過ぎたこと、過ぎて行くこと  by September30

アメリカに長く暮らしながら日本やヨーロッパを周る著者が、写真と文章と音楽で綴る随筆のようなもの

Profile

September30

Author:September30

Visitors Counter

Search form

都会になんか住まなくたって

T18yonago-044-blog.jpg

植田正治写真美術館



米子が誇る写真家、植田正治の写真美術館は大山のふもとにある。
すぐ目の前の伯耆富士と対面しながら美術館に入る。僕はここは2度目である。最初に来たのはもう20年以上前で、その時は数人の同行者がいたので思うほど時間が取れなかった。今回はひとりだから自分の好きなだけ時間をかけられる。美術館とか博物館は一人で行く方がずっと楽しい。そういえば映画だってそうだ。

美術館のロビーでまず目に入ったのは一連のポスター群。
地方都市に点在する美術館の特別展ポスターでよく見るとそのどれもが現在開催中のものばかりなのには感心した。かつて1度も訪れたことのない町が多い。その一つ一つをぶらりと車で訪れる旅なんて考えただけでも楽しくなった。地方の田舎に住んでもこれだけの文化を享受できるならますます都会に住みたくなくなってしまう。

ポスターを1枚1枚見ていて驚いたのは『ミュシャ展』が米子市美術館で開催中らしい。 デイトンの美術館でつい数ヶ月前に行ったのと同じ催し物に米子でしかもその開催中に巡り会うなんてこれはなんという偶然だろう! 地球の両側にある2つの小さな都市がちゃんと糸で繋がっているのを感じないわけにはいかなかった。
それと、7年前に京都でやった大学同期会の時にたまたま見た『エリオット・アーウィット展』が、今また同じ京都現代美術館で展示中だと知ってこれも懐かしい。

新しいプロジェクトのアイデアが湧いた。
日本に住むようになったら車でゆっくりと日本中の美術館巡りをやろう。
当然ながら旨いものを食べながら、というサブタイトルも付く。
ああ考えただけでも楽しくなる。




T18yonago-028-blog copy

米子市美術館






T18yonago-022-blog.jpg

岡山県高梁市成羽美術館





T18yonago-023-blog.jpg

広島県立美術館





T18yonago-025-blog.jpg

長崎県美術館





T18yonago-026-blog.jpg

美術館 「えき」 (京都市)





T18yonago-027-blog2.jpg

奥田元宋・小由女美術館 (広島県三次市)





T18yonago-029-blog.jpg

ひろしま美術館





T18yonago-024-blog.jpg

京都現代美術館







ブログランキング→にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ