顔を出す。
しばらく行かないうちに、ものの数が驚くほど増えていた。
一つ一つを手に取ったりして丹念に見ていくと、楽しくて時間がたつのを忘れてしまう。 まるでお伽の国だった。

もともとリンダの店は、骨董店といういかめしい古臭さがまったくなくて、洒落たクールな小物がぎゅうぎゅうに詰まった明るいブティックという感じ。 古いものがもちろん多い中に、現代のアーチストの作品もあれば、アメリカ、ヨーロッパ、南米、アジア、と世界中のものが、一見混沌としたカオスの中に綺麗に並べられている。 目の玉が飛び出るような高価なものはほとんど無く、たとえば100ドル札を手にしてここを訪れれば、いろんなものをいっぱい自分のものにすることができる。 実に楽しい贅沢である。

今日の僕の収穫は、前から探していたマテニーグラス。 大き過ぎず脚も長過ぎず、紙のように薄いガラスでできていて、一度過(あやま)って倒せばそのままコナゴナに壊れそうな繊細なもの。 おそらく1950年代のものだろう、とリンダは云う。 ほんとはペアで欲しかったんだけど、1個だけの片端ものだった。 値段は16ドル。 リンダがていねいに包装してくれたそのグラスを持って、小さな幸せを感じながら帰途につく。
さあ、このグラスで飲む最初の一杯は、どんな味がするだろう?






T150505-03-blog.jpg

2



T150505-05-blog.jpg

3



T150505-06-blog.jpg

4



T150505-08-blog.jpg

5



T150505-14-blog.jpg

6



T150505-16-blog.jpg

7



T150505-17+18-blog.jpg

8



T150505-20-blog.jpg

9



T150505-19-blog.jpg

10



T150505-21-blog.jpg

11



T150505-23-blog.jpg

12


リンダのポートレート




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

わが家の動物たち (後編)

T150423-09-blognew.jpg

Ⅰ 年中いつもクリスマス



今日のこの記事の写真を撮ろうと、わが家に住んでいる動物たちの絵や置物を、改めて見直してみてびっくりした。
なんという数であることか!

そういえば思い出した。
娘のマヤがまだ小学生の頃、学校がひけるとクラスの友達をよくうちへ連れてきたものだ。 みんながうちへ遊びに来たがると言う。 その理由は、動物がいっぱいいるから、ということらしい。 外で遊べない雨の日の午後などには、きまって数人の女の子がやってきて、スカベンジャー・ハントをして何時間も遊んでいたものだ。

うちの動物たちのですべては、我が Green Eyes がどこからか手に入れてきたものばかりである。 「クールなもの見つけたわよ」 と家に持ち帰った時に僕に見せてくれた大きなものもあれば、小さな置物などは、何も言わないでそっと棚やマントルピースの片隅に置いたまま、僕の目に触れることなく何年もたってしまったものも多い。
それぞれの部屋に置かれたそんな置物を、一つ一つたんねんに見ていると、動物なら何でも好きという女房のコレクションにも、なんとなくレパートリーがあるのがわかってくる。 一番数が多いのが兎と象と馬だった。 そういえば、彼女は昔から象の収集は宣言してたっけ。(なぜ象なのかは聞いたと思うけど、忘れている)。 兎はたぶん、彼女が卯年の生まれということで、ことさら親しみを感じるのかもしれないし、馬に関しては、世界でもっとも美しい動物、とアーチストの彼女はふだんから言っていた。

兎と象と馬以外は、あとはもう種々雑多の状態である。 鶏、ヒヨコ、鴨、白鳥など、いろんな鳥もけっこうあれば、豚、猫、蛙、蜘蛛、猿、蛇、ワニ、など挙げればきりがない。 中にゴジラとかGIジョーまであるのは、あれは息子の幼年時代の名残りに違いなかった。

わが家の動物たちは、骨董品と呼べるものでもないし、値打ちも何も無いただのガラクタにすぎない。 それでも、その一つ一つに、我が家族の郷愁がいっぱいに詰まっていて、見る者に優しく語りかけてくる。
そこに家族の歴史のようなものがあった。




T150423-05-blognew.jpg

Ⅱ 窓辺の会話





T150423-16-blognew.jpg

Ⅲ 浴室を覗くガーゴイル





T150423-23-blognew.jpg

Ⅳ 混んでいるアパートメント





T150423-28-blognew.jpg

Ⅴ てんとう虫





T150423-21-blognew.jpg

Ⅵ スパイス ラックの大集会





T150423-29-blognew.jpg

Ⅶ 暖炉のそばで





T150423-30-blognew.jpg

Ⅷ 春四月 蒼ざめた馬 貝合わせ



実はこの 「わが家の動物たち」 は、4年ほど前に書いた記事がすでにあって、今日のこれはいわばその後編ともいうべきもの。 前編とあわせて読んでいただけるとめでたく完結することになるので、とても嬉しいです。
あ、それから…
次回は久しぶりにクイズをしようと思っている。 そのクイズは今日の動物たちに関することだ、とだけ言っておこう。

わが家の動物たち





ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

花信 その三

T150419-080blog.jpg

風に揺れる


きのうは朝から晴れて暖かく、気温が26℃まで上がったのに、一日中、風が強かった。
窓の外で、揺れに揺れる枝垂れ桜。 満開を迎えたばかりというのに、この今日の風で散ってしまうとは、花の命はなんと儚(はかな)いものだろうと思った。 そして、散る前の艶(あで)やかな楊貴妃を写真にしなかったことを後悔した。

ところがである。
よく見ると、これだけ強い風の中で、桜の花びらが只の1枚も宙に舞っていないのに気がついた。 長く垂れ下がった枝々が、絶え間なく吹きつける風に激しく蹂躙されながらも、命ある花々をしっかり抱きかかえて離さないようだった。
ああ、これならまだだいじょうぶ。 と僕は安心する。


そして日が変わった今日。
僕は今年最後になるだろう美しい楊貴妃を、写真に収めた。
このあとは、雨に打たれたり風に吹かれたりするたびに、一日一日と衰えてゆくだろう女の姿を、無残に記録に残すつもりは、僕にはない。


T150418-21-blognew.jpg

絢爛





こうして毎日のように、隣家の枝垂れ桜を飽きもせずに眺めてきたのは僕だけではなかった。
我が家の荒れ庭に住む、2匹の兎もそうだった。 うちに来た頃は抜けるように色が白かったのに、今は風雨に晒されてすっかり、グレーの兎になってしまった。 可哀相に…
今年は、もう一度白く塗ってやろう。


T150418-23-blognew2.jpg

石段の兎




T150419-20-blognew3.jpg

楓の木の下で




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

花信 その二

T150416--08-blognew.jpg

帰ってきた枝垂れ桜



咲いた。
僕の楊貴妃は、ちゃんと帰ってきてくれた。
もし浮気をして離れていった愛人が、ある日おずおずと帰ってきたら、その女を迎えた僕はきっとこんな気持ちになるのだろう。
よしよし、もういい、何も言うな、 と、そっと抱きしめてやりたいような、そんな優しい優しい気持ちである。

一本の木に対して、こんな感情を持つことが可能だなんて、自分でも驚く。
草木や花を愛する人は世間には多いけれど、自分は生まれつきそういう人たちの中には入らない、ということを僕は知っていた。 それは今でもそうだ。 その僕が、1本の木を、しかも我が家の所有でもない隣家の枝垂れ桜を、これほど気にかけるのは不思議だった。

「情が移る」 とはこのことかもしれない。
1年365日。 その毎日毎日の起きている時間の大半を、僕は仕事部屋の机で過ごす。 その机のそばの窓のすぐ外に、この隣家の桜の木はあった。 机上のモニターから疲れた目をそらすたびに、その目は自然とこの桜の木へと行っている。 自分の心が平静な時も、怒りや悲しみで揺れている時も、無意識のうちにこの木を眺めていた。 別にそれで慰められるというわけでもない。 目はその木に向いていても、実際は何も見ていず、思考は内へ内へと飛翔しているのがふつうだった。
それにもかかわらず、桜の木の残像が僕の虚ろな目を通して、心象としてしっかり焼き付いてしまい、長いあいだには自分でも予想しないままに、密かな愛情へと変わったのかもしれなかった。

そして毎日、夜10時頃になると、隣家の庭の灯がまず消え、それから家中の灯が次々と消えてお隣は眠りにつく。 窓の外が闇となった時、そこで僕は初めて窓のシェードを下ろす。 とたんに自分の部屋が、小さな孤独の空間へと変貌して、現実の世界からとり残されてしまったような寂しさを感じるのはその時だ。

そして明くる朝、目が覚めて仕事部屋へ行くと、まず最初にやるのは、窓のシェードを上げるのが習慣だ。 いきなり朝の光が溢れ、その光の中に、今日も楊貴妃の姿がある。
さあ、新しい1日の始まりだ。




T150416--blognew3.jpg

繚乱




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

花信

T150412--04-blog.jpg

春の到来


きのうのこと。
それまで寒かったり、雨が降ったり、の日が続いていたのが急に明るく晴れあがって、気温がいきなり18℃ まで登った。
二階のサンルームから何気なく外を見た時に、あっと思った。 隣家のしだれ桜の枝に小さな豆粒状のものが無数に付いていて、それまぎれもなく蕾だった!
去年の冬は例年になく寒さが厳しくて、とうとう花を咲かせること無く春を終えてしまったこの桜。 そんなことはそれまで一度もなかっただけに、ああ、とうとうこの樹も寿命を全うしたのか、と草木に関する知識が皆無の僕は、暗い気持ちになったものだった。 読者の数人が、いや大丈夫、枯れてさえいなければ来年はきっとまた花を咲かせるよ、と慰めてくれた。 そしてその通りになりそうじゃないか!

そして明けて今日は4月の13日。 朝から気温が22℃ で始まり、日中には25℃まで上がるという予報を見た。
目が覚めて待ちきれないようにサンルームへ行く。 なんと、目の前で風に揺れているしだれ桜の枝の幾つかは、蕾がすでに開きかけていた。 僕はいそいそとカメラを取りに行って、嬉しさに鼻歌を歌いながら撮ったのが冒頭の写真である。
春の到来だ。

ただ、ちょっと気にかかる事がある。
このしだれ桜は、2階建ての屋根よりも高い樹なのだが、今見ると蕾をつけている枝は全体のごく一部なのだ。 樹のてっぺんに近いほうの枝は、まるで枯れ枝のように寒々として風に震えていた。
一昨年までは(昨年は花咲かず) 樹全体が同時に蕾をつけたあと、一斉に花を咲かせたのを知っているから、今年の楊貴妃はもしかして、どこか具合が悪いのかしらん、と心配だ。



昨年の、雪にうち震える楊貴妃を撮影した日を調べたら、4月15日となっていた。 この2枚の写真の撮影日は2日しか違わないというのに…


T140415-02-blognew.jpg

4月の雪
2014




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

大家族とその弊害

T140119-51-blognew.jpg

マーサの誕生日 2014
Dayton, Ohio, USA


まあいい加減,、嫌になってきている。
というのは女房の家族のこと。
母親のマーサが健康な時にはほとんど問題が無かったように見えたのが、彼女が軽い脳卒中で入院をして、この先そのまま老人ホームへ入るか、自宅で誰かが世話を見るかという問題が出てきて以来、8人の子供たちの間に長いあいだに潜んでいたお互いの確執や鬱憤(うっぷん)が一挙に浮上してきたような感があった。
母親を愛するという点では全員がしっかりとした共通の基盤に立っていながら、それ以外の事になると、ことある毎に意見が対立してしまい収拾がつかなくなっている。これが日本式の小家族で子供が二、三人しかいなくて、その中にしっかり音頭を取る者が一人いればもっとずっと簡単に解決することが、なにしろ8人もいる子供たちがそれぞれ強い自己を通そうとするから、船頭多くして船山に登る、というやつで家族会議を何度やっても意見がまとまらないようだ。
相談する医師や老人ホームの選択から、義母の自宅の売却処分に至るまで全員の意見が一致しないままに毎日が過ぎていく。

この家族では母親に関して Power of Attorney、つまり法的に代理人として指名されているのは長男らしい。ところがこの長男の上に姉が3人いて、長男は昔からこの3人の姉には頭が上がらない。そしてこの次女(僕の妻)と三女とは双子のように仲が良かったが、その二人と長女とが若い頃から性格的に合わず衝突する事が多かった。そんなところにも問題が解決しない理由があるように思われる。
8人の子供たちの間で毎日何十という膨大な数の携帯電話のテキストが飛び交うのを、われわれ外様(とざま)の配偶者連中は黙って見ているだけだが、だからといって関係が無いと安心する訳にはいかない。経済的負担を分担することになったり、代わり番に義母を世話するようなことになれば、われわれ配偶者の生活にも直接その影響は出てくる。

上の写真は昨年の義母の87歳の誕生日の集まりで、まだ元気であった義母(女性グループの左端)が子供や孫達に囲まれた和気あいあいのパーティの光景である。




ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ

ボルサリーノ

borf-390062-cg.jpg


つい先日のこと、何を思ったのか僕はボルサリーノハットを買ってしまった。
スポーツキャップだとか防寒用の毛糸の帽子は持っているけれど、お洒落用の帽子を買うなんて僕には生まれて初めての経験である。もちろん若き日のアラン・ドロンやジャン・ポール・ベルモントに挑戦しようなどと大それた事を夢にも考えたわけじゃなくて、僕ぐらいの歳になればソフト帽が似合うんじゃないか、と柄にもなくちょっと色気が出てしまったようだ。

といっても、本家のボルサリーノ製の帽子は300ドルと手が出ないから、それよりもずっと安いドーフマンのウールのフェルト帽を選んだ。色はチョコレート。
ミディアムのサイズがほんの少しだけ大きめだったが、かぶっていると何となく気分がシャキッとして、すぐに気に入ってしまった。映画の主人公になったような錯覚があってなんとなく浮き浮きしてしまうのである。
それでふだんはまず見ることなんかまったく無い鏡に向かって百面相をしている自分を発見した。
帽子を目深(まぶか) にかぶってにっこりと優しく笑ってみたり、煙草を口の端にくわえ、キッと凄みのある目つきをして持ち前の嗄れ声で 「振り向くな、拳銃を床に落とせ」 と言ってみたり、帽子のつばに手をかけてアラン・ドロンがよくやったように眉の間にシワをよせ、憂い深げな眼差しを女に送ってみたりした。
また007のロジャー・モーアの真似をして片方の眉だけを大きく吊り上げてみようとしたけれど、これはけっこう難しくてうまくいかず。

その結果、外出する時だけではなくて家の中でも一日中その帽子をかぶるものだから、女房が呆れてしまった。
一つのことに熱中するとそればかりやるという子供の頃の習癖が、いまだにちゃんと残っているのには自分でも苦笑してしまう。










ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ